ブランドハイオクも混ぜられてたという衝撃

ガソリンに関してびっくりするニュースがあったようですね。

ハイオクガソリンは独自ブランドが多かった

ハイオクと言えばエネオスやシェルなどそれぞれのブランドで清浄性などの性能面をアピールしているのは周知の事実でしょう。

それぞれがわが社のハイオクこそ良いハイオクと宣伝していたんですね。

ところがこんな衝撃ニュースが。

 

ハイオクガソリン、実は混合 「独自開発」のはずが…20年前から各地で

 

要約すると独自ブランドのハイオクガソリンも実はタンクを共有する地域があって20年前から他社と混ざってました(テヘ

という内容なわけです。

 

自動車保険で損していませんか?

無料の自動車保険の一括見積サービスを利用すると愛車の条件で最大21社の保険料の見積もりを取ることができます。

次の自動車保険を選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか?

無料の自動車保険一括見積もりサービス

レギュラーに関しては既知の事実

さて、ガソリンスタンドは様々なブランドがありますが、実はレギュラーガソリンに関しては以前から他社とタンクが共有で、品質に差がないという話は割と知られていたことだったりします。

そういった理由もあってレギュラ―ガソリンに関しては独自性をアピールすることってまずないわけですね。

 

シェルは混合していないと回答

今回の記事において、シェルだけは他社と混ざっていないと回答しているのですがコスモとタンクが共用の地域があるという話も記事に乗っているので本当なのか?という疑問は残ります。

共用だったとしてもシェルのハイオクをコスモにも供給していれば”シェルのハイオクには”混ざっていないわけですから嘘ではない可能性も十分あります。

 

ハイオクとしての性能には影響なし

今回の記事で問題になっているのは他社製ハイオクガソリンとの混合や他社ハイオクを供給していた地域があるということです。

ハイオクとしての性能はオクタン価(ノッキングのし難さを示す指標)をクリアしていれば問題ありません。

今回の話もハイオクとレギュラーが混ざっていたという話ではないのでハイオクとしての性能には影響はありません。

 

問題は付加価値

ハイオクとしての性能は問題なかったとしても付加価値として各社がアピールしていた内容には問題があるでしょう。

それぞれメーカーは清浄性(綺麗にする性能)などの付加価値をしきりにアピールしていましたから。

 

20年前から行われてたという衝撃

それが数年前というのならわかりますが、実は20年前からそんなことをしていたというのはなかなか衝撃でしょう。

自動車メーカーも完成検査車検査の不正などが話題になったばかりですから、日本におけるグレーな部分がようやく表に出るようになったのでしょうけど。

ハイオクガソリンの割合が9%ということでハイオクの消費が少ない地域も多いですから、メーカーとしては少しでもコストを節約したかったんでしょう。

とはいえ、だったらちゃんと明記するなりしないとおかしいですよね。

 

メーカーの言う効果は話半分で聞くべき

今回はガソリンだったわけですが、世の中の広告には怪しい言葉、キャッチコピーがたくさんあります。

クルマだって”ダイレクト”とか”見晴らしが良い”とか”キビキビ走る”とかなんとなくふわっとした文言が並んでいることが多いですよね。

勿論、広告でそういったキャッチコピーが大切なのは事実ですが、なかにはこじつけだったり実際乗ってみると”あれ、なんか違う?”と感じるようなことも。

メーカーがどのような意図で設計していようと、それはあくまで”メーカーがアピールしたいポイント”ですから100%信用するのは危険なんですね。

 

なかったことになる?

さて今後、この問題はどうなるんでしょうか?

たかだか9%ということでなかったことにされてしまうのか、ちゃんとした対応がされるのかとても気になります。

完成車検査の問題なんかの時はあとからぞろぞろと他の不正も出てきたり、同じメーカーが繰り返したりとなかなか沈静化しませんでしたし、今回もそういった悪い面がでてきてしまうのでしょうか?

今後に注目です。

クルマの維持費、負担だと感じるなら

クルマの維持費って意外と大きいですよね。

ガソリン代だけじゃなくオイル交換や車検、タイヤ代などなど。

クルマを乗るうえで仕方がないことですが、値段は安くしたいはずです。

ですが、整備費用を削るのはオススメしません。

整備費用を削るとクルマの故障や不調を招くからですね。

そこで着目して欲しいのは自動車保険。

実は自動車保険は同じ条件でもいろいろなところで見積りを取ってみると意外と値段に差が出てくることがわかると思います。

基本、ネットで見積りができますからいろいろなところで見積りを取ってみるのも良いのではないでしょうか?

とはいえ、ウェブサイトを回って情報を入力して・・・意外と時間がかかりますよね。

そんな時におすすめしたいのが自動車保険の一括見積りサービスです。

一括見積りサービスでは最大21社からの見積もりを取ることができます。

この機会に安い自動車保険を探してみてはいかがでしょうか?

※保険の更新日が91日以上先だと見積りを取れないので注意!