スズキジムニーの特徴を解説!ブレーキLSDって何?

今回は2018年7月にモデルチェンジしたスズキ ジムニーの特徴を解説していきます。

 

スズキ ジムニーってどんなクルマ?

特徴

初代ジムニーは1970年に軽自動車唯一の四輪駆動車として発売されました。

ジムニーは高い悪路走破性やコンパクトな車体をもった本格的な四輪駆動車です。

どちらかといえば乗用車の延長線上にあるSUVとは違い、クロカン車などと呼ばれるようなオフロードを想定したラダーフレーム構造になっていることが特徴です。

駆動方式はFRベースのパートタイム4WD。

多くのSUVに採用されているような前後配分を可変させるシステムではなく、FRと4WDを機械的に切り替えるシステムとなっています。

機械的に切り替えている為、完全なFRか、もしくは前後駆動配分50:50の4WDに切り替えが可能となります。

ただし、左右輪のロック機構は付いていないため前後それぞれ1輪ずつ空回りしてしまうと駆動が伝わらなくなってしまう弱点があります。

それを克服するために新型ジムニーではブレーキLSDトラクションコントロール機能が装備されています。

この機能はESP(横滑り防止装置)のシステムを使い空回りしているタイヤにブレーキをかけて空回りを止めてくれる機能です。

4WDシステムの切り替えレバー(トランスファーレバー)で4Lを選択したときに作動します。

4Hを選択した際には通常のESPのトラクションコントロールが作動します。

他にもヒルホールドコントロールやヒルディセントコントロールなど最新の電子制御機能も装備されています。

 

グレード構成

XG [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

XL [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

XC [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

 

価格

XG [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

1,458,000円 / 1,555,200円

XL [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

1,582,200円 / 1,679,400円

XC [ 5MT / 4AT ] ( 4WD )

1,744,200円 / 1,841,400円

 

パワートレーン

660CC 直列3気筒 VVT付エンジン

64PS / 6000rpm

9.8kg-m / 3500rpm

 

燃費

WLTC ( 総合 / 市街地 / 郊外 / 高速 )

5MT

16.2 / 14.6 / 17.5 / 16.5

4AT

13.2 / 11.0 / 13.9 / 14.2

※単位はkm/L

 

安全装備

まずエアバッグに関してはサイド・カーテンエアバッグが全車標準装備となっていてとても充実したものとなっています。

さらに、自動ブレーキなどを含むスズキの予防安全装備 “スズキセーフティサポート” はXCに標準装備、他のグレードでオプションとなります。

ただし、リアシートヘッドレストに関してはXC , XLに標準装備、XGには装備無しとなっている点はマイナスです。

ジムニーの予防安全機能一覧

デュアルセンサーブレーキサポート

誤発進抑制機能 ( 4AT )

車線逸脱警報機能

ふらつき警報機能

ハイビームアシスト

標識認識機能

 

ヒルホールドコントロールって何?

坂道発進でブレーキペダルから足を離した際に最大で2秒間ブレーキがかかった状態を保持してくれる機能です。

 

ヒルディセントコントロールって何?

急な下り坂を下るときにブレーキを自動制御することで速度を維持してくれる機能です。

車速が25km/h以下で尚且つ坂の勾配が7%以上の時に作動します。

また、トランスファーレバーで4Hもしくは4Lを選択しておく必要があります。

 

広告

グレードごとの特徴

XG

快適装備がかなり削られた廉価グレード。

エアバッグなどの安全装備はしっかりついていますし、スズキセーフティサポートもオプション装備可能となっています。

余計な装備がいらないという方やとにかく安く手に入れたい方にオススメ。

リアシートヘッドレストが付いていない為リアシートに人を乗せる機会が多い方にはオススメできません。

 

XL

十分な快適装備が付いたベーシックグレード。

質感を高めるパーツは付いていませんが、快適装備はしっかり付いています。

高い質感は特にいらない方にオススメ。

 

XC

質感を高めた最上級グレード。

クルーズコントロールも付いており、長距離の運転も楽。

質感を求める方にオススメ。

ただし、このグレードのみLEDヘッドライトとなるため、雪が降る地域ではヘッドライトへの着雪が心配。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

新車の無料見積ならオートックワン!

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告