左足ブレーキのメリット・デメリット

レースの世界ではAT車のみならず、MT車でも使われることのある左足ブレーキ。

今回はそのメリットやデメリットについてです。

 

左足ブレーキって何?

その名の通り、ブレーキペダルを左足で踏むテクニックです。

基本的にクラッチペダルがないAT車で使われるテクニックですが、レースやラリーなどモータースポーツの世界ではMT車でも使われることがあります。

 

広告

左足ブレーキのメリットって?

左足ブレーキはレースなどモータースポーツの世界で使われるくらいですから、明確なメリットが存在します。

 

ブレーキへの踏みかえが早い

右足でブレーキペダルとアクセルペダルを操作するときにはペダルを踏みかえる際に踏みかえ時間が存在します。

ブレーキを踏みたいときにこの踏みかえ時間は意外と影響が大きく、突然の減速が必要なときに右足ブレーキだと若干急ブレーキになってしまうような場面でも、左足ブレーキでは踏みかえ時間がない分余裕ができるのでスムーズに止まることができます。

また、もし急ブレーキが必要なときにも踏みかえ時間がない分、急ブレーキを素早くかけることができるので安全面でもメリットとなります。

 

ペダルの踏み間違いをしにくい

左足でブレーキ、右足でアクセルと完全に分担してしまっていることからペダル踏み間違いをするリスクがほぼありません。

当然、足の位置が大きくずれていればペダルの踏み間違いをすることはありますが、基本的に踏むか離すかという操作になるのでリスクは圧倒的に低くなります。

 

ブレーキペダルを頻繁に踏む場面でも素早く操作できる

街中ではブレーキペダルを頻繁に踏まなくてはいけない場面が存在します。

そういった時にも左足ブレーキであれば踏みかえの時間がない分だけスムーズにブレーキペダルを操作することが可能です。

このメリットは意外と大きく、街中ではかなり運転しやすくなります。

 

エンジンブレーキが弱くても気にならない

AT車は燃費を重視するのでエンジンブレーキがどうしても弱くなってしまいます。

そうした特徴があることから、速度の増減がある状況では運転のし難さを感じる場面が多くなってしまいます。

そういった時にも左足ブレーキを使うことでエンジンブレーキの弱さを補うことができます。

 

このようにメリットを挙げてみましたが、勿論デメリットも存在します。

 

広告

左足ブレーキのデメリット

気づかないうちにブレーキペダルを踏んでしまう

左足ブレーキでは床にかかとを付けた状態でブレーキペダルの上に左足を浮かしておくような姿勢になります。

その際、意識しておかないと気づかないうちにブレーキペダルを踏んでしまうことがあります。

ブレーキランプが点きっぱなしになってしまい追突のリスクが増えるだけではなく、ブレーキが熱くなりすぎてしまうことでブレーキが効かなくなったり、ブレーキパッドが異常摩耗する原因にもなりますから注意が必要です。

 

アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまう可能性がある

急ブレーキをかける場面では両足を突っ張ってしまうことがあります。

それによってアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまうのです。

最近のクルマではブレーキが優先されるようになっていますが、少し前のクルマでは特に優先されるようになっていません。

同時に踏んでしまうとブレーキ性能がガクッと落ちてしまうので注意が必要です。

 

ブレーキランプがたくさん光る

左足ブレーキは便利ですが、その分使いすぎるとブレーキランプがたくさん光ってしまいます。

後ろのクルマからすると非常に鬱陶しく、どこで減速するのかわかりにくくなってしまうのでアクセルオフで済む場面ではブレーキペダルを踏まないといった心持も必要です。

 

左足が疲れる

ブレーキを使わない場面では左足をブレーキペダルの左側に避けてしまえば良いのですが、その状態のままではペダルを踏むまでに踏みかえ時間が発生してしまうので左足ブレーキのメリットを生かせません。

そういった理由でブレーキペダルを踏む可能性のある場面では左足をブレーキペダルの上で浮かせておくわけですが、疲れます。

足をペダルに乗せてしまうと気づかないうちに踏んでしまう可能性があるので仕方ないですが、これが一番感じるデメリットですね。

 

慣れるまでは急ブレーキに注意

左足でブレーキペダルを踏む経験がないことから、慣れるまでは急ブレーキになってしまうことがあります。

MT車に乗ったことがある方の場合、クラッチペダルを踏むように踏んでしまったりすることもあり事故の原因になりかねません。

慣れるまでは前後にクルマがいないような条件で練習しましょう。

 

カーブで身体を支えられない

右足でブレーキペダルを踏んでいる時であれば左足で身体を支えることができますが、左足ブレーキでは両足ともにかかとだけで床についていることから身体を支えにくくなってしまう場面があります。

そういった場面では右足でブレーキを踏むようにする必要があります。

 

まとめ

左足ブレーキは正しく使えば右足でブレーキペダルを踏むより安全に運転ができるテクニックです。

ですが、失敗してしまったり慢心してしまうと事故の原因になってしまいます。

AT車に乗っている方にはお勧めのテクニックではありますが、どうしても慣れないようであれば使わないという決断も必要です。

常に安全運転をするということを肝に銘じて、左足ブレーキを使うかどうか判断して、適切に使うようにしましょう。

 

 

広告