発進時にクラッチを繋ぎすぎるとギアが入りにくくなる

実はマニュアル車の発進時におけるクラッチ操作でエンストしなくても問題が起きることがあるんです。

発進時にクラッチを繋ぎすぎるとギア鳴きの原因に

発進時の半クラッチ操作ではクラッチペダルを戻しすぎると(クラッチを繋ぎすぎると)ギア鳴きやゴリゴリとしたフィーリングの原因になってしまいます。

影響は意外と大きく、1速ギアや2速ギアへのシフトダウンが硬くなったり停止時にギアが入りにくくなったりすることも。

発進時には無理して半クラッチを短くしようとせずにエンジンのパワーに合わせて半クラッチをしてあげることが大切です。

 

広告

ギアが入りにくくならない発進の仕方

発進時にはアイドリング回転数を下回らないように半クラッチをしてあげるようにしてください。

この時にショックや振動がでないようにクラッチ操作とアクセル操作をしてあげると良いでしょう。

ショックや振動を出さないためにはクラッチを無理して繋ごうとしないことが大切です。

とはいえ、半クラッチが長くなりすぎるとクラッチ板が摩耗するので注意してください。

半クラッチしたときにパワーが出すぎてしまったり、逆にパワーが足りなくなったら適度にアクセルペダルの踏み込み量を調整して、それに合わせて半クラッチも微調整してあげると良いと思います。

この時にもエンジン回転数が一気に落ちてしまったりしないように気を付けてください。

ちなみにギアチェンジの際にはクラッチを一気につないでしまっても大丈夫です。

 

広告

クルマに良くない発進方法

  • クラッチを無理やり繋ぐ
  • アイドリングより低いエンジン回転数で発進する
  • スムーズではないクラッチ操作
  • 長すぎる半クラッチ

 

クラッチを無理やり繋ぐ

発進時には半クラッチを短くすることでクラッチ板の摩耗を減らすことができます。

そういった理由があるので半クラッチはある程度スパッと短く行うのが大切なんですね。

とはいえ、短すぎてもだめなのがクラッチ操作の難しいところ。

基本的には無駄な半クラッチをせずにできるだけスムーズにクラッチ操作をするのが理想です。

 

アイドリングより低いエンジン回転数で発進する

アイドリング回転数(停止時にアクセルペダルを踏み込んでいないときのエンジン回転数)より低いエンジン回転数から発進するのは基本的に良くない発進の仕方です。

アイドリング回転数というのは振動が少ない状態でエンジンの回転を維持できるギリギリの回転数ですから、そこより低いエンジン回転数というのは使うべきではないんです。

基本的に発進時にはアイドリング回転数より高い回転数を使って発進するようにしましょう。

 

スムーズではないクラッチ操作

ショックが出てしまうようなクラッチ操作はクルマに対してよくありません。

クラッチ関係のパーツは勿論、ギアにも影響があることも。

ショックが出ないようなクラッチ操作を心がけることが大切です。

 

長すぎる半クラッチ

スムーズではない発進というのはクルマに良くありませんが、スムーズさを意識するあまり半クラッチが長すぎるのもよくありません。

クラッチ自体が多く摩耗するのは勿論、クラッチ板が熱で焼けてしまうことも。

クラッチが熱で焼けてしまうとギアが入りにくくなってしまったり、クルマが振動するクラッチジャダーという現象が起きやすくなることもあります。

スムーズさとのバランスが大切です。

 

ギアの入り方に注目するとわかりやすい

発進時の半クラッチのやり方によってその直後のギアチェンジの感触も変わってきます。

半クラッチのやり方が良くないとギアをNに動かすときに引っかかりができたり、次のギアに入れる時に引っかかりができたりします。

普段からクラッチを繋ぎすぎる運転をしていると強い症状がすぐに出ますし、逆に普段から良い半クラッチのやり方をしていると良くない半クラッチのやり方をしても症状は軽く出てきます。

ギアの入り方が普通に感じても意外とギアチェンジの感触が悪化していることがあるので、ギアチェンジするときにゴツゴツとした感触があったり、走行中にギアがNに動かしにくかったり、ギアチェンジに力が必要だったりしたら発進を見直してみましょう。

クルマによっては発進時の半クラッチのやり方が悪いとギア鳴きが起きることもあるので注意しましょう。

広告