日産デイズルークスの特徴を解説!価格は?デイズとの違いは何?

今回は2018年5月の改良以後のモデルに関して解説していきます。

 

日産デイズルークス (DAYZ ROOX) ってどんなクルマ?

特徴

デイズルークスはスーパーハイトワゴンと呼ばれるような背がとても高い日産の軽自動車です。

三菱自動車との共同開発された車種で三菱自動車ではデザインなどを変更してekスペースとして販売されています。

デイズと同じように予防安全装備が特徴の車種です。

自動ブレーキ機能のインテリジェントエマージェンシーブレーキは全車標準装備となり、踏み間違い衝突防止アシストについても全車標準装備となります。

ただし、車線逸脱警報に関してはハイウェイスターグレードのみに標準装備となります。

踏み間違いによる事故を予防する機能では歩行者は検知しないのが一般的ですが、デイズルークスの踏み間違い防止アシストでは、歩行者も検知して作動することが特徴です。

デイズでは後席が普通のドアだったのにたいして、デイズルークスでは後席は両側スライドドアとなります。

さらに、デイズよりも全高が高いこともデイズルークスの特徴です。

 

グレード構成

S [ CVT ] ( FF / 4WD )

X [ CVT ] ( FF / 4WD )

X Vセレクション [ CVT ] ( FF / 4WD )

ハイウェイスターX [ CVT ] ( FF / 4WD )

ハイウェイスターXターボ [ CVT ] ( FF / 4WD )

ハイウェイスターX Vセレクション [ CVT ] ( FF / 4WD )

ハイウェイスターX Gパッケージ [ CVT ] ( FF / 4WD )

ハイウェイスターGターボ [ CVT ] ( FF / 4WD )

 

オーテック仕様

ボレロ [ CVT ] ( FF / 4WD )

ライダー ( ハイウェイスターXベース ) [ CVT ] ( FF )

ライダー ( ハイウェイスターX Gパッケージベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

ライダー ( ハイウェイスターXターボベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

ライダー ( ハイウェイスターGターボベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

 

価格

S [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,317,600円 / 1,438,560円

X [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,436,400円 / 1,557,360円

X Vセレクション [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,501,200円 / 1,622,160円

ハイウェイスターX [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,639,440円 / 1,760,400円

ハイウェイスターXターボ [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,671,840円 / 1,792,800円

ハイウェイスターX Vセレクション [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,704,240円 / 1,825,200円

ハイウェイスターX Gパッケージ [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,711,800円 / 1,832,760円

ハイウェイスターGターボ [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,765,800円 / 1,886,760円

 

オーテック仕様

ボレロ [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,595,160円 / 1,702,080円

ライダー ( ハイウェイスターXベース ) [ CVT ] ( FF )

1,826,280円

ライダー ( ハイウェイスターXターボベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,858,680円 / 1,965,600円

ライダー ( ハイウェイスターX Gパッケージベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,898,640円 / 2,005,560円

ライダー ( ハイウェイスターGターボベース ) [ CVT ] ( FF / 4WD )

1,952,640円 / 2,059,560円

 

パワートレーン

ターボ無しグレード

660CC 直列3気筒 エンジン

49PS / 6500rpm

6.0kgf-m / 5000rpm

 

ターボ付きグレード

660CC 直列3気筒ターボエンジン

64PS / 6000rpm

10.0kgf-m / 3000rpm

 

燃費 ( JC08 )

S ( FF / 4WD )

22.0 / 21.8

X / X Vセレクション / ハイウェイスターX / ハイウェイスターX Vセレクション / ハイウェイスターX Gパッケージ ( FF / 4WD )

22.0 / 20.6

ハイウェイスターXターボ / ハイウェイスターGターボ ( FF / 4WD )

22.2 / 20.4

ボレロ・ライダーは持込みによる登録のため燃費の公表なし。

※単位はkm/L

 

安全装備

通常のデイズと違い、デイズルークスではサイドエアバッグが全車標準装備となっています。

カーテンエアバッグは装備できませんが、サイドエアバッグが全車標準装備となっていることは大きなポイントでしょう。

予防安全装備については自動ブレーキ機能のインテリジェントエマージェンシーブレーキと、踏み間違い衝突防止アシスト ( 歩行者対応 ) が全車標準装備となっています。

車線逸脱警報に関してはハイウェイスターグレードに標準装備となります

衝突した際の安全装備が貧弱な印象のあった通常のデイズに比べるとデイズルークスは衝突した際の安全装備と予防安全装備、両方が充実している印象が強いです。

 

日産デイズルークスの予防安全装備一覧

インテリジェントエマージェンシーブレーキ

踏み間違い衝突防止アシスト ( 前後 )

車線逸脱警報 ( LDW ) ※ハイウェイスターグレードに標準装備

ハイビームアシスト ※ハイウェイスターグレードに標準装備

 

広告

グレードごとの特徴

S

デイズルークスのエントリーグレード。

エアコンがマニュアルになっているのをはじめ、盗難防止装置のイモビライザーや後席電動スライドドアなども装備されていないグレードになります。

価格を重視する人にオススメ。

 

X

デイズルークスのベーシックグレード。

このグレードから助手席側後席電動スライドドアが標準装備となります。

 

X Vセレクション

“X” グレードに質感を上げる装備や、両側電動スライドドアなどが装備されたグレード。

アルミホイールも付き、デイズルークスのオススメグレードです。

 

ハイウェイスターX

デイズルークスの上級グレード。

“X” グレードに外装・内装の質感を上げる装備が付いたグレードです。

LEDヘッドライトに関してもこのグレードから標準装備となります。

電動スライドドアは助手席側のみです。

 

ハイウェイスターX Vセレクション

“ハイウェイスターX” グレードに質感をより高める装備や15インチアルミホイールなどが標準装備されたグレードです。

電動スライドドアも両側になります。

 

ハイウェイスターX Gパッケージ

“ハイウェイスターX” グレードに15インチアルミホイールや両側電動スライドドア、6スピーカーが装備されたグレードです。

Vセレクションとの違いは質感をより高める装備がついているかどうかになります。

 

ハイウェイスターXターボ

“ハイウェイスターX” グレードにターボエンジンが組み合わされたグレードです。

電動スライドドアは助手席側のみになります。

 

ハイウェイスターGターボ

“ハイウェイスターX Gパッケージ” グレードにターボエンジンとクルーズコントロールを追加したグレードです。

高速道路を走る方に多い方にオススメのグレードです。

 

オーテック仕様

ボレロ

“X” グレードをベースにおしゃれで質感の高い外装・内装デザインを採用したモデルです。

専用14インチアルミホイールや運転席シートヒーターも装備されます。

寒冷地仕様が標準となります。

 

ライダー

それぞれのベース車を元に存在感のあるカッコいい外装・内装デザインを作用したグレードです。

運転席シートヒーターや専用15インチアルミホイールなども装備されます。

寒冷地仕様が標準となります。

 

広告

オススメグレードは?

質感を特に求めないのであれば、両側スライドドアが標準装備され、アルミホイールになる”X Vセレクション”グレードがオススメです。

もしあなたが質感の高いクルマが好みの場合や、高速道路を頻繁に走る場合には”ハイウェイスターX Gターボ”がオススメでしょう。

 

デイズルークスの総額が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

メールアドレスなどの個人情報を入れなくてはいけないのはやや手間ですが、希望しない訪問などもなく、そのままWeb上で販売ディーラーと価格交渉などができるため便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

デイズルークスの総額が気になる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告