コペンのギアが入りにくい症状がクラッチ操作を変えると良くなる

コペンのギアが入りにくい症状でもう一つ改善方法を見つけたので紹介します。

 

新しい改善方法

以前からクラッチの状態によってギアの入り方が変わることは分かっていましたが、発進時のクラッチ操作を変えることでギアの入りが良くなることがわかってきました。

発進時にクルマが動き始める瞬間(=半クラッチが始まる瞬間)の部分で丁寧にクラッチ操作をするとギアの入り方が変わります。

イメージとしては軽い半クラッチでタイヤを少し転がした後、クラッチをスパッと繋ぐような感じです。

この方法で発進するとギアの入り方だけではなく半クラッチ自体も扱いやすく変化しますし、クラッチが冷えている時のジャダーも改善しています。

これは発進時に行うだけで良く、ギアチェンジの時にはいつも通りスパッとクラッチを繋いでも症状がひどくなることはないようです。

今後この方法で自分のコペンを実際にもっと走らせてみて、症状が本当に改善するのかテストしていきます。

ギアチェンジの方法など様々な対処法を試してきて一定の効果はありましたが、今回発見した改善策は最も効果が高いのではないかと考えています。

多分この方法だけでギアの入りにくさは解消するのではないかと。

事実、この方法で発進するようになってからはギアチェンジでシフト操作などを意識しなくてもギアが入りにくくなる頻度は低くなっています。

発進方法を変えてからギアの入りにくさが改善するまでは少し時間がかかりますが、徐々に良くなっていくのは確認できています。

ギアが入りにくい症状がある場合、試してみる価値はあると思います。

広告