ギアが入りにくいときにはギアチェンジのアクセル操作を変えると良くなる

ギアチェンジをする時のペダル操作の癖でギアが入りにくくなることがあるんです。

 

アクセルを踏むタイミングが早いのはダメ

ギアチェンジをする時にはシフトノブを操作してギアを入れた後、クラッチペダルを戻しながらアクセルペダルを踏んでいきますよね。

その時にアクセルペダルを踏むタイミングが早すぎるとギアの入りが悪くなってしまいます。

 

広告

ギアの入りが悪くならないギアチェンジのコツ

シフトアップ

アクセルペダルはクラッチが繋がる瞬間にタイミングを合わせて踏むようにすることが大切です。

多少ずれることは問題ないと思いますが、必ずクラッチペダルを先に戻し始めてからアクセルペダルを踏むようにしましょう。

とはいえ、ギアの入り方への影響を考えるとクラッチが繋がる瞬間にアクセルペダルを踏み始めるのが最善です。

 

シフトダウン

減速中のシフトダウンであればクラッチを繋ぐ時にアクセルペダルを踏むことはないので問題にはなりません。

しかし、坂道など加速が必要になるシーンではギアチェンジを終わらせてクラッチを繋ぐタイミングでアクセルペダルを踏み込む必要があります。

減速を最小限にしたいという心理から早くアクセルペダルを踏みたくなってしまう場面なのでアクセルペダルを急いで踏みがちです。

坂道などでシフトダウンするときにはクラッチペダルを繋ぐ前に軽くアクセルペダルを一瞬だけ踏んでエンジン回転数を合わせてから、すぐにアクセルを離してクラッチを繋ぐ必要があります。

そしてクラッチが完全に繋がる瞬間にアクセルペダルを再び踏むんです。

そうするとクラッチを繋ぎ始める瞬間にはアクセルペダルを踏んでいないのでギアが入りにくくなったりしません。

 

半クラッチが始まる瞬間にアクセルペダルから足を離していることが大切

今回の対策の肝はギアチェンジを終わらせた後、クラッチペダルを戻し始める瞬間にアクセルペダルから足を完全に離していることが大切です。

これはギアチェンジだけではなく、走行中にクラッチペダルを踏み込んで走行している時にも当てはまります。

たとえば、減速中に再び加速が必要になった場合などです。

そういう時にはクラッチペダルを床まで踏んだ状態なのでギアチェンジをしている時と同じ状況なんですね。

とはいえ、その状態でアクセルペダルを踏まずにクラッチを繋いでしまうと強いエンジンブレーキがかかってしまいます。

ではどうすれば良いかというとまずはクラッチを繋ぐ前に一瞬だけアクセルペダルを踏んでエンジン回転数を高くします。

この時、今入っているギアと速度に合わせたエンジン回転数にすると良いでしょう。

そして、そこからクラッチを繋ぎ始めてクラッチが完全に繋がる瞬間にアクセルペダルを踏むようにします。

つまりシフトダウンと同じ手順になるんですね。

 

広告

すぐには良くならない

ギアチェンジのペダル操作を見直してもギアの入り方がすぐに良くなることはありません。

MT内部パーツに付いた癖が原因なので良くなるまでに少し時間がかかるんですね。

ただ、徐々に良くなっていくのでギアの入り方が変わってくるのは分かると思います。

 

シフトフィールが劇的に変わる

ギアチェンジのペダル操作の癖を直すとギアチェンジ時のシフト操作の感触がかなり変わります。

シフト操作に対してしっとりとした感触を返してくれるようになるんです。

ギアのゴリゴリとした感触も軽減されます。

また、シフト操作の感触が良くなるのでシフトノブが動かしやすくなって素早いギアチェンジがしやすくなったりもします。

MT車での走行がより楽しく、快適になると思いますからシフト操作の感触に違和感を感じる場合には試してみる価値があると思います。

広告