コペンの2速ギアがガリガリするときの対処法

納車時からゴリゴリとしたフィーリングが強かったコペンのトランスミッションですが、改善方法を見つけました。

 

コペンの2速ギアがガリガリする問題

私のコペンは納車した時から2速ギアにシフトアップするときにガリガリとギアが当たる感触がありました。

まだ慣らしが済んでいない新車とはいえ、かなりゆっくりギアを入れないとゴリっと明らかにギア同士があたる音がしていてなんだかなぁと感じていた部分です。

ただ、ギャーっとギア鳴きするようなレベルではなく、ゴリゴリとしたフィーリングだけでしたしどんなに素早くシフトしてもギア鳴きはしないですし、シフトダウンは全く問題なかったので構造自体には問題はないと思っています。

 

広告

振動が問題

いろいろ試した結果、今回のトラブルは振動が原因になっているのではないかという結論になりました。

振動が伝わるとギアに癖がついてしまい、MTの内部抵抗が増えてしまってギアが入りにくくなってしまうようです。

シフトダウンでは抵抗が大きいのでギアの回転数が上がりにくくなりシフトフィールが硬くなります。

シフトアップでは抵抗によってギアの回転数が落ちすぎてしまうのでギアがゴリゴリしたり、最悪の場合にはギア鳴きを起こします。

停止時にも抵抗によってギアが回りにくくなるので1速ギアやRギアにも入りにくくなります。

これはシフトアップ時のペダル操作のタイミング、それから発進時のクラッチ操作の癖が原因となって起こるようです。

シフトアップ時にアクセルペダルを踏むタイミングが早すぎたり、発進時にクラッチを繋ぐときに左足を動かす速度が速すぎるとMT本体のシンクロに振動が伝わってしまってギアが入りにくくなります。

また、シンクロにとってエンジンの振動というのは天敵で、エンジンの振動が伝わりすぎるとシンクロが揺さぶられてしまいます。

そうするとシンクロ表面に変な癖がついてしまい、シンクロが摩耗する原因になってしまうこともあるようです。

 

対処法は?

まず、シフトアップが終わってアクセルペダルを踏むときにはクラッチペダルをミートポイント(=半クラッチが始まる位置)まで戻してからアクセルペダルを踏むようにしてください。

シフトアップが終わった後にクラッチを繋ぐタイミングでは思ったよりもMTに衝撃が伝わります。

シフトアップでクラッチを繋ぐときにアクセルペダルを踏んでいると衝撃が大きくなってしまうので、まずはミートポイントまでクラッチペダルを戻して軽い半クラッチ状態にしてからアクセルペダルを踏むようにすると良いです

シフトダウンでは加速が必要なときにもまずはミートポイントまで戻してからアクセルを踏んだほうがMTには優しいでしょう。

この時、クラッチを繋ぎすぎるとショックが出てしまうので注意が必要です。

ブリッピング(空ぶかし)を使って回転を合わせる時にもシフトダウンが終わったらアクセルペダルを完全に戻した状態でクラッチを繋ぐように気を付けてください。

また、発進時にクラッチを繋ぐときにはできるだけゆっくりクラッチ操作をするように心がけましょう

クラッチ操作を急ぎすぎるとMTに振動が伝わってしまいます。

クラッチペダルを戻すときにはあまり急に動かさずに、スムーズかつ丁寧な操作を心がけてください。

踏むときには素早くても問題ありません。

また、発進時には半クラッチの途中でクラッチペダルの動きを止めて、一定の半クラッチ状態を作るようにします

この一定の半クラッチ状態を保つのもギアの入りを良くするためには重要です。

そして、そのままクラッチが完全に繋がるまで一定の半クラッチ状態を維持するようにしてください。

この時、半クラッチが弱すぎると半クラッチが長くなりすぎてしまうので注意しましょう。

エンジン回転数がすこしずつ下がるくらいの半クラッチ状態を保つとちょうど良いと思います。

症状が良くなってくればその半クラッチの使い方がちょうど良い証拠です。

もし、症状が良くならなければ半クラッチで止める位置を変化させたり、アクセルペダルの踏み込み量を減らしたりして様子をみてください。

 

クラッチの使い方が原因の症状などについてはこちらの記事がオススメです。

関連記事

発進時の半クラッチは短いほど、少ないほど良いとされますが少なすぎることも問題なんです。 クラッチ板は減らないけれど・・・マニュアル車を運転するときに発進時の半クラッチ操作というのは大切な操作の一つで[…]

 

広告

症状の特徴

念のため今回発生していた症状について記述しておきます。

 

シンクロの効きが弱くなる状況では発生しない

ギアが入りにくかったり、ゴリゴリする場合にはシンクロが働きにくいのではないかと疑うのが普通でしょう。

ただ、そこで注意すべきなのはMTのオイルが冷えている時に症状が悪化するかどうかです。

基本的にMTのオイルが冷えている時にはシンクロの効きは弱くなります。

つまり、もしシンクロが弱いのであればギア鳴きはしやすくなるんですね。

MTのオイルが冷えている時にギア鳴きしたりすればシンクロが弱いという予想ができますが、私のコペンの場合には冷えている時にはシフト操作が重たくなるだけです。

さらにゴリゴリとした感触もMTのオイルが冷えている時には発生しないのでシンクロが弱いことが原因ではないと推測しました。

 

MTオイルが暖まると症状が悪化する

基本的に私のコペンはMTのオイルが暖まるにしたがって症状が悪くなっていく傾向にあります。

つまりオイルが柔らかくなってシンクロの効きが良くなると症状が悪くなるんですね。

そういった理由もあってシンクロの”効きすぎ”なのでは?と疑ってます。

 

シフトアップが異常に軽い

ギアがゴリゴリするときにはシフトアップが異常に軽いんです。

普通であれば次のギアの入り口付近でギアの回転数が合うまで引っかかるはずなのですが、ギアがゴリゴリする症状の時はほとんど抵抗なくギアが入ってしまいます。

多分、ギアがゴリゴリするときにはギアの回転差がとても少ないので、シンクロが効きすぎてしまっているのだと推測しています。

 

普段気を付けるべきこと

今回の症状は半クラッチの時に発生する振動がMT本体に伝わったことが原因です。

クラッチを切るときには素早く踏んでも問題ありませんが、クラッチを繋ぐときにはゆっくりペダル操作をするようにしましょう。

発進時には一定の半クラッチ状態を作って、一定の半クラッチ状態のままクラッチが繋がるまで待つようなクラッチ操作が大切です。

半クラッチを使う時にはできるだけスムーズに走れるように心がけることもMT車を運転する上では大切なことなんですね。

広告