MT車でAT車のようにスムーズに発進加速するには?ギアチェンジのショックを減らすことはできる?

マニュアル車ではギアチェンジがある分、AT車に比べるとスムーズに運転するのが難しい乗り物です。

しかし、コツさえつかめればAT車よりもショックのない運転ができるようになるんです。

アクセルペダルとクラッチペダルの動かし方が大切

スムーズな発進加速ができるかどうかはアクセルペダルとクラッチペダルの動かし方が肝心です。

発進にしてもギアチェンジにしてもこの二つのペダルの動かし方さえ上手く出来ればクルマの動きはスムーズになります。

ペダル同士の動かすタイミングや動かし方次第なんですね。

 

広告

ペダルの動かし方のコツ

発進時

まず、発進時にはクラッチペダルをゆっくり動かすように意識しましょう。

発進時のクルマの動きはクラッチペダルに左右されるからです。

ここがスムーズじゃないとクルマは滑らかに発進しないんですね。

注意しないといけないのはクラッチペダルの遊びです。

クラッチペダルを床まで踏んだ状態から半クラッチまでは少しだけ距離があります。

半クラッチが始まるポイントを掴んで、半クラッチが始まったら丁寧にゆっくり動かすようにすると良いと思います。

とはいえ、あまりにゆっくり過ぎてもクラッチ板を焼いてしまったりしてトラブルの原因になることも。

ショックが出ない範囲でスパッと動かすのが大切です。

ここの場面ではアクセルペダルに関してはあまり重要ではありません。

ただし、アクセルペダルを急激に戻すとガクンと一気にクラッチが繋がってしまうので注意しましょう。

もしもエンジン回転数が下がりすぎてしまったらクラッチペダルの動きを止めて速度が上がるまで待つか、クラッチペダルを少しだけ踏み込んでエンジン回転数を維持するようにしましょう。

 

加速時

MT車はアクセルペダル操作がそのままクルマの動きにつながります。

その動きはAT車よりもダイレクトなときもあり、アクセルペダルの動きというのはとても重要です。

まずはアクセルペダル操作を丁寧に動かすようにしましょう。

特に1速ギアの時には細かい動きがとても大きな動きになります。

一定を意識しつつ、適切な加速になるように踏み込み量を微調整します。

ちなみにアクセルペダル操作で最も重要なのは踏む動作よりもアクセルペダルを離すときの動作です。

ペダルを踏む動作って大抵の人がある程度は上手く出来るからです。

アクセルペダルを離すときにはエンジンブレーキまでスムーズに繋がるように静かにペダルを戻してくるようなイメージです。

また、アクセルペダルを踏みなおすときには踏み始めの1ミリの部分をイメージしてそこの部分を特に丁寧に踏むようにしましょう。

 

ギアチェンジ

ギアチェンジはアクセルペダルとクラッチペダルの動きをどうやって合わせるのか、というところが一番大切です。

これが上手くできればギアチェンジにどれだけ時間がかかろうとギアチェンジ自体はスムーズにできます。

基本的に街乗りギアチェンジの時にはアクセルペダルを戻して一定速度で走る状態を作ってからクラッチペダルを踏み始めるとスムーズな走りができます。

ギアチェンジの時には加速状態からクラッチペダルを踏んで惰性になるときが乗り心地に影響するからです。

一定速度で走る時間を作ってからギアチェンジをすれば加速状態を無くしてからギアチェンジするのでスムーズになるんです。

あとはアクセルペダルを戻す速度を丁寧にすればスムーズなギアチェンジになります。

また、もう一点スムーズなギアチェンジで大切なのはギアチェンジ後にエンジン回転数を合わせることです。

ギアチェンジ後にクラッチペダルから足を離すときにエンジン回転数がずれているとショックが出ることがあります。

特にショックが出やすいのはギアチェンジ後にエンジン回転数が下がりすぎてしまった時です。

エンジン回転数が高すぎる時にはエンジンブレーキが補助になっているので車体にショックは伝わりにくいのですが、エンジン回転数が低すぎるときにはエンジンブレーキが抵抗になってしまうのでちょっとしたエンジン回転数の差がショックになりやすいんです。

ギアチェンジの時はエンジン回転数が下がりすぎていないか注意しましょう。

下がりすぎていたら半クラッチとアクセルを使ってエンジン回転数を合わせるか、クラッチペダルから足を離す前にアクセルペダルを軽く踏んでエンジン回転数を合わせるようにしましょう。

 

シフトダウンの時にもアクセルペダルを使う

シフトダウンするときにもできればアクセルペダルを使ってエンジン回転数を合わせるようにしてあげたほうがショックが減ります。

シフトダウン時には半クラッチを使うことになりますがシフト操作後に半クラッチの時にアクセルペダルを軽く踏んでエンジン回転数を合わせても良いですし、クラッチペダルを踏んでシフト操作をしている間にアクセルペダルでエンジン回転数を上げてからクラッチペダルから足を離すのも良い方法でしょう。

後者はエンジン音的にMT車らしい音になるのでオススメです。

ブレーキを踏んでいる時にはできればヒール&トウを使ってあげるとスムーズです。

ヒール&トウができなければ減速前にシフトダウンを済ませてしまうか、多少のショックはあきらめて半クラッチで回転を合わせることになります。

ヒール&トウについてはこちらの記事がオススメです。

関連記事

今回はヒール&トウについてです。ヒール&トウって?ブレーキをかけている時にシフトダウンをしながらアクセルペダルも踏んでエンジン回転数を次のギアに合わせる技術です。ヒール&トゥとかヒール&トーといった表現をされ[…]

 

広告

MT車で差が出やすいのはギアチェンジ

一般道においてMT車でドライバーによる差が大きいのはギアチェンジのスムーズさです。

勿論、ギアチェンジの速さなんかも差にはなりやすいのですがそれはあくまでサーキットなどでの話です。

街中でもある程度素早いギアチェンジが必要になることがありますが、サーキットほど意識することはないでしょう。

スムーズなギアチェンジというのはクルマ自体にも優しく、ギアチェンジの基本を覚えることができます。

スムーズなギアチェンジを覚えてから素早いギアチェンジを練習したほうが上達しやすいのではないかと個人的には思います。

同乗者にとってもスムーズな運転というのは大切ですから、ぜひマスターしましょう。

素早いギアチェンジについてはこちらの記事もオススメ

関連記事

MT車に乗っていると素早いギアチェンジ、したくなりますよね。素早いギアチェンジはギアを抜くところが大切素早いギアチェンジはマニュアル車を運転する上で意外と難しい部分です。どうしても強引なシフトになってしまった[…]

 

スムーズな発進加速のコツまとめ

  • 発進時にはクラッチ操作を丁寧にする
  • 発進時にアクセルペダルを急激に戻すとショックの原因になる
  • 加速時にはアクセルペダルを丁寧に操作する
  • アクセルペダルの操作は戻すとき特に意識して行う
  • シフトアップの時には一瞬一定速度で走る状態を作ってから行う
  • ギアチェンジ後のエンジン回転数を合わせる
広告