上手に合流するためには?5つのポイント

今回は合流についてです。

<重要なポイント>

1.基本は車線変更とまったく同じ

2.きちんと加速をして速度を合わせる。

3.ウインカーは合流前に点ける。

4.可能なら合流前に合流先の状況を見て車線変更可能かチェックする。

5.合流時はあらかじめ相手側の車線に近づいておく。

 

 

1.”基本は車線変更とまったく同じ”

合流は別の路線の車線に車線変更するだけなのです。

難しいとすれば、速度差が大きいことと、いざ合流にならなければ相手側の状況が読めないところでしょうか。

ただし、速度差はしっかり加速することでなくすことが出来ます。

 

2.”きちんと加速をして速度を合わせる。”

 

まず、合流に差し掛かる前に相手側の制限速度まで加速しておきます。

加速しておけば渋滞していても減速すれば済むことですし、減速は加速よりも楽なのです。

3.”ウインカーは合流前に点ける。”

ウインカーは意思を示すものです。

相手の車線のクルマにそちらに合流するんだという意思を示しましょう。

ただしほとんどの場合は合流はする側もされる側もわかっているので、重要ではないようにも見えます。

しかし相手側の車線の数が多い場合はさらに隣の車線から入ってきてしまうときもあります。

そういったクルマに知らせるためにも早めにウインカーをつけて車線を移動することを伝えることが重要です。

そしてなにより、合流時にウインカーを点けないことに意味はないのです。

4.”可能なら合流前に合流先の状況を見て車線変更可能かチェックする。”

 

相手の状況が分かっていれば合流はまったく怖くないです。

チラ見で大丈夫なのでどの辺りには入れそうか目星をつけて下さい。

これが出来れば、首都高などにある合流車線が極端に短い場所でさえどんな場合でもスムーズに合流できてしまうのです。

 

5.”合流時はあらかじめ相手側の車線に近づいておく。”

 

合流に差し掛かる前に合流する相手側の車線の近くまでクルマを近づけておきます。

こうすることでサイドミラーで相手の車列が確認できますし、相手の視界にも入りやすくなり合流がスムーズに行えます。

ただし、幅寄せはしないように注意しましょう。

そして相手側の車線の流れが見えてきたらそこで加速もしくは減速して速度を合わせていきます。

ここで重要なのは相手側の車線の車両が目視できた段階で速度を合わせ始めることです。

サイドミラーで見えるようになるのを待つ必要性はないのです。

 

目視で真横が見えるようになったなら、自分の真横が空いているかを確認します。

もしあいていれば合流できますね。

しかしクルマが居た場合はどうでしょう?

3パターンあります。

 

・相手より自分が前に居る場合。

・相手より自分が後ろに居る場合。

・合流できるほどの車間がない場合。

 

もし相手より自分の方が前に居たならば、合流車線に余裕があれば加速して入りましょう。

余裕がないようでしたらブレーキを踏みその後ろに入れるように工夫します。

そして、たとえ入れなくても出来るだけ止まらないで済むようにすることが重要です。

止まってしまうと、相手側の車線の流れが完全に途切れるまで入れなくなってしまいます。

これを防ぐためにはもし合流が難しいと感じたときには少しずつ速度を落として合流車線が終わるまでの時間を稼いであげることです。

その間に相手側の車線のクルマが譲ってくれるかもしれませんし、もし入れる箇所があれば少し強めに加速するだけで入れます。

もちろんそれでも入れなければ止まるしかありません。

次に相手より自分が後ろに居る場合ですが、そのときは少しだけブレーキを掛けて空いての後ろにつけるように調節します。

このとき注意しなくてはならないのは最低限の減速で済むようにすることです。

減速しすぎてしまえば速度差が出来て合流できなくなってしまいますから。

3番目では、まず相手側の車線のクルマの様子を見ます。

もし下がって譲ってくれるなら原則せずに入りましょう。

しかし、譲ってくれないな、と感じたらブレーキを踏みつつ入れる部分を探します。

この辺りは少し難しいですが、自分の車の姿が相手から見えたときに相手が減速してくれるかどうかで判断するのが良いでしょう。

 

如何でしたでしょうか?

合流の敵は恐怖心です。

恐怖心をなくすためにもしっかり速度差をなくし、落ち着いて状況を観察することが重要です。

 

 

広告