コペンの2速ギアがガリガリするときの対処法

納車時からゴリゴリとしたフィーリングが強かったコペンのトランスミッションですが、改善方法を見つけました。

 

コペンの2速ギアがガリガリする問題

私のコペンは納車した時から2速ギアにシフトアップするときにガリガリとギアが当たる感触がありました。

まだ慣らしが済んでいない新車とはいえ、かなりゆっくりギアを入れないとゴリっと明らかにギア同士があたる音がしていてなんだかなぁと感じていた部分です。

ただ、ギャーっとギア鳴きするようなレベルではなく、ゴリゴリとしたフィーリングだけでしたしどんなに素早くシフトしてもギア鳴きはしないですし、シフトダウンは全く問題なかったので構造自体には問題はないと思っています。

 

広告

クラッチペダルの動かし方が問題

いろいろ試した結果、今回のトラブルはクラッチペダルの動かし方が原因になっているのではないかという結論になりました。

クラッチペダルをゆっくり動かしてしまうとクラッチ関係のパーツに変な癖がつき、クラッチペダルを踏み込んでもクラッチ板が離れにくくなってしまっているのでしょう。

 

対処法は?

クラッチペダルを動かすときにはできるだけ素早く動かすように意識してください。

そうすることでクラッチ周りのパーツに癖がつきにくくなるので、症状が改善します。

ただ、発進時などにあまりに素早くクラッチペダルを動かすとガツンというショックが出てしまいますよね。

そうしたショックはクルマに良くないので、クラッチを繋ぐ時にはガツンというショックが出ない程度に素早くクラッチペダルを動かすと良いです。

クラッチペダルを踏むときや、N状態でクラッチペダルから足を離すときなどは一気に操作しても問題がないので無理のない範囲で一気にペダルを動かすと良いでしょう。

 

広告

症状の特徴

念のため今回発生していた症状について記述しておきます。

 

シンクロの効きが弱くなる状況では発生しない

ギアが入りにくかったり、ゴリゴリする場合にはシンクロが働きにくいのではないかと疑うのが普通でしょう。

ただ、そこで注意すべきなのはMTのオイルが冷えている時に症状が悪化するかどうかです。

基本的にMTのオイルが冷えている時にはシンクロの効きは弱くなります。

つまり、もしシンクロが弱いのであればギア鳴きはしやすくなるんですね。

MTのオイルが冷えている時にギア鳴きしたりすればシンクロが弱いという予想ができますが、私のコペンの場合には冷えている時にはシフト操作が重たくなるだけです。

さらにゴリゴリとした感触もMTのオイルが冷えている時には発生しないのでシンクロが弱いことが原因ではないと推測しました。

 

MTオイルが暖まると症状が悪化する

基本的に私のコペンはMTのオイルが暖まるにしたがって症状が悪くなっていく傾向にあります。

つまりオイルが柔らかくなってシンクロの効きが良くなると症状が悪くなるんですね。

 

シフトアップが異常に軽い

ギアがゴリゴリするときにはシフトアップが異常に軽いんです。

普通であれば次のギアの入り口付近でギアの回転数が合うまで引っかかるはずなのですが、ギアがゴリゴリする症状の時はほとんど抵抗なくギアが入ってしまいます。

 

普段気を付けるべきこと

今回の症状はクラッチペダル操作が遅かったことが原因で、クラッチ周りのパーツに癖がついたことが原因です。

クラッチペダルを操作するときにはできるだけ素早く動かすことを意識するようにしましょう。

とはいえ、ガツンというショックはクルマに良いことではありません。

スムーズに走れるように心がけつつ、素早くクラッチ操作をするようにしましょう。

広告