クラッチジャダーを防ぐにはどうすればいい?

ダダダッとMT車の運転を不快にするクラッチジャダー。

今回はクラッチジャダーを防ぐ運転について書いていこうと思います。

 

クラッチジャダーって何?

クラッチジャダーとはクラッチが繋がるときにダダダッ・・・っとクルマ全体が振動する現象です。

クラッチ板が原因になる場合や、エンジン取り付け部のゴムブッシュ(エンジンマウント)がダメになって発生する場合もあります。

それ以外にもエンジン自体に故障があって回転にばらつきがある場合もありますが、今回はクラッチ板が原因になるクラッチジャダーについて書いていきます。

 

広告

クラッチジャダーを防ぐにはどうすれば良い?

  • クラッチ板の温度を上げすぎない
  • 半クラッチの始まりの部分を使いすぎない
  • クラッチを繋ぐときにはショックや振動が出ない範囲でスパッと繋ぐようにする
  • 半クラッチ中はアクセルペダルを出来るだけ一定にする
  • 低すぎるエンジン回転数で無理やり発進しようとしない

 

クラッチジャダーを防ぐにはクラッチ板の温度を上げないこと、それから半クラッチの始まりの部分を使わないようにするのが一番大切です。

まず、クラッチ板の温度を上げないためには発進時にアクセルを踏みすぎないように注意することが大切です。

また、街中でMT車を運転するとどうしても半クラッチが始まる部分を使いすぎてしまうことが多々あります。

すぐにジャダーにつながることはありませんが、距離を走るとジャダーが酷くなっていく可能性も。

半クラッチが始まるところを0、半クラッチが終わるところを10としたら0~1くらいの位置を使わないように意識することが大切です。

スムーズな発進をしようとすると当たり始めから丁寧に繋ぐことも大切ですから、半クラッチが始まるところを使って長い間半クラッチをしないように意識すれば大丈夫です。

また、アイドリング回転数(停止中に何もしていないときのエンジン回転数)以下になるとジャダーが発生しやすい条件となります。

クルマによってはアイドリング回転数より低いエンジン回転数だと新車でもジャダーが発生することがあります。

そうした場合には多少エンジン回転数を上げてから発進してあげることでジャダーを回避することができます。

低すぎるエンジン回転数から発進するのはMT本体にも良くないことなので避けたほうが良いでしょう。

 

広告

クラッチジャダーはなぜ起きる?

クラッチ板の表面状態が変化することが原因

実は私のアルトワークスはこれが原因でジャダーに苦しめられました。(MT車)

クラッチは焼いたことはなく、発進もアイドリング近辺で丁寧に繋いでいたのですがいつしか半クラッチ時に酷いジャダーを起こすように。。。

最終的にかなりひどいジャダーになっていたのですが、クラッチの使い方を見直すことでジャダーは解消したんですね。

結局、クラッチの使い方が良くなくて変な風に減ってしまったのが原因だったのだと思います。

クラッチジャダーは設計の問題よりも使い方のほうが影響しやすいので普段から気を付けることが大切です。

 

クラッチ板を焼いてしまったことが原因

半クラッチを使いすぎるとクラッチ板の温度が上がり、その熱が原因でクラッチ板が歪んでしまった結果クラッチジャダーが発生することがあります。

熱の度合いによりますが、クラッチ板の温度が下がれば症状が改善する可能性もあります。

熱によってクラッチの表面状態が変化してしまったことが原因の場合と、熱によってクラッチ板自体が変形してしまった場合があります。

表面状態が変化しただけならばクラッチの使い方を変えることで直る可能性が高いですし、クラッチ板自体が変形してしまったとしても温度が下がれば元に戻ることもあります。

ただ、一時的に症状が改善してもクラッチ板自体は歪みやすくなってしまっているので少しでもクラッチ板の温度が上がるとジャダーなどの症状が出てしまう可能性が高いです。

クラッチ板を焼いてしまった後にこういった症状が頻発するのであればクラッチ板の交換も考えたほうが良いでしょう。

クラッチを焼かない運転についてはこちらの記事もオススメです。

関連記事

MT車のトラブルの一つ、クラッチ焼け。今回は焼かないための注意事項についてです。 クラッチを焼くってどんな状態?クラッチ板[…]

 

上手なクラッチ操作とは?

クラッチ操作は半クラッチの始まりの部分を使わないようにしつつも、ショック・振動が出ないようにスパッと繋ぐのが大切です。

クラッチを長持ちさせようとしてショックを出しても気にせずにスパッと繋いでしまうとショックによってクラッチ自体の寿命も縮んでしまうので、ショックが出ないようにするのが大切です。

また、半クラッチが始まってから完全にクラッチが繋がるまでエンジン回転数が落ち続けるような半クラッチの仕方は避けたほうが良いでしょう。

エンジンパワーがクラッチの摩擦力に負けてしまっていてMT本体に振動が伝わってしまっているからです。

半クラッチを始めたら一定のエンジン回転数で落ち着くように半クラッチを調整してあげると良いでしょう。

詳しくはこちらの記事がオススメです。

関連記事

実はマニュアル車の発進時におけるクラッチ操作でエンストしなくても問題が起きることがあるんです。発進時にクラッチを繋ぎすぎるとギア鳴きの原因に発進時の半クラッチ操作ではクラッチペダルを戻しすぎると(クラッチを繋ぎすぎる[…]

また、上手なクラッチ操作に関してはこちらの記事もオススメです。

関連記事

クラッチ操作で大切なことについてまとめてみました。クラッチ操作の重要なポイントクラッチ板が当たり始める場所を覚えるクラッチ板の当たり始めをできるだけ使わない[…]

 

クラッチジャダーが発生してしまったら?

もし、新品のクラッチに交換した直後にジャダーが発生するのであれば整備に問題がある可能性があります。

その場合にはすぐにクラッチを交換した整備工場に点検に持っていくべきです。

時間が経ってしまうと運転のせいにされてしまうこともあるので注意したほうが良いでしょう。

また、交換後ある程度走ってからジャダーが発生する場合にはクラッチの使い方を改善するのが大切です。

半クラッチを丁寧にしようとするあまり、クラッチの当たり始めばかり使っているとジャダーにつながります。

厄介なのはこれが原因でジャダーが発生してもクラッチが焼ける匂いなど原因を示すものはなく、原因不明となってしまうことでしょう。

発進はアイドリングでアクセルペダルを微調整しながらゆっくり繋ぐよりも、軽くアクセルを踏んである程度スパッと繋ぐほうがジャダー予防には重要です。

 

クラッチが歪んで停止時にギアが入りにくくなってしまっていたり、エンジンマウントのを全くしていなかった場合にはパーツの交換が必要となることもあります。

しかし、その診断は素人には難しいです。

クラッチの交換やエンジンマウントの交換は高額になりますから、もし費用が問題になる場合にはまずは症状や費用に関して整備工場に問い合わせてみるのも大切です。

そんな時に便利なのはグーピットです。

グーピットでは近場の整備工場を探すことは勿論、口コミや整備実績も確認することが可能です。

整備に関しては正規カーディーラーでもイマイチなところはありますからこうした実際の作業に関しての情報は貴重です。

メールを使った問い合わせができますから近場の整備工場に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

 

まとめ

  • クラッチを焼かないように注意する
  • ジャダーの原因は緩い半クラッチ
  • エンジンパワーがクラッチの摩擦力に負けないように半クラッチをすると状態が良くなる

 

広告