上手に運転したい。そのために重要なこと。

運転が上手くなりたい。

この気持ち、実はとても重要なのです。

慣れてくると、自分は運転が上手いと感じ、ただ漫然と運転するようになってしまいます。

しかし、運転は何年たっても完璧になることはありません。

常に運転についてまじめに考え、周りをよく観察することで、より安全で、より上手い運転ができるようになります。

具体的に言えば、

・今、自分が道路のどの位置を走っているのか

・周りを良く見て、周りの車や人等がどう動くか予測する

・同乗者の頭がガクガク動かないように、スムーズな運転を心がける

・車の構造を理解して、車にやさしい運転を心がける

・先を見ながら運転する

・先が見えない場合には予測する

簡単に思いつくことをあげてみましたが、とにかくよく考え、よく見ることで、より上手く、より優しい運転ができるようになります。

それをするための心構えが、”運転は毎日が練習”なのです。

また、正しい運転について考えることもとても大切です。

何が正しく、何が危険なのか。

そういったこともしっかり考えることも重要なのです。

広告