2速ギアへ入りにくいときはシフト操作のスピードやクラッチ操作が原因かも?

1速ギアから2速ギアにギアチェンジするときに2速ギアに入らない(入りにくい)トラブルは車種問わずMT車でよくある症状です。

新車でも発生する症状なのですが、シフト操作で改善できるかもしれません。

2速ギアのトラブルはシフト操作やクラッチ操作の癖が原因かも?

新車・中古車問わず走行中に2速ギアにギアチェンジしようとすると渋くて入りにくかったり、ギアがガリガリ(ゴリゴリ)してしまう症状が発生することがあります。

2速ギアは街中を走っていると頻繁に使うギアですし、2速ギアを使うのは発進直後なので割と早めのシフト操作が必要になることからかなり厄介なトラブルです。

トラブルの原因はシンクロの弱さやシンクロの摩耗と言われることも多いのですが、実はクラッチのタイミング・癖が原因になっていることがあるんです。

この症状は気づかないだけで2速ギア以外でも発生していることがあります。

 

広告

どんな癖が悪い?

実は、発進時にエンジンが振動するような発進の仕方をしているとギアが入りにくくなってしまうんです。

ガタガタと車体が振動するような発進の仕方は勿論、よく観察しないと気づかないレベルの振動であってもギアが入りにくくなる原因になります。

発進時にエンジン回転数を低くしようとするとどうしても振動が多い発進になってしまったり、若干強引にクラッチを繋いでしまったりしてギアが入りにくくなることも。

エンジン回転数を低く保って発進することでクラッチ板の摩耗を抑えることはできますが、あまりにもこだわりすぎるとシンクロに良くないんですね。

発進時以外にも走行中や加速中にガタガタと車体やエンジンが振動してしまう状態もよくありません。

振動はギアが入りにくくなるだけではなくギア鳴きの原因にもなることがあり、振動する運転を続けているとシンクロが摩耗してMT本体の修理が必要になることもあるので注意が必要です。

 

対処法

発進時や走行中に出来るだけエンジンが振動しないような走り方をするのが唯一の対処法です。

よく観察してみるとエンジンというのは意外と振動しているものです。

また、振動しないようにクラッチペダルを操作すると、半クラッチが思ったより長くなることに気づくと思います。

低いエンジン回転数ではクラッチをなかなか繋げませんし、ある程度エンジン回転数が高い状態でもクラッチを一気につなぐのは避けることになります。

アイドリング回転数で発進するときにも注意が必要です。

アイドリング回転数で発進しようとすると低いエンジン回転数でクラッチを無理やり繋ぎながらアクセルペダルを踏み込んでしまうことがあるからです。

低いエンジン回転数でアクセルペダルを踏むとエンジンが振動しやすい条件になりギアが入りにくくなる原因です。

アイドリング回転数で発進しようとする時にはエンジンの振動に気を配り、無理やりクラッチを繋がないことが大切でしょう。

エンジンの振動に気を配ってアイドリング回転数で発進しようとしたときには思ったよりも緩い半クラッチが必要で、アクセルペダルもあまり踏めないことが多いかもしれません。

また、アクセルペダルを踏まない状態でアイドリング回転数からクルマを動かすときにもエンジンが振動しないように半クラッチ操作をするようにしましょう。

そして走行時に適切なギアを選ぶようにすることも大切です。

低いエンジン回転数から無理やり加速させることは避けて適切なシフトダウンをするようにし、一定速度で走っている時にもエンジンが振動しないギアを選んでください。

 

 

 

広告

停止中にギアが入りにくいとき

停止中にギアが入りにくいときにはクラッチの状態が悪化しているのが原因となることも。

最後のひと押しが入らないような症状が頻発したり、クラッチジャダーが発生していたりするのであればクラッチの使い方も見直したほうが良いでしょう。

基本的にクラッチ板が当たり始める部分(半クラッチが始まる部分)を使いすぎると停止時にギアが入りにくくなる症状が発生するようになっていきます。

詳しくはこちらの記事がオススメです。

関連記事

“マニュアル車に乗っているけれどギアを入れようとするとなぜか引っかかる・・・”そんな方の手助けになる記事を目指してお話していきたいと思います。 […]

 

クラッチがちゃんと切れているかも要確認

今回の対処法はクラッチに問題がないことが前提になります。

もしクラッチペダルを床まで踏んでいてもクラッチが繋がっている状態であればクラッチ交換やクラッチ調整などの整備が必要です。

止まっている時に力を入れないとギアが入らなかったり、エンジン停止するとギアが入るけれどもエンジンがかかっている時には停止時にもギアが入らないといった症状が出ている場合にはクラッチ関係の整備が必要でしょう。

クラッチの不具合はMT本体の摩耗に繋がり、高額修理になりますから早めの対処が肝心です。

そういった症状があったり、心当たりがある方は一度整備工場に相談してみましょう。

グーピットなら近場の整備工場を検索したり、口コミを見ることができます。

Web上で問い合わせもできるのでそういったサイトを利用してみるのも一つの手です。

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

 

MT車は操作を見直すことが大切

MT車は本当に生き物みたいなもので、ドライバーの操作一つ一つがクルマの状態に影響します。

アクセルペダルとクラッチペダルのタイミングやシフト操作のタイミングを見直すことで問題になっている症状が解消することが多々あります。

何か困っていることがあったらまずは操作を見直してみることも大切なんですね。

 

ギアが入りにくい症状を改善する方法まとめ

  • エンジンが振動しないように発進・走行をする
  • 発進時にはクラッチを無理やり繋がないように注意する
  • 低いエンジン回転数で発進するときにはエンジンが振動しない範囲で半クラッチ操作をする
広告