新型三菱デリカD:5の特徴を解説!自動ブレーキは付いている?

 

2018年11月21日から予約注文の受付を開始した新型三菱デリカD:5の特徴を解説していきます。

※価格などは未発表のため今回の記事では大まかな価格帯を掲載しています。

三菱デリカD:5ってどんな車?

コンセプト

デリカD:5のコンセプトは”様々な道路状況において、乗員や荷物を目的地まで確実に運ぶクルマ”。

三菱の持つ優れた4WD技術などによる高い走破性をもつミニバンとなっています。

 

特徴

本格的な4WDシステムをもち、さらにクリーンディーゼルエンジンを組み合わせることによりパワフルかつ低燃費さを兼ね備えたミニバンになっています。

走行性能の高さだけではなく、上質な内装デザインやアクティブな外装デザインも持ち合わせているため近年のミニバンらしい威厳に満ちたクルマに仕上がっていることも特徴的です。

さらに、今回通常モデルの”デリカD:5″に加えて、より高級感の高いモデル”デリカD:5 URBAN GEAR”が追加されました。

通常モデルの”デリカD:5″が従来からの走破性の高いミニバンとしてのイメージが強いデザインなのにたいして”デリカD:5 URBAN GEAR”では高級感をもった都会的な印象が強いアグレッシブなデザインが採用されています。

LEDヘッドライトを全グレード標準装備(ハイビーム、ロービーム共に)とすることによって斬新なデザインとなっていることも特徴でしょう。

なお、2018年11月21日に予約受付を開始したのは新型デリカD:5のディーゼルエンジンモデルのみとなっており、ガソリンエンジンモデルに関しては従来モデルが継続して販売されるようです。

また、今回の新型はモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジ(大幅改良)となります。

  

グレード構成

デリカD:5

M / G / G-Power Package / P

※Mグレードは8人乗りのみ、他のグレードは7人乗りと8人乗りが選択可能

 

デリカD:5 URBAN GEAR

G / G-Power Package

※7人乗りと8人乗りが選択可能

 

価格

11月21日時点での予定メーカー希望小売価格は約385万円~約425万円となっています。(細かいグレードごとの価格は未発表)

 

パワートレーン

2.2L直噴ディーゼルターボエンジン+8AT

 

燃費

未発表

 

安全装備

カーテンエアバッグは全車標準装備となっています。

さらに自動ブレーキを含む先進安全機能”e-Assist”も全車標準装備です。

“e-Assist”の機能一覧

※の付いた機能は”M” “G”に非装備となります。 ( “G-Power Package”にオプション設定、”P”に標準装備)

衝突被害軽減ブレーキシステム・・・所謂自動ブレーキ機能。レーザーレーダーとカメラ、電波式レーダーを併用したシステムになります。

車線逸脱警報システム・・・車線をはみ出しそうになると警告してくれるシステム。

レーダークルーズコントロールシステム・・・設定した速度を維持してくれる機能。先行車がいるときには先行車との車間を一定に保つように自動的に加速、減速、停止をしてくれます。

オートマチックハイビーム・・・周囲の明るさや対向車の有無によって自動的にハイビーム/ロービームを切り替えてくれる機能。

後側方車両検知警報システム※・・・斜め後ろに存在する車両を検知して警告表示してくれる機能。斜め後ろに車両がいるときにウインカーを出すとブザー音も鳴ります。

後退時車両検知警報システム※・・・後退時に後ろを横方向に通過する車両を検知して警告してくれる機能。前向き駐車からの出庫時に効果があります。

  

広告

グレードごとの特徴

デリカD:5

M (8人乗り)

このグレードは8人乗り仕様のみとなっています。

トランク側面のアクセサリーソケット(シガーソケット)が省かれているほか、運転席側リアパワースライドドアも省かれています。(助手席側リアパワースライドドアは標準装備)

三菱の先進安全機能 “e-Assist” の機能もやや制限があり、後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システムが非装備となります。(オプション設定なし)

それ以外にフロアコンソールボックスに設けられたAC100V電源も省かれていたり、自動防眩ルームミラーやマルチアラウンドモニターがオプション設定されていないなど制約も多めのグレードになります。

パワーシート、運転席助手席シートヒーターがセットオプションとなります。

このグレードでは他のグレードのタイヤが18インチを採用しているのに対して、このグレードでは16インチを採用しているためタイヤの交換費用が安くなります。

年間走行距離が多い方にオススメのグレードです。

  

G (8人乗り / 7人乗り)

このグレードから8人乗り仕様と7人乗り仕様を選択することができます。

Mグレードで装備されていなかったトランク側面のアクセサリーソケットや運転席側リアパワースライドドアがこのグレードから標準装備となります。

また、このグレードも”M”と同様に後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システムが非装備となります。(オプション設定なし)

さらに、このグレードからタイヤは18インチが標準装備となり、7人乗り仕様では本革シートがオプション装備可能となります。(本革シートはパワーシート、運転席助手席シートヒーターとセットオプション)

パワーシートと運転席助手席シートヒーターは8人乗り・7人乗りともにオプション設定可能です。

Mグレードで装備できなかった自動防眩ルームミラーやマルチアラウンドモニターがオプション設定されます。

マルチアラウンドモニターを装備した場合、左前方についているサイドアンダーミラーが非装備になります。

G-Power Package (8人乗り / 7人乗り)

Gグレードにパワーテールゲート(トランク電動開閉機構)が装備されたグレードになります。

このグレードには後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システムがオプション設定されています。

パワーシートと運転席助手席シートヒーターは標準装備となり、本革シートはオプションです。

 

P (8人乗り / 7人乗り )

このグレードは唯一後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システム及び、自動防眩ルームミラーとマルチアラウンドモニターが標準装備となります。

外装でもやや変更がありフォグランプ周りのデザインが変わり、マルチアラウンドモニターが標準装備されているためサイドアンダーミラーが非装備となります。

 

デリカD:5  URBAN GEAR 

“G” と “G-Power Package” の二つのグレードがあり、外装デザイン以外のパーツは通常グレードと同じになります。

通常モデルでは内装カラーをベージュとブラックから選択できますが、”URBAN GEAR”ではブラックのみとなります。

広告

オススメグレードは?

価格が出ていないため難しいですが、実用性を重視するのであれば”M”グレードがオススメです。

タイヤ代は安くつきますし、機能的にもあまり大きな制限はありません。

ただし、運転が苦手な方であればこのグレードは避けてマルチアラウンドモニターが装着できるグレードにしたほうが良いでしょう。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

新車の無料見積ならオートックワン!

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告