改良されたレヴォーグはどこが変わった?特別仕様はどこがちがう?

2019年6月27日から販売される改良型レヴォーグ。

同時に特別仕様車も2グレード用意されますがどのような違いがあるのでしょうか?

 

レヴォーグはどんなクルマ?

ツーリングワゴンと呼ばれるジャンルの車種です。

実質レガシーツーリングワゴンの後継のような立ち位置の車種で、1.6リッターターボエンジンと2.0リッターターボエンジンが組み合わされます。

駆動方式はスバルの十八番、4WDのみとなっています。

トランスミッションはCVTです。

予防安全装備”アイサイト”も全車標準装備され、走り・安全性ともに満足度の高いクルマです。

 

広告

改良ポイント

  • ハイビームアシストが作動し始める車速を変更(40km/h→30km/h)
  • 特別仕様車”1.6 STI Sport EyeSight Black Selection”を追加
  • 特別仕様車”2.0 STI Sport EyeSight Black Selection”を追加
  • 特別仕様車”1.6GT-S EyeSight Advantage Line”を追加

 

ハイビームアシストが作動し始める車速を変更

従来は40km/h以上でしか作動しなかったオートハイビーム。

それを30km/hから作動するように変更したのが今回の改良ポイントです。

実際、30km/h程度で走っている時にも安全のためにハイビームにしたくなる場面はあるかと思います。

そんな時にもオートハイビームが使えるようになったことはとても良いことでしょう。

 

特別仕様車”STI Sport EyeSight Black Selection”を追加

”1.6 STI Sport EyeSight”または”2.0 STI Sport EyeSight” に以下の装備が追加になったグレードです。

標準装備

  • 225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
  • ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル
  • ウルトラスエード/本革シート(ブラック、レッドステッチ)(アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能付)
  • スライド機構付コンソールリッド(ブラック+レッドステッチ)
  • ドアトリム/ドアアームレスト(ブラック+レッドステッチ)
  • フロントコンソール(ブラック)(レザー調素材巻+レッドステッチ)

オプション装備

  • RECAROフロントシート+運転席8ウェイパワーシート

 

225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール

ベースモデルではダークグレー塗装となっている18インチホイールが、デザインはそのままでブラック塗装になります。

 

ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル

サテンメッキドアミラーと、メッキドアハンドルがそれぞれブラックのドアミラーとボディ同色ドアハンドルに変更されています。

 

ウルトラスエード/本革シート

本革シートからウルトラスエード/本革コンビシートに変更になっています。

また、カラーリングがボルドー/ブラックのツートーンからブラックへと変更になります。

シートはともにアクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能付となります。

 

スライド機構付コンソールリッド

センターコンソールがボルドー/ブラックのツートーンからブラックへと変更になっています。

 

ドアトリム/ドアアームレスト

ドアの一部カラーがボルドー/ブラックのツートーンからブラックへと変更になっています。

フロントコンソール

シフトレバー周りのカラーリングがボルドー/ブラックのツートーンからブラックへと変更になっています。

 

RECAROフロントシート

RECARO社製シートがオプション設定されています。

 

特別仕様車”1.6GT-S EyeSight Advantage Line”を追加

”1.6GT-S EyeSight”に以下の装備を追加したグレードです。

標準装備

  • アイサイトセイフティプラス(運転支援)
  • アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
  • 18インチアルミホイール(ブラック塗装)&225/45R18タイヤ
  • ブラックカラードドアミラー(フットランプ付)
  • ブラックカラードドアハンドル
  • LEVORGリヤオーナメント(ラスターブラック)
  • シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
  • インパネ加飾パネル:ブルードレープ調+クロームメッキ
  • ウルトラスエード/本革シート(ブルーアクセント、ブルーステッチ)

 

アイサイトセイフティプラスが標準装備

運転支援

スバルリヤビークルディテクションとハイビームアシスト、自動防眩ルームミラーが標準装備になります。

 

スバルリヤビークルディテクションとは?

車線変更の際に左右後方の死角付近にいるクルマを検知して教えてくれる機能です。

また、後退時に後方を横切るクルマがいる際にも警告してくれます。

 

視界拡張

スマートリヤビューミラーとフロント&サイドビューモニターが標準装備になります。

スマートリヤビューミラーとは?

ルームミラーに後ろの窓についたカメラ映像を映す機能を備えたものです。

通常のミラーにも切り替えることができます。

 

外装での変更点

ホイール、ドアミラー、ドアノブがブラック塗装

 

リアのバッジがブラックに変更

 

内装

ウルトラスエード/本革シート
ブルードレープ調+クロームメッキのインパネ加飾パネル

シートがファブリック(布製)シートからウルトラスエード/本革のコンビシートに変更されています。

また、カラーリング自体もブルー/ブラックのツートーンになり、ステッチ(縫い目)もブルーステッチとなります。

また、フロントダッシュボードの加飾パネルのカラーリングが変更されています。

 

広告

価格

”1.6 STI Sport EyeSight”

3,564,000円

”2.0 STI Sport EyeSight”

4,050,000円

”1.6GT-S EyeSight Advantage Line”

3,348,000円

広告