[初心者向け]半クラッチのコツ

MT車で大切な発進時の半クラッチ操作。

最初のハードルでつまづかないように、初心者向けのコツをまとめてみました。

 

 

クラッチペダル操作の意味

クラッチペダルで操作できるのはクラッチ板です。

クラッチ板はエンジンとMTの間にあってエンジンとMT・タイヤとの繋がりを切ったり繋げたりします。

エンジン-クラッチ板-MT-タイヤ

こんな風にタイヤまで繋がっています。

クラッチペダルを踏んでいる間はエンジンが切り離されているのでギアを入れたまま止まってもエンストしないんですね。

つまり、エンジンを切り離すために存在するのがクラッチです。

 

広告

発進時の半クラッチの意味

発進時にはエンジンの力を少しずつタイヤに伝える必要があります。

いきなり伝えてしまうとエンジンが止まってしまうか、タイヤが急激に回って急発進になってしまうからです。

クラッチペダルで操作しているのはクラッチ板を押し付ける量なので、クラッチペダルをゆっくり操作すればエンジンの力を少しずつタイヤに伝えることができます。

これが半クラッチ状態です。

クラッチペダルを踏むとクラッチ板が離れて、クラッチペダルから足を離すとクラッチ板が押し付けられますから、クラッチペダルからゆっくりと足を離すことで半クラッチ操作ができるんです。

 

広告

初心者向けクラッチ操作のコツ

アクセルは一定

発進の半クラッチ操作をしている時にはアクセルペダルの踏む量を一定にするように意識しましょう。

発進自体が楽になりますし、クラッチ板の状態を良い状態に保つことができます。

細かくアクセルペダルを動かしてしまうと発進が安定しなくなってしまいますし、クラッチ板の状態が悪化してギアが入りにくくなったりすることもあるので注意しましょう。

 

エンジン回転は厳密じゃなくても良い

発進時には大体1500回転~2000回転くらいを維持して半クラッチ操作をすると良いです。

勿論慣れればもっと低いエンジン回転数でも大丈夫ですが、慣れるまでは考えなくて良いでしょう。

大体1500回転~2000回転と言いましたが、厳密である必要はありません。

特に1000回転~2000回転くらいはエンジン回転が制御しにくいことも多く、ぴったり合わせようとすると大体失敗します。

ですから、2000回転を大幅に越えなければ問題ありません。

 

クラッチペダルには”遊び”がある

クラッチペダルには踏み始めと踏み終わりの部分に遊びが存在します。

クラッチ板はクラッチペダルの踏み始めの遊びが終わったところからゆっくりと離れていきます。

逆にクラッチ板がくっつくときにはペダルを床まで踏んだ状態から遊びが終わるまでは半クラッチ状態にはなりません。

どれくらい遊びがあるかは車種によります。

遊びの部分はクラッチの繋がり方には一切関わりませんので遊びを把握できないとクラッチ操作が上手くいきません。

 

遊びを過ぎたら発進開始

発進時にはクラッチペダルの遊びの部分を過ぎるまで何も起こりません。

クラッチペダルの遊びを把握していないとクラッチペダルを離しても何も起きないので焦ってしまい、焦ったところで一気にクラッチペダルを離してしまってエンストや急発進の原因になります。

ですから、クルマが動き始めなくても焦らずゆっくりペダルから足を離すことが大切です。

 

エンジン回転数が落ちたらクラッチペダルの動きを止める

クラッチペダルの遊びを把握できていなくても、アクセルペダルを一定にしてクラッチペダルをゆっくり一定速度で戻してくれば途中まではエンストすることがありません。

ただし、場合によってはクラッチペダルをある程度もどしたところでエンジン回転数が落ちすぎてしまったり、加速しすぎてしまって加速をおさえたい場面があると思います。

そんな時にはクラッチペダルの動きを止めるようにしてあげるとスムーズな発進ができます。

クラッチペダルの動きを止めればそれ以上エンジン回転数が落ちることを防げるからです。

加速に関してもクラッチペダルの動きを止めた時の加速が維持されて、それ以上加速することを防げます。

もしエンストしそうなほどエンジン回転数が落ちてしまったら少しだけクラッチペダルを踏み込んでエンジンの負担を減らしてあげましょう。

 

坂道発進でも使える

坂道発進では慣れるまではサイドブレーキを使うでしょう。

サイドブレーキを使った坂道発進の場合、サイドブレーキを効かせたままアクセルペダルを軽く踏んで一定に保ち、クラッチペダルをゆっくりと離してクルマが動きだしそうになるポイントを探します。

グググっとクルマが動きだす合図がありますから、一旦そこでクラッチペダルの動きを止めます。

クラッチペダルの動きをどこで止めるのがポイントで、止めるタイミングが遅すぎるとエンストしてしまいますし、早すぎるとサイドブレーキを解除した時にクルマが下がってしまいます。

そしてサイドブレーキを下ろしてクルマが動き始めたら少しずつエンジンの様子を見ながらクラッチペダルをさらに離していきます。

この後、もしエンジン回転数が下がりすぎてパワーが足りなくなったら少しだけクラッチペダルを踏み足してあげてからアクセルペダルも少しだけ踏み足してあげましょう。

この時、強く踏みすぎるとエンジン回転数が上がりすぎてクラッチ焼けの原因になるので注意です。

そして再びクラッチペダルを少し離してあげればスムーズな発進ができるようになります。

 

 

クラッチ焼けに注意

アクセルを強く踏んだ状態で半クラッチ操作を繰り返すとクラッチ板が焼けて壊れてしまうことがあります。

クラッチ板が焼けると匂いがしますから、変な匂いがし始めたらクラッチ板を冷やすためにクルマを止めるか半クラッチ操作を減らしましょう。

 

初心者向けクラッチ操作のコツまとめ

  • 発進時はアクセルペダル一定
  • エンジン回転数にこだわりすぎない
  • 発進時のクラッチペダル操作は常にゆっくり離す
  • クラッチペダルの遊びを把握する
  • クラッチ焼けに注意する
広告