ギアチェンジするときのアクセルペダルを踏むタイミングでシフトフィールが変わる

MT車でギアチェンジをした時にアクセルペダルの踏むタイミングを間違えるとギアが入りにくくなることがあります。

 

クラッチを繋ぎ始める前にアクセルペダルを踏むのはだめ

ギアチェンジの時、クラッチを繋ぎ始める前にアクセルペダルを踏んでしまうとギアの入りが悪くなってしまうことがあります。

クラッチを繋いだ時にショックが出ない程度のアクセル量でもギアの入り方は悪くなります。

ギアチェンジが終わってアクセルペダルを踏むときには先にクラッチペダルをミートポイント(半クラッチが始まる場所)まで戻してアクセルペダルを踏み始めるようにするとギアの入りが良くなります。

ミートポイントまで戻してからいつも通りにアクセルを踏むイメージです。

 

 

広告

振動がカギ

MT車においてギアの入りやすさはMT本体に伝わる振動の頻度や大きさによって変わります。

伝わる振動が大きく、振動が伝わる回数が多いとギアが入りにくくなっていきます。

MT本体に伝わる振動というのはギアの表面に影響があり、ギア同士の回転抵抗などが変わってしまいます。

そうするとシンクロのバランスが崩れてギア鳴りが起きたり、ギアが入りにくくなったりしてしまうのです。

1速ギアや2速ギアへのシフトダウンで硬くてなかなかギアが入らないのも、ギアの回転抵抗が大きくなってしまってギアの回転が上がらないからです。

 

広告

振動を減らす運転が大切

MT車を運転するときにはMTに伝わる振動を小さくすることがとても大切です。

クラッチ操作が荒くてドンというショックが出てしまうのは勿論良くない運転ですが、ショックが出ない運転をしていても実はMT本体に悪い癖を付けてしまう運転をしていることがあります。

常に丁寧な操作を心がけ、スムーズな運転になるようにすることが大切です。

 

MT車を運転するときに気を付けること

  • クラッチはミートポイント付近で特に丁寧に操作する
  • ギアチェンジの時にはアクセルより先にクラッチミートする
  • クラッチペダルは一気に動かさないようにする
  • 発進時には一定の半クラッチ状態を作るようにする
  • シフト操作は一定の力で行う

 

 

広告