周りのクルマのパッシングはどんな意味がある?対向車のパッシングの意味って?

煽り運転で話題に上がることもあるパッシング。

パッシングにも優しい意味があるのをご存知ですか?

対向車や後続車のパッシングにはどういう意味があるんどえしょうか?

パッシングの意味

警告する

パッシングの基本的な意味としては危険なときに他のクルマに警告するために使われます。

事故の危険性があるときなどに使われます。

また、青信号で進まなかったときなどにも使われることがあります。

脇道から道路に曲がった時に後ろから来たクルマがパッシングした時には入るタイミングが悪くて怒っているという証なので、そういった際にはハザードランプを使って謝罪をすることも大切です。

 

お先にどうぞ

右折や車線変更の際に周りのクルマがパッシングしてくれた時には”お先にどうぞ”という意味があります。

パッシングされて譲ってもらったときには手を挙げるなど挨拶をしておきましょう。

ごくまれに”こっちに来るな”という意味で使われることもありますから注意してください。

 

ヘッドライトの異常

夜なのにヘッドライトが点いていなかったり、昼間なのにヘッドライトが点いている時にはパッシングをして教えてくれるクルマもいます。

対向車や後ろのクルマが意味もなくパッシングをしてきたら、まずはヘッドライトの確認をしてみましょう。

スイッチがONでも故障によってテールランプやヘッドライトが点いていないこともありますからそういった点も確認が必要です。

 

スピード落とせ

道路の先に異常がある際に対向車がパッシングによって教えてくれることがあります。

例えばカーブの先に落下物があったりして危険な場合などです。

ヘッドライトなどに異常がなければ速度を落として先の様子をよく見ましょう。

また、先で速度取り締まりをしている際にも対向車がパッシングで教えてくれることがあります。

 

ヘッドライトが眩しい

ヘッドライトがハイビームになっていたりすると対向車がパッシングをして眩しいからハイビームを消してくれと警告してくることがあります。

ハイビームは対向車にとって非常に眩しく、夜間は事故につながることもあるので対向車がパッシングしてきたらまずはこれを疑いましょう。

また、ハイビームではないのに対向車がパッシングしてくるときは上で説明した”スピード落とせ”以外の意味として、”ヘッドライトが眩しい”という意味がある可能性が高いです。

ハロゲンヘッドライトをLEDやHIDに改造するとヘッドライトの光があちこちに散ってしまって対向車にとってとても眩しい状態になってしまっていることがあります。

ヘッドライトを改造している時にはヘッドライトが正しく道路を照らしているかチェックしてください。

車高を弄ったりするとヘッドライトの向きがずれて対向車に向いてしまっていることもあるので注意しましょう。

 

追い越ししたい

場合によっては煽り運転になってしまいますが、追い越したいという意味でパッシングされることがあります。

高速道路の追い越し車線を走っている場合には後ろのクルマが追い越ししたいという意思になるのでトラブルに発展する前に道を譲ることが大切です。

追い越し車線は追い越すための車線ですから追い越しが終わったらすぐに走行車線に戻るのがルールです。

一般道では譲る義務はありませんが、トラブルを防ぐために先に行かせてしまうのも一つの手でしょう。

また、高速道路の追い越し車線ではないのにパッシングされたときにはライトが点いているかどうかを確認するようにしてください。

場合によっては故障でテールランプが点いていないこともありますからどこか安全な場所で止まって確認することも考慮しましょう。

 

広告

まずは振る舞いを確認することも大切

パッシングされたからと言ってすぐに煽り運転に結び付けないように注意しましょう。

強いブレーキを踏まされて危険な状況だったことを知らせている可能性もあるからです。

適切に運転をしていれば周りにクルマにパッシングをされることというのは全くありません。

パッシングをされたということは何かしらきっかけになることがあったはずなのでまずは自分が何かしていないか振り返ることが大切です。

ただし、稀に追い越し禁止の道で自分が速く行きたいからパッシングをしてくるようなドライバーというのも存在します。

そういった場合には車体を左右に振ったりしているのでわかりやすいですが、先に行かせてしまうのがトラブルを防ぐコツです。

そういったドライバーに怒ったところで何の得にもなりませんから、気にしないのが一番です。

トラブルに遭わないのが一番大切だということを忘れないようにしましょう。

 

広告