シビックハッチバックの特徴を解説!どんなエンジン?MT車はある?

今回は2017年から販売されているシビックハッチバックの特徴を解説していきます。

 

シビックハッチバックってどんなクルマ?

特徴

ホンダシビックの名前を懐かしいと感じる方は多いのではないでしょうか。

ホンダを代表するコンパクトカーの一つでその歴史は1972年から始まります。

しかし、後に登場したホンダフィットとカテゴリーが被ることや市場の変化による販売不振などが重なったことによって2010年を最後にシビックは日本国内市場から姿を消しました。

長いことシビックの名前を聞くことはなかったのですが、日本市場から消えてから7年後の2017年、とうとうシビックは復活したのです。

3つのボディタイプでそれぞれ1グレードのみというシンプルなグレード構成ですが、6MTの標準グレードやタイプRといったスポーツモデルまで用意されています。

その中でも今回はシビックハッチバックの解説を行います。

シビックハッチバックはその名の通りハッチバック形状のシビックです。

ハッチバックといいながらもリアウインドウは寝ていてクーペ的な印象すらある外装デザインとなっています。

車体サイズは大きくなりCセグメントというやや大型のコンパクトカーのような分類になります。

車幅は1800㎜ありVWゴルフと同じ車幅となっています。

1グレードになるため装備も充実していてオプションは室内の質感を高めるレザーインテリアとパワーシートのみとなっています。

安全装備は欧州車同様充実しており、メーターに関しても液晶化されているなど現代のクルマにふさわしい装備となっています。

特にメーターに関してはシンプルかつ見やすく、不必要にクラシックな表示にこだわったり、メーター内を地図が占有するようなこともなくドイツ車よりもドライバーズカーとして非常に優れたデザインになっています。

トランクスペースに関してもVDA方式で420LとVWゴルフと比べても広いトランクスペースを持ちます。

トランスミッションは6MTとCVTから選択が可能です。

足回りはFF車ながらリアにマルチリンク式が取り入れられているなど造りが良いことも特徴でしょう。

 

グレード構成

HATCHBACK [ 6MT / CVT ] ( FF )

 

価格

HATCHBACK [ 6MT / CVT ] ( FF )

2,800,440円 / 2,800,440円

 

パワートレーン

1.5L 直列4気筒 直噴VTECターボエンジン

6MT

182PS / 5500rpm

24.5kgf-m / 1900-5000rpm

CVT

182PS / 6000rpm

22.4kgf-m / 1700-5500rpm

 

燃費 ( JC08 )

HATCHBACK [ 6MT / CVT ] ( FF )

17.4 / 18.0

※単位はkm/h

 

安全装備

ホンダの自動ブレーキを含む予防安全装備 “Honda SENSING”やサイド・カーテンエアバッグは標準装備となっています。

後席シートベルト締め忘れ警告表示なども付いており基本的にはヨーロッパ車のように安全装備が充実していることが特徴でしょう。

ただし、予防安全装備の内容には踏み間違いなど誤発進を防ぐ機能は含まれていないため、予防安全装備を重視する方は注意が必要です。

シビックハッチバックの予防安全装備一覧

衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ機能)

路外逸脱抑制機能

車線維持支援システム(LKAS)

オートハイビーム

標識認識機能

 

アジャイルハンドリングアシストって何?

シビックハッチバックにはアジャイルハンドリングアシストが標準装備されています。

これはカーブを曲がっている時に前輪の左右に個別にブレーキをかけることでドライバーの思い通りに走るように制御される機能です。

 

広告

シビックハッチバックはオススメ?

質感の高いカッコいいハッチバックが好きな方にオススメできるクルマです。

VWゴルフなどのヨーロッパ車と比べても非常に出来の良い1台でしょう。

さらにヨーロッパ車ではスポーツモデルか一番ベーシックなパワーが極端に少ないグレードにしかMT車が用意されないことが多いですが、シビックハッチバックでは1グレード構成ということも手伝って6MTがそこそこパワフルなエンジンと組み合わされています。

さらに2ペダルのみのスポーツカーばかりが増えていく昨今、ホンダはスポーツモデルのシビックTYPE Rを6MTのみとしていて非常にマニアックなクルマに仕上がっています。

個人的に2ペダル化は純粋にクルマの速さのみを追求するレーシングカーや楽しさより速さが最優先となる商業的なレースであれば歓迎ですが、街中を走るスポーツカーでは”制限速度で走っても楽しく走れる”3ペダル車(MT車)を用意するべきだと考えていることから非常に好ましいと感じます。

そういったホンダらしさが詰まったシビックハッチバック。

外観のアグレッシブさも合わせて非常に魅力的な一台となっています。

 

広告

シビックハッチバックの総額が気になったら

クルマを買う際に気になるのは全部でいくら払う必要があるのかというところですよね。

そんなときにオススメなのがネット上で見積を取ることができるオートックワンです。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではネット上でディーラーで作るような見積書を作ることができます。

これはオートックワンに登録したディーラーが発行しているものなので正式な見積書です。

また、見積書を発行するディーラーはご自身で登録した住所に最寄りのディーラーが選択されるため実際に購入する際にも便利なものになっています。

さらに、ネット上で商談や値引き交渉なども出来るので他の車種と比べる際にも非常に便利です。

希望しない訪問や希望しない電話セールスなどもないことから気軽に利用することができます。

総額が気になる方や他の車種と比較検討してる方は利用してみてはいかがでしょうか?

広告