ダイハツトールのオススメグレードを解説!自動ブレーキは付いてる?

ダイハツトールのコンセプトは子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー

今回はグレードごとの装備の違いからオススメグレードをご紹介します。

  • 価格

X (FF/4WD) 

1,463,400円 / 1,636,200円

X”SAⅡ” (FF/4WD)

1,528,200円 / 1,701,000円

G (FF/4WD)

1,620,000円 / 1,792,800円

G”SAⅡ”

1,684,800円 / 1,857,600円

Gターボ”SAⅡ” (FF)

1,803,600円

カスタムG (FF/4WD)

1,771,200円 / 1,944,000円

カスタムG”SAⅡ”(FF/4WD)

1,836,000円 / 2,008,800円

カスタムGターボ”SAⅡ” (FF)

1,965,600円

  • スマートアシストⅡ(スマアシⅡ)が付いているグレードがオススメ

グレード名に”SAⅡ”と付いているグレードはスマアシⅡが付いているグレードになります。

スマアシⅢに比べると性能は落ちますが、スマアシⅡでも付いているに越したことはありません。

  • 明るいヘッドライトが欲しいなら Gグレード以上がオススメ

LEDヘッドライトはカスタムに標準装備、G/Gターボにはオプション設定となっています。

Xにはオプションで付けられないので、明るいヘッドライトが欲しい場合はGから上のグレードとなります。

  • 背が低い人はGグレード以上がオススメ

Gグレードから上のグレードでは運転席の高さ調整機能が標準装備されています。

ただし、Xグレードでもオプションでサイド/カーテンエアバッグをつけるか、コンフォートパック(B)を選択することでつけることが可能です。

  • 家族を乗せるなら迷わずサイド/カーテンエアバッグを

車は横からの衝突に弱いです。

特に、横から衝突される場合は避けられない可能性が高いです。

もしもの時のために家族の安全を考えればサイド/カーテンエアバッグは必須でしょう。

全グレードオプション設定となっています。

  • オートエアコンが欲しいならGグレード以上

Xグレードにはマニュアルエアコンとなっており、他のグレードはオートエアコンとなります。

  • 坂道や高速走行が多いならカスタムGターボ / Gターボがオススメ

ターボが付いていることでパワーがあります。

坂道や高速走行が多いならターボモデルを選択すると不満を感じる機会が減るでしょう。

  • 長時間の高速走行をするならGグレード以上がオススメ

Gグレード以上にはクルーズコントロール(オートクルーズ)が標準装備となっています。

長時間高速走行をする場合は付いていることで大幅に快適になります。

そのためGから上のグレードがオススメです。

  • 駐車に自信がなかったらGグレード以上がオススメ

Gから上のグレードにはパノラマモニターがオプションで装着できます。

車を上から見下ろすような視点で画面に映像が表示される為、駐車に自信がない方や、安全を重視するのなら必須な装備です。

  • やわらかい印象のトールとキリッとしたトールカスタムはお好みで

ファミリーカーらしいデザインのトールに対して、トールカスタムはカッコイイデザインが特徴となっています。

この辺りは完全に好みですが、トールカスタムのほうが高級感を感じるグレードになっています。

トールを買うならG”SAⅡ”がオススメです。

必要な快適装備が付いていて、燃費はXグレードと同じです。

エンジンの余裕が欲しい場合にはターボモデルも良い選択肢になるでしょう。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

新車の無料見積ならオートックワン!

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告