改良されたホンダヴェゼル、その特徴を解説!どこが変わった?オススメグレードは?

マイナーチェンジ(改良)され2月16日に発売されたホンダヴェゼル (VEZEL)。

その特徴改良ポイントを解説していきます。

 

コンセプト

ヴェゼルのコンセプトは“多面的価値を高次元で融合した新しいジャンルのクルマ”

SUVの力強さや、クーペのエレガントさミニバンの使いやすさ燃費などの多面的な部分を融合した車です。

 

広告

特徴

SUVながらデザインにクーペテイストが加えられているのが特徴です。

内装では前席を”しっかりと区切る”ことでクーペのような雰囲気を作り出しています。

燃料タンクを車体中央にもってくることで大きなトランクを確保できていることも特徴的です。

ガソリン車、ハイブリッド車がありそれぞれにFFと4WDモデルが存在しています。(RSグレード除く)

 

広告

価格

ガソリン車

G・Honda SENSING (FF/4WD)

2,075,000円 / 2,291,000円

X・Honda SENSING (FF/4WD)

2,165,000円 / 2,381,000円

RS・Honda SENSING (FF)

2,475,000円

 

ハイブリッド車

HYBRID・Honda SENSING (FF/4WD)

2,460,000円 / 2,676,000円

HYBRID X・Honda SENSING (FF/4WD)

2,539,000円 / 2,755,000円

HYBRID Z・Honda SENSING (FF/4WD)

2,710,000円 / 2,926,000円

HYBRID RS・Honda SENSING (FF)

2,810,000円

 

エンジン

ガソリン車は1.5Lエンジンを搭載

馬力は131PSで燃費は19.6km/L~21.2km/L

ハイブリッド車は1.5Lエンジン+モーター

馬力はエンジンが132PS、モーターは29.5PS

燃費は21.6km/L~26.0km/L

 

改良ポイント

外装デザインや、インテリアの質感走行性能が改良されています。

また、“Apple CarPlay”“Android Auto”新たに対応したのもポイントです。

ハイブリッドシステムも改良されていて加速フィールの改善や、ブレーキペダルの構造を改良することによってよりスムーズにブレーキを掛けられるようになっています。

自動ブレーキを含む “Honda SENSING”が全グレードに標準装備となった点は大きいです。

ガソリンモデルの燃費もよくなっており、ハイブリッド車とガソリン車共に4WDシステムに改良がされています。

さらに、静粛性にも改良がされておりより静かに車が走る工夫がされています。

 

自動ブレーキは全車標準装備

改良ポイントにも書きましたが、自動ブレーキが全車標準装備となりました。

但し、自動ブレーキを含む”Honda SENSING”を装備しないグレードも選択できます。

 

明るいLEDヘッドライトは全車標準装備

夜道で安全に走れる明るいLEDヘッドライトは全車標準装備となっています。

但し、”Honda SENSING”を装備しないグレードではハロゲンヘッドライトとなります。

 

安全性を考えると”HYBRID Honda SENSING”と”G Honda SENSING”以外のグレードがオススメ

サイドエアバッグはこの二つのグレードには装備されていません

オプションでも選択できないため、安全性を考えるとこの二つのグレード以外を選択することをオススメします。

 

寒い地域では”HYBRID Honda SENSING”と”G Honda SENSING”以外のグレードがオススメ

この二つのグレードではシートヒーターが装備できません

これ以外のグレードでも、”X”が付いているグレードではFF車にオプションとなります。(4WD車には標準装備)

シートヒーターは寒い地域に住む方にはオススメです。

 

パドルシフトはハイブリッドとガソリン車のRSに標準装備

自分でギアを選べてスポーティに走れるパドルシフトはハイブリッド車とRSに標準装備です。

スポーティに走りたい方にはオススメです。

 

スポーティに走るなら”RS”が付いているグレードがオススメ

外装的なスポーティさよりも、走りの質感のスポーティさを目指したグレードです。

ボディの細かい振動を抑えてくれる”パフォーマンスダンパー”が装備されています。

”HYBRID Z”にも装備されていますが、RSの場合は専用チューンとなっています。

さらにハンドルに対して車がクイックに反応するようにハンドル関係の機構(ステアリングギアレシオ)がチューニングされています。

ガソリン車ではCVTにも専用チューンがされていてよりスポーティになっています。

 

オススメグレードは”X Honda SENSING”か”HYBRID X Honda SENSING”

スムーズな走りを求めるなら“X Honda SENSING”がオススメです。

ガソリン車グレードは従来からあるスムーズに走ることのできるCVTを使っていて、技術的に信頼できます

そして、燃費や走りのダイレクトさを求めるのであれば“HYBRID X Honda SENSING”です。

ハイブリッド車グレードはツインクラッチ式ATにモーターを組み合わせているため、高い燃費性能や、ダイレクトな走りが特徴です。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告