降坂制御

ATには降坂制御が付いている場合があります。

これは何かというと、ある程度以上の勾配がある下り坂を走行時にブレーキを踏むと、自動的にダウンシフトが行われる制御です。

従来のATでは手動でダウンシフトを行うか、アクセルを踏み込まなければダウンシフトが行われなかった為、下り坂では手動でギアを落とす必要がありました。

それを機械が自動で行う為、ドライバーがシフト操作から開放されたり、ドライバーが下り坂でのダウンシフトの必要性を知らなくても車自体が判断して自動的に行ってくれるメリットがあります。

この制御も実は古く、10年以上前から搭載されてる技術です。

広告