ダイハツのタントとムーブキャンバスを比較!どう違う?

今回はダイハツタントとダイハツムーブキャンバスを比較解説していきます。

 

一見するとデザインの違いだけに感じる2台。

その違いはどの辺りにあるのでしょう?

 

それぞれのコンセプト

タントのコンセプトは“究極の自由空間”

使い勝手と開放感を追求し、左側ドアがピラーレスとなる”ミラクルオープンドア”を採用するなど機能性を重視しています。

ムーブキャンバスのコンセプトは“自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う軽自動車”

デザイン性と機能性を両立した幅広い世代で使いやすい軽自動車を目指して開発されています。

 

広告

価格

タント

1,220,400円 ~ 1,657,800円

ムーブキャンバス

1,188,000円 ~ 1,668,600円

 

広告

燃費

タント

FF

26.0km/L~28.0km/L

4WD

24.6km/L~25.8km/L

ムーブキャンバス

FF

28.6km/L

4WD

27.4km/L

 

自動ブレーキは両車種ともグレード別装備

ダイハツの自動ブレーキなどが含まれた先進安全技術である“スマアシⅢ”が搭載されているグレードに“SAⅢ”という表示が付いています。

スマアシⅢが標準装備ではないグレードでは“SAⅢ”が付いているグレードと付いていないグレードがあり、スマアシⅢが事実上のオプション扱いとなります。

タントでは“X”“L”でスマアシⅢがオプション、ムーブキャンバスでは“L”でスマアシⅢがオプション扱いとなります。

スマアシⅢは後付することができません

価格的には6~7万円で装備ができる装備なので、スマアシⅢがオプションのグレードでは装備することをオススメします。

 

安全性を重視するならタントの”G”グレードかムーブキャンバスの”メイクアップ”グレードがオススメ

側面衝突で乗員を守るサイドエアバッグがタントの“G”グレードではオプション、ムーブキャンバスの“メイクアップ”グレードでは標準装備となっています。

特に軽自動車は車幅が狭いですから側面からの衝撃に対しては厳しいものがあります。

安全性を考えるならサイドエアバッグが付いたグレードを選ぶことをオススメします。

 

高速道路や坂道を頻繁に走るならタントがオススメ

タントにはパワフルなターボ付きのグレードがあります。

街中では十分な軽自動車も高速道路や坂道を走ると力不足に感じることがおおいです。

高速道路や坂道を走るならタントの“Xターボ”がオススメです。

 

タントの左側ドアはピラーレス

タントの左側ドアはピラーレスとなっており、助手席ドアと左側スライドドアの間に支柱がありません。

その為、助手席ドアと左側スライドドアを開けるとドアを広くすることができます。

 

シートアレンジの違い

タントでは後部座席をトランクと同じ高さに倒すことができて、さらに助手席を前に倒すことで長いものも積みやすくできるフルフラット機能が付いています。

それに対してキャンバスでは助手席のヘッドレストを外して寝かせることで後部座席から助手席までがフラットに近い状態にできる機能が付いています。

長い物を積んだり脚を伸ばしてくつろぐことができる機能となっています。

さらに、シートの下に収納スペースがあり、小物を入れたり収納スペースを引き出したまま使うことで床に置きたくないものを置くことができる機能があります。

ただし、収納スペースがある代わりにタントとは違いフルフラット機能が付いていないことが大きな違いです。

 

オシャレさを重視するならムーブキャンバス

ムーブキャンバスの特徴はなんと言ってもその外見です。

オシャレでかわいい印象の強いモデルとなっており、デザインをより際立たせるオプションなども豊富です。

オシャレさを重視するならムーブキャンバスがオススメです。

 

LEDヘッドライト

明るいLEDヘッドライトはタントの“G” “Xターボ” “X”グレードでオプション、ムーブキャンバスの“G”グレードに標準装備となっています。

他のグレードには装備ができないため、夜道を頻繁に走るならLEDヘッドライトの設定があるグレードがオススメです。

 

実用性のタントに、オシャレさが特徴のムーブキャンバス

メーカーも色々考えつつ作っている為、使い勝手の部分ではそれぞれの車に良い所と悪いところがあります。

普段どのように車を使うかによって良いところと悪いところは変わってきます。

使い勝手の部分ではそういった相性が重要となるため、実際に車をしっかり確認することが必要となります。

装備的な部分では、エンジンパワーやピラーレスのドアを必要とするならタントがオススメですし、オシャレさを重視するならムーブキャンバスがオススメです。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告