マツダCX-8のグレードを解説!オススメグレードはどれ?

CX-8はマツダの最上級SUVモデルです。その特徴とはどんなものでしょう?

3列シートを備え、マツダらしい走りやデザインを実現しつつも、3列シートによって家族や友人とのドライブにも使える車になっています。

 

価格

XD (FF/4WD)

3,196,800円 / 3,429,000円

XD PROACTIVE (FF/4WD)

3,537,000円 / 3,769,200円

XD L Package (FF/4WD)

3,958,200円 / 4,190,400円

 

広告

すべてのグレードがディーゼルエンジン

すべてのグレードで2.2Lディーゼルエンジンとなっています。

低燃費でパワフルな走りが実現されています。

また、軽油を使う為お財布にも優しいですね。

 

広告

自動ブレーキはどのグレードにも標準装備。ただし、高速走行が多いならXD以外のグレードがオススメ

自動ブレーキを含むアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートは全グレード標準装備です。

ただし、作動速度が約80km/hまでと若干低めです。

スマート・ブレーキ・サポートは約15km/h以上の速度域をカバーしている自動ブレーキ機能なのですが、これはXDにはオプション設定となっています。

その為、高速走行が多い場合はXDにオプションでセーフティクルーズ・パッケージを選択するか、他のグレードがオススメです。

 

クルーズコントロール(オートクルーズ)は全車標準装備。但し、XD以外のグレードの方が高性能

クルーズコントロールは全車標準装備ですが、XDのみ車間の維持機能が付いていません。

その為、高速走行時の快適性を考えるとXD以外のグレードのほうがオススメです。

 

XDのみ鍵を開ける時にキーのボタン操作が必要

全車キーレスエントリーとなっていますが、XDのみ鍵を開ける際にはキーのボタンを押す必要があります。

他のグレードでは鍵をポケットに入れたままで鍵を開けることができます。

エンジンの始動は全車ポケットに鍵を入れたままで可能です。

 

7人乗りが必要ならXD L Package以外を選択

XD L Packageのみ6人乗りとなっており、他のグレードは6人乗りと7人乗りを選択できます。

 

雪国で乗るなら XD PROACTIVEかXD L Packageがオススメ

この二つのグレードにはドアミラーにヒーターが入っています。

雪などの際にもミラーの雪を溶かせますし、気温の差でミラーが曇った時にもすぐに曇りを取れて安全です。

また、シートヒーターが運転席と助手席についている為、寒い日にも背中から暖めてくれるので快適です。

 

オススメグレードは?

オススメグレードはXD PROACTIVEです。

高級車に必要な快適装備がそろっていることが理由です。

もし高級感が欲しいなら、XD L Packageも良い選択肢でしょう。

また、必要最低限の装備でも良いのであれば、XD+セーフティクルーズ・パッケージもオススメです。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告