トヨタC-HRの特徴を解説!価格や燃費はどう?

トヨタC-HRのコンセプトは”我が意の走り”

ドライバーの思い通りに動くことを主眼に置いて設計されています。

※こちらの記事は2018年5月7日の改良以前のC-HRの情報を元に作成されています。

改良後C-HRの記事はこちら↓

https://autorepo.jp/2018/12/06/改良後のトヨタc-hrの特徴を解説!改良で何が変わ/

 

特徴

”レスポンス”、”リニアリティ”、”コンシステンシー”、この3つがキーワードになっています。

それぞれのキーワードでの車造りの方向性は

レスポンス・・・ドライバーの操作に対して車がすぐに反応する車造り

リニアリティ・・・ドライバーの操作に対して忠実に反応する車造り

コンシステンシー・・・速度や路面などの状況に関わらず、車が一定の動きをする車造り

こういったことを実現するために世界の様々な道での走行テストを行い、走りのチューニングがされています。

また、デザインとしてもクーペデザインを採用することでSUVながらスタイリッシュでスポーティなデザインとなっています。

 

広告

価格

S-T (4WD)

2,516,400円

S (FF)

2,646,000円

G-T (4WD)

2,775,600円

G (FF)

2,905,200円

 

広告

エンジン

S、G

1.8Lエンジン+モーターハイブリッド

ハイブリッドシステム全体の出力は122PS

燃費はJC08モードで30.2km/L

S-T、G-T

1.2Lターボエンジン

出力は116PS

燃費は15.4km/L

 

ハイブリッドはFFのみ、ターボは4WDのみ

かなり割り切ったグレード構成で、FFならハイブリッド、4WDならターボ駆動方式がグレードによって決まっています

 

基本的な安全装備は全車標準装備

サイド/カーテンエアバッグや自動ブレーキは全車標準装備となっています。

 

明るいヘッドライトが欲しいなら”G””G-T”グレード

C-HRは全車ハロゲンヘッドライトが標準装備となっています。

明るいLEDヘッドライトが欲しい場合には“G””G-T”グレードにセットオプションを装備することになります。

“S””S-T”グレードには装備できません

 

LEDテールランプは”G””G-T”グレードにLEDヘッドライトとセットでオプション

通常、テールランプは電球タイプになります。

LEDヘッドライトをオプションで装着するとテールランプもLEDになります。

 

LEDヘッドランプを付けると”流れるウインカー”も付く

アウディなどで採用されている”流れるウインカー”

トヨタでは”シーケンシャルターンランプ”と呼んでいるのですが、これはLEDヘッドランプを付けると装備されます。

標準状態では通常のウインカーが採用されているため注意が必要です。

LEDヘッドランプとセットなので“G””G-T”グレードにしか装備ができないことになります。

 

オートワイパーが欲しいなら”G””G-T”グレード

オートワイパーは“G””G-T”グレードに標準装備となっています。

“S””S-T”にはオプション設定は存在しないため、オートワイパーが欲しい場合には”G””G-T”グレードを選ぶことになります。

 

オススメグレードは”G-T”

LEDヘッドライトや流れるウインカーが装備できる”G”グレードがオススメです。

また、“G-T”グレードは4WDなので雪道での走りも期待できます。

燃費が重要な場合にはハイブリッドを選ぶことになってしまうためFFにはなってしまいますが、C-HRのコンセプトとしてはFFも良い選択になると思います。

広告