MT車の魅力とは?ギアを選べることが魅力?

マニュアル車の魅力とはなんでしょうか?

MT車の一番の魅力は操作の自由度

MT車の一番の魅力は自由な操作ができることです。

ギアを選ぶだけであればAT車にもマニュアルモード(以下MTモード)が付いていることがありますが、MT車の場合にはクラッチペダルが付いていることが一番大きな魅力です。

クラッチペダルが付いているのでギアの選択だけではなくクラッチ操作が加わるので運転に対して出来ることが増えるんですね。

操作が増えるということはその分、運転自体が難しくなるのですがその分運転そのものが楽しくなります。

自由度が高く、楽しいのがMT車の魅力です。

 

広告

MT車の魅力

  • 楽しい
  • 上手く運転できた時は達成感が大きい
  • 運転が楽
  • すべてがドライバー次第
  • 上手になればAT車よりもスムーズ

 

楽しい

これがMT車の一番の魅力です。

街中で普通に走っているだけでも楽しいんです。

車種によってはクラッチペダルが重たく街中では運転したくないと感じることもありますが、AT車とは比べ物にならないくらい楽しいです。

AT車でもアクセルペダルを深く踏み込めば楽しいですが、そうじゃなくても楽しいのがMT車なんですね。

次のギアはどうするか道の状況を読みながら最適なギアを選んでいく。

そんな工程がとても良いんです。

 

上手く運転できた時は達成感が大きい

MT車の運転は動かすだけでも難しいものです。

そこからスムーズに運転できるようになるまではそれなりに練習が必要になります。

しかし練習して上手くなって、スムーズに運転できるようになるととても大きな達成感が得られます。

また、新しいテクニックを覚えて上手く行ったときや、なかなかうまく行かなかったところが上手くできるようになった時などAT車ではない達成感があるんです。

正直いってAT車のほうが簡単ですし、MT車の運転が上手くないのであればAT車のほうが速く快適に運転できますが、やはり自分の腕で何とかするというのは楽しいものです。

 

運転が楽

MT車というと運転が難しいという印象があると思います。

それに対してAT車は運転が楽だと感じる方も多いと思います。

しかし、突き詰めていくとMT車のほうが運転が簡単なんです。

AT車はプログラムに従ってコンピュータがギアを制御していますが、時々気に入らない制御をしてくることがあります。

シフトアップして欲しい場面でシフトアップしてくれなかったり、なぜかギアチェンジのショックが出たり、細かい場面で”あれ?”と感じることが多くあるんですね。

そういったドライバーにとってMTモードは救世主のようなものですが、それでも制御の粗さや下手さが出てくることも。

MTモードはギアの位置もわかりにくく(MT車であればシフトノブの位置でわかる)、常にギアを確認しなければいけないのもちょっと大変だったりします。

エンジン回転数が下がると自動的にシフトダウンしてくれる機能なんかもあるので余計に今のギアがわからなくなるんですね。

また、MTモードで制御できるのはギアチェンジのタイミングだけなので肝心なところは変わらないんです。

そうすると最終的にコンピュータ制御の癖を理解して操作することが大切になりますが、どう頑張ってもうまく行かない場面というのも存在します。

結局、ドライバーの腕云々よりも制御の仕上げ方がすべてなんです。

できるだけ制御に合わせて操作をしようとしても、とても繊細な操作が必要になり正直言ってMT車よりも面倒だったりします。

それに比べるとMT車というのは物理法則と構造を理解すればうまく走らせることができるようになるのでとても楽なんですね。

 

すべてがドライバー次第

MT車では操作一つ一つがすべて運転に表れます。

荒い操作をすればクルマもギクシャクしますし、丁寧に操作出来ればクルマはとてもスムーズに走るんです。

スムーズに走るAT車を所有していることは自分の手柄として自慢できませんが、スムーズに運転できることは自分の手柄として自慢できるんです。

ある意味スポーツのようなもので、自分との闘いなんですね。

少しでも上手く運転しようと努力すれば応えてくれる、それがMT車です。

 

上手になればAT車よりもスムーズ

AT車のほうがスムーズな印象があるかと思いますが、MT車を上手に運転できるようになればAT車よりもスムーズに運転することができるようになります。

AT車というのは状況によってシフトショックが出てしまうことがありますし、シフトショックが出ないCVT車であってもスムーズに走れない場面というのが存在します。

MT車というのは自分でどうにでもできますから、速さを追求しなければAT車以上にスムーズに走らせることができます。

当然ですがMT車で性能を使いきって加速しようとしたらAT車よりもガクガクしてしまいますが。。。

とはいえ街乗りレベルであれば十分スムーズに運転することが可能です。

 

広告

慣れるまでは分からない

そんなMT車の魅力ですが、MT車に慣れるまでは分からないかもしれません。

達成感にしても上手にできるようにならなければわからないですし、ましてやスムーズな運転というのはある程度の練習が必要でしょう。

上達するまでは辛さを感じる場面もありますし、AT車のほうが楽しくて簡単と感じてしまうことだってあります。

どんなスポーツでもそうですが上手くなるまではどうしても苦痛を感じてしまう部分はあるでしょう。

しかし、そこを乗り換えればMT車はAT車とは比較にならないくらい楽しいです。

 

AT車とは楽しさの方向性が違う

AT車においての楽しさはスリルや音などがメインになると思います。

加速Gや旋回G、エンジン音なんかがそうですね。

10年くらい前にになりますが私自身、父のAT車に乗っている時には今よりもアクセルペダルを強く踏むことが多かったです。

そうしないと楽しくないんですね。

しかし、MT車に乗ってからは操作そのものが楽しいのでアクセルペダルを強く踏む機会というのは減りました。

というかそもそも父が乗っていたAT車と比べて馬力が半分以下なのでアクセル全開にしてもそれほど加速Gというのは感じませんし・・・。

勿論前が空いていればアクセルペダルをそれなりに踏むことはありますが、AT車に比べると踏み込む頻度と量はかなり減ったんです。

正直言ってこの楽しさを知ってしまうとどんなスポーツカーでもAT車では不満を感じてしまいます。

アクセル全開にしたりサーキット走行をすれば楽しいですが、現実的に街中でそんな走りはなかなかできませんから・・・。

AT車のMTモードもギアを選択できるというだけで運転そのものの達成感というのはほとんどありません。

実際のギアチェンジはクルマが行うからですね。

例えギアチェンジを失敗してもギアチェンジしなおすのが簡単で、ギアチェンジそのものがそんなに難しくありません。

MTモードで楽しむためにはアクセルペダルを強く踏みこみ加速Gと音を感じながらシフトアップをして、減速する時には積極的にシフトダウンをしてエンジン音を楽しむことが必要となります。

結局のところATのMTモードはAT車を楽しむ手段としてはアリだけれども、MT車の代わりにはならなかったりします。

スリルが必要になるAT車に対して、達成感が楽しいMT車、この方向性の違いがMT車の楽しい理由なんです。

 

広告