スズキの自動ブレーキについて解説!何キロまで作動する?

今回はスズキの自動ブレーキについて解説していきます。

スズキの自動ブレーキ機能にはいくつかの種類があります。

  •  レーダーブレーキサポート
  •  デュアルカメラブレーキサポート
  •  デュアルセンサーブレーキサポート

この3種類があります。

 

通常、スズキセーフティサポートの中に組み込まれています。

それではそれぞれについて解説していきます。

 

レーダーブレーキサポート

レーザーレーダー(赤外線レーザーを使ったセンサー)を使い、前方を認識して衝突被害の軽減をする機能です。

車に対応していますが、歩行者には対応していません

 

どんな速度に対応してる?

約5km/h~約30km/hで走行している時に対応しています。

 

何キロまで止まれる?

前の車との速度差が約15km/h以下の時に衝突を回避する能力があります。

 

広告

デュアルカメラブレーキサポート

2つのカメラを使って前方を認識して衝突被害の軽減をする機能です。

車と歩行者に対応しています

 

どんな速度に対応してる?

約5km/h~約100km/hで走行している時に対応しています。

 

何キロまで止まれる?

に対しては約5km/h~約50km/h未満であれば止まることが可能です。

歩行者に対しては約5km/h~約30km/h未満で止まることが可能です。

 

広告

デュアルセンサーブレーキサポート

一つのカメラとレーザーレーダーを使い前方を認識して衝突被害を軽減する機能です。

車と歩行者に対応しています

 

どんな速度に対応している?

に対しては約5km/h~約100km/h未満で走行しているときに対応しています。

歩行者に対しては約5km/h~約60km/h未満で走行しているときに対応しています。

 

何キロまで止まれる?

に対しては作動した時の速度が約5km/h~約50km/h未満の時に止まることが可能です。

歩行者に対しては約5km/h~約30km/h未満の時に止まることが可能です。

 

スズキでは以上の3種類の自動ブレーキが存在していて、グレードで使い分けている場合もあります。

広告