半クラッチでエンストしないコツはある?

半クラッチ、難しいですよね。

今回は発進でエンストしないコツについてです。

半クラッチでエンストしないコツ

  • ミートポイントからクラッチペダルをゆっくり動かす
  • エンストしそうになったらクラッチペダルを少し戻す
  • クラッチペダルに合わせてアクセルペダルを少し踏み込む

基本的にMT車でエンストするのはエンジンのパワーやクルマの速度に対してクラッチペダルの動きが速すぎることが原因です。

エンジンのパワーが十分あるならクラッチペダルを一気に離してもエンストしないんですね。(その代わり急発進します)

また、クルマの速度が十分でていればエンジンパワーない状態でクラッチペダルを一気に離してもエンストしません。

ですからエンストを防ぐにはクラッチペダルの動きに合わせてアクセルペダルを踏んであげるか、速度が上がってくるのに合わせてクラッチペダルを徐々に離してあげればエンストは防げます。

もしエンジン回転数が一気に落ちてしまってエンストしそうになったらクラッチペダルの動きを止めて、逆にほんの少しだけクラッチペダルを踏んでエンジンの負担を減らしてあげる必要があります。

その時に発進がスムーズにできないようなら少しだけアクセルペダルを踏み足してから少しずつ半クラッチを戻してくると良いでしょう。

とはいえ、MT車はそれが難しいんですよね。

 

広告

MT車でエンストしないために大切なこと

クラッチペダルで加速をコントロールする

”発進をしようとしたら前のクルマが思ったよりも加速しなかった”

そんなことってよくありますよね。

そんな時にはアクセルペダルよりもクラッチペダルで対応しましょう。

アクセルペダルというのはエンジンのパワーをコントロールしています。

ですから加速を抑えたいときにアクセルペダルを戻してしまうとクラッチの抵抗に対してエンジンパワーが不足してしまいます。

その為エンストしてしまうんですね。

加速を抑えたいときにはアクセルペダルを戻すよりも先にクラッチペダルの動きを止めるか、クラッチペダルを少し踏むようにしてあげるとエンストを回避できます。

 

遊びを把握する

クラッチペダルには踏み始めと完全に踏んだところに”遊び”が存在します。

つまり踏み始めと完全に踏んだところにはクラッチペダルを動かしてもクルマが反応しない範囲があるんです。

発進で大事なのは完全に踏んだところから半クラッチ状態になる部分を把握することです。

完全に踏んだところから半クラッチになるところまでを知らないまま運転してしまうと、クラッチペダルを戻しているのにクルマが反応しなくて焦ってしまうんです。

そして半クラッチ状態になる直前で一気にクラッチペダルを離してしまってエンストしてしまう・・・。

そんなことが起きます。

ですから、半クラッチが始まる場所を把握しておきましょう。

慣れてくると半クラッチが始まる寸前まで一気にクラッチペダルを動かして、半クラッチが始まったら丁寧に動かせるようになります。

 

エンストしそうになったらクラッチペダルを少し踏み足す

エンストするときはエンジンのパワーが半クラッチに負けてしまっている状態です。

発進時にエンストしそうになったら落ち着いてクラッチペダルを少しだけ踏み足してあげるようにしましょう。

そうするとエンジンの負担が減るのでエンジン回転数が上がりエンストを回避できます。

慌てないでこれができればまずエンストはしなくなります。

この時、坂道などではクラッチペダルを踏みすぎるとクルマが失速して下がってしまうことがあるので注意しましょう。

 

発進する直前からゆっくりクラッチペダルを戻す

実際に発進する瞬間からクラッチペダルを動かすと発進がワンテンポ遅れてしまいます。

遊びがあるので遊びの分だけ実際に動き始めるのが遅れるんですね。

ですから、慣れるまでは実際に発進するほんの少し前から半クラッチの直前まで動かしておくとスムーズに発進できます。

この時、あまりに早いタイミングから半クラッチ状態にしてしまうとクラッチ焼けやクラッチジャダーの原因になるので注意しましょう。

必ず発進する直前に行うようにしてください。

 

慌てない

慌ててしまうと失敗しやすいのが発進です。

常に冷静に的確に操作出来ればエンストはしませんから、ゆっくりでも良いので丁寧に確実に操作するようにしましょう。

 

広告

エンストしそうな雰囲気を感じ取るのが大切

エンストするときにはエンストする寸前に独特の雰囲気があります。

エンジンが苦しい音をたてたり、クルマ自体が振動したりといった具合です。

そうしたちょっとした違和感を感じ取れればエンストもしなくなるでしょう。

ただし、クラッチペダルの動かし方が速すぎるとそうした違和感を感じ取る前にエンストしてしまうことがあります。

まずはクラッチペダルを急いで動かさないように注意しつつ、エンジンの音や振動にも注目してみると良いと思います。

 

広告