車両保険は付けるべき?金額の決め方は?

自動車保険の項目の一つ、車両保険。

今回はその必要性や金額の決め方についてお話していきます。

車両保険ってなに?

通常、自動車保険には対人補償、対物補償、搭乗者人身傷害補償が付いています。

しかし、ここにはご自身のクルマを修理する費用に関しては含まれません。

そこで登場するのが車両保険です。

ご自身の自動車保険に車両保険を付けると、保険料が高くなる変わりにご自身のクルマの修理費についても補償してくれます。

エコノミー型と呼ばれる廉価型と、通常の車両保険が存在します。

 

エコノミー型車両保険は何が違う?

エコノミー型は他車との接触や盗難、いたずらなど第三者が存在する事故、損害に対して補償してくれる制度です。

他車との接触に限ることから自損事故は補償してくれません。

また、相手がわからない当て逃げに関しても補償されないことから注意が必要です。

よほどの理由がない限りはエコノミー型はオススメしません。

 

広告

車両保険は付けるべき?

これはご自身のクルマの状態によって決まります。

新車で買った場合や、中古車相場が高く車両保険が数十万円付けられるような場合には付けたほうが良いでしょう。

ご自身でクルマをぶつけることはないから要らないと考える方もいるかと思います。

しかし、自損事故以外でもご自身に過失がある場合には車両保険が重要になります。

事故の場合、停止時に追突された場合など一部状態を除いて過失が発生することが多いです。

その場合、過失が1割でもご自身にあるとその割合に応じた修理費はご自身で払わなくてはいけません。

もし車両保険がない場合にはすべて自費での修理となってしまいますから、十分な金額が付けられる場合には車両保険を付けることをオススメします。

 

広告

車両保険はいくらつけるべき?

車両保険の金額はその車種ごとに保険会社によって幅が決まっています。

これは車種や初年度登録によって決まった金額で、グレードなどの違いがあることからある程度幅があります。

新車につける車両保険の金額を決める場合にはその車の新車時の価格と装備品、消費税を含めた金額を参考に決めましょう。

中古車や年数がたったクルマの場合にはご自身のクルマと同じ車種で、年式や走行距離などの条件が近いクルマの中古車価格を参考にすると良いかと思います。

車両保険とそのクルマの時価額(市場価値)がかけ離れている場合には、車両保険を使うときに減額されることがあるので注意してください。

エコノミー型は補償内容が不十分となることから、よほどの理由がない限り一般形などと呼ばれる通常の車両保険をお勧めします。

 

車両保険は付けておけば安心

事故は気を付けていても起きてしまうものです。

軽微な事故であれば良いですが、事故によっては修理費が数十万かかったり、場合によっては廃車になってしまったりすることも。

そういう時、車両保険が付いていれば損を少しでも減らすことができます。

車両保険、検討してみてはいかがですか?

 

自動車保険を少しでも安くするには

車両保険を付けた分保険料を安くしたいと感じるのではないでしょうか?

だからといって必要な補償内容を削ってしまうといざとなった時に後悔することも・・・。

実は自動車保険は同じ補償内容でも値段の違いがあり、一番安い保険会社は車種、使い方などによって変化します。

私の場合、会社によって1万円程度差額がでたこともあります。

そんな時には自動車保険の一括見積サービスを利用してみては?

無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

一括見積サービスでは多数の保険会社の見積もりを同条件で計算することができます。

お使いのクルマや使い方、年齢に合わせて一番安い自動車保険を探すことができ補償内容を削ることなく、より安い自動車保険を探すことができます。

また、場合によっては不必要な補償を付けていることもあることから、これを機に補償内容を見なおす良い機会になるのではないでしょうか?

 

広告