初めてのMT車は軽自動車の中古車が良いという話

初めてのMT車、どう選びますか?

 

 

最初はたくさん失敗する

初めてMT車を買った時にはたくさん失敗をします。

ギアを鳴らしてしまうこともありますし、坂道でアクセルを踏みすぎてしまってクラッチ焼けの匂いがしてきたり・・・。

新しいテクニックにチャレンジしてみようとして失敗したり・・・。

そんな失敗も実際に経験してみないとMTの運転は上手くなりません。

MT車を買ったことを後悔する時期もあるんですよね。

私はありました。

でも、今ではあの時あきらめなくて良かったと思っています。

そんなMT車ですから、失敗を恐れずにたくさんたくさん運転することが大切です。

 

広告

MT車をうまく運転するにはたくさん乗るべし

MT車は運転すればするほど上手くなっていきます。

慣れとも言えますが、自分の中にMTを運転するコツが蓄積されていくんですね。

そして、慣れてくると新しいテクニックにチャレンジする余裕も出てきます。

テクニックやコツを習得すればするほど、どんどん楽しく運転できるようにもなっていきます。

もし免許を取ったばっかりだとだと安全に対しても気を配ったりする必要もあって上手くなるのはとても時間がかかりますから、尚更たくさん乗る必要があるんですね。

 

広告

最初のクルマ選びは失敗を前提に

最初のクルマ選びは失敗を前提にするのが良いです。

確かに欲しいクルマがあったりするのは分かりますし、どうせ乗るならよいクルマが欲しいですよね。

ただ、MTの失敗はクルマを壊す可能性があるということは考慮したほうが良いかもしれません。

例えば、クラッチ板を焼いてしまえばクラッチの交換が必要になってしまったり、頻繁にギア鳴きをさせてしまうとギアが入りにくくなったりしてしまうことも・・・。

そういった理由もあり、最初は失敗を前提に安い中古車を練習車としてお勧めします。

また、練習車にするなら軽自動車のMT車が特にオススメです。

 

軽自動車のMT車は練習に最適な理由

余計な技術が付いていないからクルマが素直

軽自動車の場合、普通車に比べると装備が簡素です。

運転する際に手助けしてくれる機能なんかも少ないですからクルマの動かし方を勉強するときに変な癖がつきません。

FFの軽自動車の場合、クラッチもケーブル式になっていて普通車に比べるとクラッチ操作自体も素直ですからクラッチ操作を学ぶには最適です。

 

エンジンパワーが少ない

軽自動車はエンジンパワーが少ないので雑なクラッチ操作だとすぐにエンストします。

逆に言えば運転が難しいとも言えますが、難しい分だけMT車の運転は上手くなります。

また、パワーが少ないのでギアチェンジ一つで走りも大きく変わりますから、正確なギアチェンジを学ぶのにも最適です。

慣れれば街中でも普通車と同じように運転できますし、慣れると非常に楽しく運転できます。

エンジンパワー自体が低く、車体も軽いのでクラッチを壊す可能性も低くなります。

 

維持費が安い

軽自動車は税金も含めて維持費が安いです。

タイヤ代やオイル交換なんかも安いことが多いですから、たくさん練習する上でもメリットが多いです。

燃費も良いですからそういった面でもメリットですね。

 

軽自動車を練習車に選ぶデメリット

メリットに関しては説明しましたが、デメリットがないわけではありません。

まず、安全性です。

ここ最近の軽自動車は安全性も高く、衝突試験の結果も良好です。

しかし、衝突試験の結果というのは同じ重さのクルマ同士がぶつかった時を想定していますから、相手が普通車であれば軽自動車側の被害が大きくなります。

つまり、普通車が多い環境では相対的に軽自動車は危険ということになります。

次に、エンジンパワーがないので運転が難しいです。

パワーの大きいクルマはエンストもしにくいですから、運転はすごく楽です。

それに比べると軽自動車はエンストもしやすくギアチェンジの回数も増えて難しいです。

そして、ターボの付いていない軽自動車の場合、エンジン回転計(タコメーター)が付いていない場合も多く後付けしないと練習しにくいことでしょうか。

 

デメリットもあるけれど

という風にいくつかデメリットもある軽自動車ですが、デメリットを考慮しても練習車にはオススメだと思います。

場合によっては軽自動車より普通車のほうが安い場合もありますから、その時には普通車を選ぶのも良いと思います。

しかし、もしMT車をうまく運転できるようになりたいと思うなら軽自動車が良いでしょう。

 

タコメーターは必須

MT車を運転するだけなら、エンジン回転計(タコメーター)がなくても運転できます。

しかし、MT車について理解しようとするならタコメーターが付いている必要があります。

エンジン回転を合わせたりするのにも目安となるものが必要ですし、発進時のエンジンの使い方もわかりやすくなります。

購入時にお願いするのも良いですし、近くの整備工場を探すのも良いでしょう。

最近は整備工場を検索するサービスなんかもあるのでそれを利用するのも一つの手です。

ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

 

最初から好きなクルマを買うのもアリ

とまぁいろいろ能書き垂れましたが、別に好きなクルマを買ったって間違いではありません。

時間が経てば生産が終わって新車を買えなくなってしまうこともありますし、中古車の場合には人気車だと値段が上がったり状態の良い個体を探しにくくなったりするからです。

それに好きではないクルマを毎日運転するよりも好きなクルマを運転するほうが楽しく運転できますからね。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

 

広告