スバルXVとマツダCX-3を比較!自動ブレーキはどう?サイズは?

今回はスバルXVとマツダCX-3を比較解説していきます。

 

それぞれのコンセプト

スバルXVのコンセプトは”Fun Adventure”

洗練されたデザインSUVとしての走行性能、さらにアイサイトをはじめとする安全性能を兼ね備えた車として開発されました。

マツダCX-3のコンセプトは”次の時代のスタンダードを創造する、先進のコンパクトクロスオーバーSUV”

次世代の標準となるべく、存在感のあるデザインや実質的な使いやすさ、マツダならではの気持ちの良い走りを目標に開発されました。

 

広告

価格

スバルXV

2,138,400円~2,678,400円

マツダCX-3

2,106,000円~3,066,400円

 

広告

車体サイズ

 

スバルXVの特徴

スバルといえば“フルタイム4WD”“アイサイト”ですね

XVでもそのスバルらしさは健在で駆動形式は”フルタイム4WD”のみ

さらに”アイサイト”も全車標準装備となっています。

忘れてはいけないのが水平対向エンジン

XVも水平対向4気筒エンジンを搭載しています。

 

マツダCX-3の特徴

なんと言ってもディーゼルエンジンのグレードがあること、それとMT車が選べることでしょう。

マツダは運転して楽しい車を目標にしています。

それはCX-3でも例に漏れず、MT車を選べるだけではなく運転した際に違和感が少ない6ATが使われていることや、“エンジン”にこだわる姿勢も特徴です。

 

自動ブレーキを重視するならやっぱりスバル

両車種ともに自動ブレーキは全車標準装備となっています。

ただし、マツダは“20S” “20S PROACTIVE” “XD”約4km/h~約80km/hまでしか対応していない自動ブレーキのみが標準装備となっています。

それ以外のグレードでは約4km/h~高速域まで対応しています。

それに対するXVでは約2km/h~159km/hまで対応した自動ブレーキが全車標準装備となっています。

その為、自動ブレーキを重視するならXVがオススメです。

 

燃費を重視するならCX-3のディーゼル車

スバルXVの燃費は16km/L~16.4km/L

それに対するマツダCX-3では16.6km/L~25.0km/L

マツダCX-3のディーゼル車では20km/Lを超えるため燃費を重視するならCX-3がオススメです。

 

深い雪の中を走るならスバルXV

4WDの性能に定評のあるスバル。

さらに最低地上高も200mmとかなり高いです。

CX-3では最低地上高は160mmのため、深い雪の中を走る機会があるならスバルXVがオススメです。

 

高速道路や坂道の走行が多いならマツダCX-3のディーゼル車がオススメ

ディーゼルエンジンはパワフルさが特徴です。

高速道路や坂道の走行が多いならCX-3のディーゼル車がオススメです。

 

マツダCX-3はLEDヘッドライトが全車標準装備

マツダCX-3にはLEDヘッドライトが全車標準装備です。

それに対してスバルXVでは“2.0i-S EyeSight”のみにLEDヘッドライトが標準装備、それ以外のグレードではハロゲンヘッドライトが標準装備でLEDヘッドライトがオプション設定となっています。

 

スムーズな走りが欲しいならスバルXVがオススメ

スバルXVはCVTが使われています。

CVTはスムーズさが特徴で、マツダCX-3に使われている6ATよりもスムーズさではです。

そのため、スムーズさを重視するならXVがオススメです。

 

走りのダイレクト感を重視するならマツダCX-3がオススメ

スムーズさのCVTに対して、マツダCX-3の6ATはダイレクト感が特徴です。

そのため、ダイレクト感を求めるならCX-3がオススメです。

 

MT車が好きならマツダCX-3がオススメ

MT車好きにはうれしいMT車のラインナップをもったCX-3。

MT車が好きなら是非マツダCX-3を。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告