日産デイズのおすすめポイント6選!デイズを買うべき理由とは?

今回は2019年3月に発売された日産デイズのオススメポイントを紹介してみます。

日産デイズの特徴

日産デイズは日産と三菱が共同で開発した自動車です。

三菱からはekワゴンとして販売されています。

日産デイズには通常モデルに加えて豪華仕様の”ハイウェイスター”と、よりオシャレな”ボレロ”が存在し、エンジンは52PSの自然吸気エンジンと、パワフルな64PSのターボエンジンが組み合わされます。

  

日産デイズのオススメポイント

  • 充実した安全装備
  • プロパイロットが付く
  • 軽自動車初の緊急通報機能
  • 予防安全装備のレスオプションもある
  • 電動パーキングブレーキが付く
  • 乗り降りがしやすい

 

充実した安全装備

自動ブレーキなどの予防安全装備が全車標準装備なのはもちろん、側面衝突で乗員を守るサイド・カーテンエアバッグも全車標準装備となっています。

車幅が狭く側面から衝突された時には不利になりやすい軽自動車だからこそ、サイド・カーテンエアバッグは重要です。

特にカーテンエアバッグは後席までカバーできることから家族の命を守る大切な装備でもあります。

 

プロパイロットが付く

街乗りに最適な軽自動車とはいえ高速道路を走る機会はありますよね。

そんな時に便利なのがプロパイロットです。

セレナやエクストレイルのCMで”同一車線自動運転技術”という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

プロパイロットはその名の通り、クルマが自動的に前の車に速度を合わせてくれたりハンドルを操作して車線を維持してくれる自動運転のような機能です。

正確には自動運転ではないことからドライバーは常にハンドルに手を添えている必要があり、さらにクルマが安全に走行しているかドライバーが監視して何かあったらすぐに運転できるようにしておかなければなりません。

しかし、それでも高速道路を走る際の疲労は大幅に軽減されます。

高速道路を走る機会が多い方にはとてもオススメの機能です。

ハイウェイスターのプロパイロットエディションに装備されます。

 

軽自動車初の緊急通報機能

事故が起きてしまった時あなたは冷静に行動できる自信がありますか?

事故対応になれている人というのはあまりいないのではないかと思います。

そんなときに重要なのが緊急通報機能(SOSコール機能)です。

この機能にはエアバッグが作動すると自動的に通報する機能と、運転席と助手席の間の天井にあるスイッチを操作することで通報できる機能があります。

例えば、エアバッグが展開するような事故が起きた場合、乗っている人の意識がないこともあります。

そんな時にこの機能があれば事故が起きた時点で救急車の手配がされます。

さらに、例えばご家族が急病になったり、ご自身が急病になった際にもこのスイッチを押すだけで通報ができるのです。

さらに、通報の際一番難しいのはご自身がどこにいるか伝えることです。

この機能があれば正確な位置情報も同時にコールセンターに通報されることから、通報から実際に救急車や警察が到着するまでの時間を短縮できるのです。

対応した日産オリジナルナビの取り付けが必要になるなど価格的にデメリットがありますが、もしもの時を考えれば付けて損はない機能なのではないでしょうか?

全車にオプション設定になります。

 

予防安全装備のレスオプションがある

安全装備は重要です。

しかし、同時に価格も重要ですよね。

そんな方に用意されたのが予防安全装備を外すオプションです。

S、X、ハイウェイスターXに適応できるこの予防安全装備レスオプションは4万2120円分価格を下げることが可能です。

プロパイロットが付いているクルマには適応できませんが、少しでも価格を安くしたい方には嬉しいオプションでしょう。

 

電動パーキングブレーキが付く

プロパイロットエディションには電動パーキングブレーキが標準装備されます。

これは通常ペダルやレバーで作動させるパーキングブレーキ(サイドブレーキ)をスイッチ一つで作動させることができる機能です。

解除時には手動で操作する必要はなく、DレンジやRレンジに入れてアクセルを軽く踏むだけで自動解除されます。

勿論スイッチで手動解除することも可能です。

さらに、オートブレーキホールド機能を作動させれば信号待ちなどで停止後にブレーキペダルから足を離してもブレーキがかかったままになり便利です。

プロパイロットエディションに標準装備、ハイウェイスターXにオプション設定です。

 

乗り降りがしやすい

スライドドアを採用している他車種では、ドアが後席座面の前端部分までしか開きません。

それに比べて日産デイズではスライドドアではなく普通のドアを採用したことで、背もたれの近くまでドア開口部となることで後席へ乗り降りがしやすくなっています。

 

日産デイズのここがダメ

スライドドアを採用していないことからスーパーなどの狭い駐車場では乗り降りし難いことがあります。

乗りやすさとのトレードオフになるでしょう。

小さなお子さんがいる家庭には適さないかもしれません。

 

広告

日産デイズはどんな方にオススメ?

安全性を重視する方や後席に大人が座る機会が多い方にオススメです。

特に、ご両親など年配の方が乗る場合にはスライドドアを採用しているライバル車種よりも乗りやすさを実感できる設計です。

カーテンエアバッグも付き、大切なご家族を乗せるクルマとしてよりふさわしい車種になっています。

また、ご家族が運転される場合には緊急通報機能も重要です。

大切なご家族が運転中に事故などのトラブルにあったら。

そんな時にも緊急通報機能があればより安心できることは間違いありません。

安全性を考えればベストな軽自動車と呼べるでしょう。

 

広告

デイズの総額気になりませんか?

クルマを買うときに重要なのはオプションや諸経費含めた値段ですよね。

そんな時自動車メーカーのHPでも見積りを出すことはできますが、諸経費は含まれていないことから総額はわかりません。

もちろんディーラーに行けば見積書をもらえますが、買うかどうか迷っている段階では尻込みしてしまう方もいるかと思います。

そんな方にオススメなのはオートックワンの新車見積です。

オートックワンの新車見積は↓をクリック!

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

オートックワンの新車見積では諸経費も含めた見積りを出すことができます。

この見積りはディーラーが発行したものなので正確な金額を知ることができオススメです。

広告