MT車のエンジン回転数の目安はある?坂道ではどうするのが良い?

MT車は自由度が高い分、悩むことも多いですよね。

今回はエンジン回転数についてです。

MT車のエンジン回転数の目安

MT車のエンジン回転数の目安は一定速度で走っている時と加速時で少し違います。

基本的に一定速度で走っている時には燃費を考えるとできるだけ低いエンジン回転数で走るのが良いですし、加速時にはエンジンが十分なパワーを出せるエンジン回転数を選ぶ必要があります。

一定速度で走っている時には1500回転~2000回転、加速時には2000回転~4000回転くらいが目安になります。

 

広告

エンジン回転数の選び方

MT車はなぜそのエンジン回転数を選ぶべきなのかがわかるともっとスムーズな運転ができるようになります。

エンジン回転数というのはその時に必要なパワーに合わせて選ぶのが基本です。

ですから、一定速度で走っている時には低いエンジン回転数でよく、加速時にはパワーを出すために高めのエンジン回転数が必要なんですね。

ただし一定速度で走っている時でもその時のギアや速度によって必要なエンジン回転数というのは変わってきます。

また、パワー以外にエンジンの振動という要素もエンジン回転数の選び方には大切です。

低いエンジン回転数でアクセルを強く踏み込むとエンジンの爆発が強くなりエンジンの振動も多くなるからです。

エンジンの振動というのは乗り心地が悪くなるだけではなく、MT本体やクラッチなどに対しても悪影響ですからあまり強くなりすぎないのが理想です。

つまり、エンジン回転数はエンジンの振動が大きくなりすぎず、その時に必要なパワーが出せるようにエンジン回転数を選ぶ必要があります。

 

最大の加速力

最大の加速力が必要なときにはエンジン回転計(タコメーター)の赤いところ(レッドゾーン)の近くまでエンジンを回す必要があります。

レッドゾーンはエンジンが壊れてしまうエンジン回転数ですが、その手前までは使っても問題にはなりません。

レッドゾーンの手前までを目安にエンジンを使うと良いでしょう。

ただし、ディーゼルエンジンなどの場合にはレッドゾーン直前はパワーがない場合もありますから加速力が鈍り始める手前までにしておくと良いです。

 

燃費

効率といった面まで考えると少し変わってきますが、基本的に燃費が良くなるのはエンジン回転数が低い時です。

つまり、振動が少なくエンジン回転数が最も低くなるように走ることになるんですね。

最近のMT車は低回転でも振動なく走れるように工夫されてはいますが、振動が少ないからといって低いエンジン回転数で走らせ続けると早い段階で異音の原因になります。

4速以上のギアでは最低でも1500回転以上を維持することが理想的です。

3速以下のギアであれば1200回転以上であれば大きな問題にはならないでしょう。

 

発進加速時

発進加速時には加速に合わせたエンジン回転数を使うようにしましょう。

軽いアクセル操作で少し高めのエンジン回転数まで回して走るのが最も簡単な走り方です。

音は大きくなりますが、ギアチェンジの時のショックを減らしやすいからです。

ただし、低めのエンジン回転数でアクセルを深めに踏み込んで加速させるほうが燃費という面では良くなります。

アクセルを深めに踏みつつエンジン回転数を低く保つ場合にはギアチェンジが頻繁になり、しかもアクセル操作量も多くなるので難易度は高いです。

 

広告

エンジン回転数の選び方のポイント

エンジン回転数の選び方のポイントはアクセルペダルを踏んでいったときに加速がついてこなくなるポイントを把握することです。

低めのエンジン回転数でアクセルペダルを踏んでいくとあるところから加速が強くならない領域に入ります。

そこから先はいくらアクセルペダルを踏んでも加速はしません。

ですからMT車を加速させるときにはそうなる前にシフトダウンをしてエンジン回転数を高くしてあげる必要があります。

エンジン回転数を選ぶときの目安はアクセルペダルを踏んでも加速しない領域に入らない範囲で振動が大きくなりすぎない範囲でエンジン回転数をできるだけ低くするのがポイントです。

ただし、上り坂ではギリギリまでエンジン回転数を落としてしまうとどんどん速度が落ちて失速してしまうことがあります。

速度が落ちてしまうと困るときや、合流など加速が必要になりそうなときには少し高めのエンジン回転数にすることでエンジンに余裕を持たせるのも大切です。

 

AT車と同じはダメ

AT車ではエンジン回転数が1000回転くらいを維持して走らせるクルマも多くあると思います。

元々効率が良くないAT車では燃費を良くするためにエンジン回転数を極限まで低くしないといけないからです。

しかしそこで問題になるのはエンジン内部の爆発による振動です。

AT車では振動を逃がすために電子制御によって工夫をしていますが、MT車ではそれができません。

エンジンというのは爆発による力によってタイヤを回していますから、爆発が強くなると振動が大きくなります。

エンジン回転数が高くなると爆発の頻度が細かくなるので振動が小さくなりますが、エンジン回転数が低いときには振動がとても大きいんです。

これは爆発による振動なので、クラッチによって物理的に繋がっているMT車では特に壊れやすくなってしまう、というわけです。

最近のAT車はロックアップクラッチというクラッチ板によってトルクコンバーター(トルコン)を直結させているクルマが多く、燃費がとても良いです。

しかし、ロックアップクラッチによってトルコンを直結させてしまうとMT車と同じように振動が酷くなってしまうので、実はAT車では半クラッチを上手く使って振動を逃がしています。

フレックスロックアップと呼ばれる制御ですが、これがあるのでAT車はエンジン回転数を1000回転近くまで落としても大丈夫なんです。

半クラッチと言ってもMT車の半クラッチのように明確な滑りではなく、振動を逃がすだけの細かい滑りなのでロックアップクラッチが壊れる心配もいりません。

こういった微細な半クラッチ制御はAT車だけではなくクラッチ板を使ったAT車(DSGやAGSなどのAMT)にも採用されています。

 

エンジン回転数の選び方まとめ

  • 燃費が良いのはエンジン回転数が低いとき
  • 最も加速が良いのはエンジン回転数がレッドゾーン近くの時
  • エンジン回転数は振動が出ない範囲でできるだけ低く保つ
  • パワーが出なくなるポイントを見極めてエンジン回転数を選ぶ
  • パワーや加速力が必要になる状況では余裕を持ったエンジン回転数を選ぶ

 

広告