MT車でギアが入りにくいときにはギアを入れはじめる瞬間の力加減も重要。

マニュアル車では実はギアが入る瞬間の力の入れ方がギアの入りに大きく影響していたようです。

 

シンクロは効かせ方がとても大切

今のMT車ではシンクロが付いていることでギア鳴きなどを起こさずにギアチェンジをすることができます。

シンクロというのはブレーキやクラッチのようなもので、摩擦力によってギアの回転数を減速させたり、逆に加速させたりする機構です。

実はシンクロというのは効かせ方によって摩擦力が変わってきてしまうようなのです。

ギアを入れる時に強い力でいきなりガツンとギアを入れてしまうと、シンクロが急激に効いてしまってギアの入り方が悪くなってしまいます。

ギアを入れる瞬間(Nからギアに入る瞬間)はいきなり力をいれずに、スムーズに(ゆっくり)力をこめるようにするとギアの入りが良くなります。

 

広告

力の入れ方で改善する可能性のあること

  • 停止時にギアが入りにくくなる
  • ギアチェンジでギアが入りにくい
  • ギアチェンジでギアがゴリゴリする
  • ギアチェンジが渋く(硬く)感じる

 

基本的に力の入れ方が良くないとギアチェンジが硬く・渋くなっていきます。

これはシンクロの摩擦力が変化したことが原因です。

走行中のギアチェンジは勿論、停止時に1速ギアや2速ギアに入らないときにもこれが原因になっていることがあります。

走行中のギアチェンジではギアがゴリゴリしたり、なんとなくゴツゴツしやすいフィーリングになったり、クルマによってはギア鳴きの原因になることもあります。

一見するとシンクロが弱くなったようにみえますが、シンクロが弱くなったのではなくシンクロの摩擦係数が上がりすぎたことが原因のようです。

シンクロの摩擦係数が高くなっているにもかかわらず摩擦の立ち上がり方が変わるので、良くない力の入れ方をするとギアチェンジが重たくなってしまいます。

シンクロの摩耗も進みやすくなってしまうので注意が必要です。

 

広告

正しいギアチェンジ

ギアを抜く時にはできるだけ力を抜いて、次のギアの入り口まで来たら丁寧に次のギアに入れるようにしましょう。

Nの位置では弱い力で動かし、次のギアの入り口に軽く当ててからスムーズに力を入れるようなイメージです。

最初はギアチェンジに時間がかかるかもしれませんが、シンクロが馴染むと軽い力でスコンとギアが入るようになっていきます。

ギア鳴きやゴリゴリしたフィーリングのあるクルマでも、力の入れ方を変えるだけでスムーズにスコンとギアが入るようになるでしょう。

 

ギアチェンジだけではない

クルマのフィーリングというのはドライバーによって癖がでるものです。

実は半クラッチの長さによってもギアの入りやすさが変わってくることがあるんです。

基本的に半クラッチは多すぎても少なすぎてもギアが入りにくくなったりトラブルの原因になります。

半クラッチを短く終わらせているのにギアが入りにくくなったり、クラッチジャダーが出ている時には半クラッチが短すぎるのが原因の可能性もあります。

短い半クラッチがダメな理由についてはこちらの記事がオススメです。

関連記事

発進時の半クラッチは短いほど、少ないほど良いとされますが少なすぎることも問題なんです。 クラッチ板は減らないけれど・・・マニュアル車を運転するときに発進時の半クラッチ操作というのは大切な操作の一つで[…]

広告