シフト操作は一定の力ですることが大切

ギアチェンジのフィーリングはシフト操作で変わってくることがあります。

 

シフト操作は一定の力で行うことが大切

ギアを入れる時には一定の力で操作することがとても大切です。

今のクルマはシンクロというギア同士の回転数を合わせてくれる機能が存在します。

機械は常に一定の働きをするように思うかもしれませんが、実はシンクロの効き方というのはシフト操作の力の入れ方に大きく左右されるんです。

正確にはシフト操作のやり方によってシンクロそのものよりもギア同士のかみ合い方が変わってしまいます。

そうするとMT内部の抵抗が変わってギアが入りにくくなったりしてしまうんですね。

 

広告

シフト操作のコツ

ギアを入れる時には一定の力で次のギアに押し当てるようにすると良いでしょう。

そうするとシンクロが安定して働くことができるので、MT内部の状態が良くなります。

一番やってはいけないのはシフト操作の力を急激に変えることです。

ギアを入れる時にギアが入り始めるところで急激に力を入れたり、力を入れたり抜いたりを小刻みに繰り返したりするとギアが入りにくくなる原因です。

次のギアに入り始めたら常に一定の力で操作するように心がけましょう。

また、急がないギアチェンジの時には次のギアの入り口で丁寧に当てるようにするとクルマに優しい運転になります。

イメージとしては次のギアの入り口でシンクロに軽くひっかけてから丁寧に一定の力で操作するイメージです。

この時にも一番大切なのは一定の力で操作することです。

次のギアのシンクロの入り口で丁寧に力をかけたら、その先は一定の力で操作するようにしましょう。

また、ギアチェンジが終わった時にクラッチを一気に繋ぎすぎるのはよくありません。

ショックが出ないようにクラッチを繋ぐのは勿論、半クラッチ状態が長くならない程度に丁寧にクラッチペダルを戻してくると良いでしょう。

クラッチペダルを踏むときには素早く行っても大丈夫です。

 

広告

クルマの運転は一定の状態を作るのがとても大切

クルマというのは一定の状態を作ることがとても大切です。

発進時のクラッチ操作もそうですし、走行時の速度やアクセル操作・ブレーキ操作についてもできるだけ一定の状態を保つようにしましょう。

また、ブレーキ操作についてはフィーリングが大きく変化するので特に注意したほうが良いと思います。

停止時にはブレーキペダルの踏み込み量を細かく変化させがちですが、ブレーキのフィーリングが悪くなってしまうので避けたほうが良いでしょう。

具体的にはブレーキが扱いにくくなったり、グググっという異音が出やすくなったりもします。

操作するときには丁寧に、かつ一定の状態を作れるようにするとクルマの動きが良くなるのでオススメです。

広告