ダイハツアトレーワゴンの特徴を解説!ハイゼットカーゴとはどこが違う?

今回はダイハツの軽ワンボックス、アトレーを解説していきます。

 

一見するとハイゼットカーゴと同じに見えるアトレーワゴン。

特徴やハイゼットカーゴとの違いはどこにあるのでしょう?

 

価格

カスタムターボRS “SA Ⅲ” (2WD/4WD)

1,533,600円 / 1,668,600円

カスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ” (2WD/4WD)

1,652,400円 / 1,787,400円

 

広告

エンジン

直列3気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載。

馬力は64PS / 5,700rpm

 

広告

ハイゼットカーゴとの違い

一番目立つところではボディーカラーが変わっています。

さらに、ホイールがハイゼットカーゴではスチールホイールだったものがアトレーワゴンではアルミホイールに変更されています。

また、内装の質感がアトレーワゴンでは良くなっており、ハイゼットカーゴではマニュアルエアコンのみだったものが、アトレーワゴンではオートエアコンに変更されています。

ハイゼットカーゴでは設定がなかったパワースライドドアがアトレーワゴンには設定されていることも特徴です。

 

スマアシⅢは全車標準装備

ダイハツの予防安全機能”スマアシⅢ”は全車標準装備となっています。

 

LEDヘッドライト

明るいLEDヘッドライトはカスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”に標準装備カスタムターボRS “SA Ⅲ” にLEDフォグランプとのセットオプションとなっています。

カスタムターボRS “SA Ⅲ”にはハロゲンヘッドライトが標準装備となっていますから夜走る機会が多い方にはLEDヘッドライトをオススメします。

 

サイドエアバッグは設定無し

残念なことに側面からの衝突で乗員を守ってくれるサイドエアバッグは設定されていません。

 

パワースライドドア

パワースライドドアはカスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”に標準装備となっています。

カスタムターボRS “SA Ⅲ”にはパワースライドドアの設定がないため、後席に頻繁に人を乗せる場合にはカスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”をオススメします。

 

寒い地域ではリアヒーターが付く”寒冷地仕様”がオススメ

室内空間が広いアトレーワゴン。

前のエアコンのみで暖めようとするには少し広すぎる室内空間です。

寒冷地仕様を選ぶとリアヒーターが付くため、広い室内空間を効果的に暖めることが可能です。

後席に乗せる機会が多いなら寒冷地仕様がオススメです。

 

オススメグレードはカスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”

価格差は12万円ほどと非常に小さいものです。

しかし、“リミテッド”は装備内容的には非常に充実しており、LEDヘッドライトなどの重要な装備が標準装備になっていたりしてとてもお得です。

アトレーワゴンを買うのであれば、カスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”がオススメです。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告