コペンの2速ギアがガリガリするときの対処法

納車時からゴリゴリとしたフィーリングが強かったコペンのトランスミッションですが、改善方法を見つけました。

 

コペンの2速ギアがガリガリする問題

私のコペンは納車した時から2速ギアにシフトアップするときにガリガリとギアが当たる感触がありました。

まだ慣らしが済んでいない新車とはいえ、かなりゆっくりギアを入れないとゴリっと明らかにギア同士があたる音がしていてなんだかなぁと感じていた部分です。

ただ、ギャーっとギア鳴きするようなレベルではなく、ゴリゴリとしたフィーリングだけでしたしどんなに素早くシフトしてもギア鳴きはしないですし、シフトダウンは全く問題なかったので構造自体には問題はないと思っています。

 

MTのトラブルはシンクロの癖?

いろいろ試した結果、今回のトラブルはMT本体についてしまった癖の問題なのではないかという結論になりました。

新車時から一貫してこういうフィーリングだったので癖というか個体差になるのかもしれませんが。

この癖の厄介なところは一度癖がついてしまうとなかなか治らないってところだと思います。

結局、対処法としては停止時にMTの慣らしを行うというのが正解だったようです。

また、普段走っている時のシフト操作の際にはギアに入った状態からNに動かすときにスパッと素早くシフトノブを動かすと症状が改善します。

ギアの回転差が少なくて力を入れなくてもギアが入るのであれば、ギアに入れる時にも速めにシフトノブを動かすとさらに症状が軽くなります。

ギアに入った状態からNに入れるときには特に意識して素早くシフトノブを動かすことが大切です。

また、クラッチペダルを踏み始めた段階からシフトノブを動かしてしまう方もいるかと思いますが、シフトノブを動かす前にしっかりとクラッチを床まで踏んでからシフトノブを操作することもこの症状を改善するために大切なことです。

ちなみにMTの慣らし方法についてはこちらに詳しく書いてあります。

関連記事

トランスミッションも慣らし運転が大切。今回はMTの慣らし方法についてです。今回紹介する慣らし方法今回紹介するのはホットバージョン Vol.13で紹介[…]

 

 

症状の特徴

念のため今回発生していた症状について記述しておきます。

 

シンクロの効きが弱くなる状況では発生しない

ギアが入りにくかったり、ゴリゴリする場合にはシンクロが働きにくいのではないかと疑うのが普通でしょう。

ただ、そこで注意すべきなのはMTのオイルが冷えている時に症状が悪化するかどうかです。

基本的にMTのオイルが冷えている時にはシンクロの効きは弱くなります。

つまり、もしシンクロが弱いのであればギア鳴きはしやすくなるんですね。

MTのオイルが冷えている時にギア鳴きしたりすればシンクロが弱いという予想ができますが、私のコペンの場合には冷えている時にはシフト操作が重たくなるだけです。

さらにゴリゴリとした感触もMTのオイルが冷えている時には発生しないのでシンクロが弱いことが原因ではないと推測しました。

 

MTオイルが暖まると症状が悪化する

基本的に私のコペンはMTのオイルが暖まるにしたがって症状が悪くなっていく傾向にあります。

つまりオイルが柔らかくなってシンクロの効きが良くなると症状が悪くなるんですね。

そういった理由もあってシンクロの”効きすぎ”なのでは?と疑ってます。

 

シフト操作が異常に軽い

ギアがゴリゴリするときにはシフト操作が異常に軽いんです。

普通であれば次のギアの入り口付近でギアの回転数が合うまで引っかかるはずなのですが、ギアがゴリゴリする症状の時はほとんど抵抗なくギアが入ってしまいます。

多分、ギアがゴリゴリするときにはギアの回転差がとても少ないので、シンクロが効きすぎてしまっているのだと推測しています。

 

症状の原因の推測

シンクロメッシュ機構にはシンクロナイザーキーと呼ばれるパーツが存在します。

たぶんシンクロナイザーキーに変な癖がついてしまっているのではないかと予測しています。

シンクロナイザーキーはシフトを始める段階でシンクロの位置を適切な位置に動かす役目があります。

そのあとはシンクロの歯の部分にぶつかることでさらにギアの回転差を合わせて最終的にギアが入るというわけですね。

しかし、シンクロナイザーキーが動きにくくなってしまったせいでシフト初期の段階に引っかかりができてしまい、ギアの回転が合ったあともシンクロが効いてしまってギアの回転が合わないのでは?と。

そこで、MTの慣らしを行うとパーツについてしまった癖がリセットされることでギアの入りが良くなるのだと思います。

また、新車時には大丈夫でもある程度走った車でギアの入りが悪くなっていくのは、シフト操作をする時に力が弱すぎたり丁寧すぎたりしてシンクロナイザーキーに癖がついてしまっているのではないかと推測しています。

 

 

普段気を付けるべきこと

結局今回の癖はギアのシンクロナイザー関連のパーツに癖がついてしまうことが原因です。

ですから、ギアチェンジの時にはギアに入っている状態からNに動かすときに素早く動かすだけでも症状が軽くなる効果があります。

正直こんなことでっていう小さなことですが、劇的に変わる部分なので試してみる価値はあると思います。

力を入れなくてもシフト出来る時にはシフトアップでもそれなりに速めにシフトノブを動かすことも大切です。

丁寧さを意識するあまり、ゆっくりシフトノブを動かすと癖がついてしまうんですね。

とにかく、抵抗なくシフトノブが動くときにはシフトノブを素早く動かす!これが大切です。