1速ギアへのシフトダウンが硬いときの対処法

マニュアル車ではシンクロの強さによって1速ギアや2速ギアへのシフトダウンのしやすさが変わることがあります。

しかし、実は運転方法を見直すことでもシフトダウンのしやすさが変わるんです。

1速ギアや2速ギアへのシフトダウンが硬いとき

1速ギアや2速ギアへのシフトダウンが硬いときには摩耗や故障が原因の時と、クラッチやMT本体についた癖が原因の時があります。

摩耗が原因の時には修理するしかありませんが、クラッチやMT本体についた癖が原因の時には運転方法を変えることで改善することができます。

しかも、実はちょっとした運転の癖がギアの入りにくさに繋がっているんです。

だからこそ多くの人がトラブルを抱えやすかったりします。

 

広告

シフトダウンが硬くなる運転の癖

  • 半クラッチの時にアクセルペダルをたくさん動かす
  • 半クラッチの始まりの部分を使いすぎる
  • ギアを抜く時にゆっくり動かしすぎる

このあたりの癖がシフトダウンの硬さに影響します。

前半二つがクラッチの癖で、最後の一つがMT内部の癖ですね。

 

対処法

半クラッチの時にアクセルペダルを一定にする

半クラッチの時にはできるだけアクセルペダルを一定に保つようにしましょう。

勿論、運転しているといろいろな状況がありますからアクセルペダルを常に一定にするというのは無理だと思います。

ですから、出来るときにはできるだけ一定を保つように意識してください。

すぐには変わりませんが、クラッチ板が馴染むとギアの入りが改善されます。

 

クラッチ板が当たり始める部分は使いすぎないように注意する

半クラッチの時間が短くても、クラッチ板が当たり始める部分(=半クラッチが始まる部分)を使いすぎるとクラッチジャダーの原因になることがあります。

そうするとクラッチジャダーだけではなくギアの入りも悪くなってしまいます。

特に1速ギアや2速ギアへのシフトダウンがかなり硬くなってしまって1速ギアは動いているときにはかなり力入れないとギアが入らなくなることも。

クラッチジャダーが出ていなければギアが入らなくなるほどの症状にはなりませんので、クラッチジャダーが出ていないのにギアが入りにくいときには他の二つが原因の可能性があります。(もちろん100%ではありませんが)

 

ギアを抜く時にゆっくり動かしすぎない

ギアに入った状態からN方向に動かすとき(ギアを抜く時)にはあまりゆっくり動かさないように注意してください。

ギアを抜く時にゆっくり動かしてしまうとシンクロ関係のパーツに癖がついてしまってギアが入りにくくなってしまうことがあるからです。

また、ギアを抜く時も重たくなってしまうのでシフトフィールが悪化する原因です。

ギアを抜く時にはそれなりにスパッと動かすようにしたほうが良いでしょう。

 

広告

必ず良くなるわけではないけれど

走行距離が進んでいたりするとギアチェンジの時に仕事をするシンクロが摩耗して効きが悪くなっていることがあります。

そうするとシフトダウンやシフトアップにかかる時間が長くなってしまいます。

しかも時間を短くしようとして力を入れるとギア鳴きと呼ばれるギア同士がぶつかる音がしてしまうのです。

とはいえ、新車でもギア鳴きが起こってしまうクルマも存在しますからギア鳴きしていても摩耗が原因とも限らないのが難しいところです。

ギア鳴きが毎回起こるようになってしまってもクルマの運転操作の癖を直すとギア鳴きが収まることもあるからです。

ただし、ギアが硬くて入りにくい場合にはシンクロの摩耗というよりも上で説明したクラッチの使い方やシフト操作の癖が原因の可能性が高いです。

 

修理が必要な症状

停止時にクラッチペダルを床まで踏んでいてもすべてのギアが硬くて入らない場合にはクラッチが切れていない可能性があります。

もしその時にエンジンを切ればギアがすんなり入るのであれば、何らかの理由でクラッチペダルを床まで踏んでいてもクラッチ板が触れたままになっている可能性が高いです。

これは修理が必要な症状で、放置しているとMT本体を壊してしまう危険な症状です。

早めに修理工場に持っていきましょう。

今はWeb上で近場の整備工場を検索して問い合わせたりできるサイトもあるので活用してみると良いでしょう。

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

 

シフトダウンが硬いときの対処法まとめ

  • 半クラッチの時にアクセルペダルを一定にするようにに意識する
  • 半クラッチの始まりの部分を使いすぎない
  • ギアを抜く時にはゆっくり動かしすぎずスパッと抜くようにする
広告