MT車で停止時に1速ギアやRギアに入りにくいときはどうする?症状を改善するにはどうすれば良いのか。

MT車で停止時に1速ギアやRギアに入らないことありませんか?

 

MT車で停止時にギアが入らないときの対処法

停止時にギアが入らないときには一度他のギアに入れてから元のギアに入れなおすようにすると良いでしょう。

例えば、1速ギアに入らなかったら3速ギアに一度入れてから1速ギアに入れなおすような形です。

ギアの位置などが原因なので、別のギアに入れることでギアが回転して位置が変わってギアが入るようになります。

どのギアに入れると良いかはクルマによって変わってきます。

試して入れやすくなるギアを探してみると良いでしょう。

この症状は走行時の運転の癖が原因で発生することがあります。

後で解説しますが、運転の仕方を変えることで症状を改善することができるでしょう。

 

すべてのギアに入らないときには要注意

今回の方法が使えるのはクラッチ板などが正常な場合です。

停止時にすべてのギアに入らないときにはクラッチが切れていない可能性があります。

そのまま乗っているとMTを壊してしまうので点検してもらうようにしてください。

また、稀にエンジンをかけた直後にすべてのギアが入らない症状が発生するクルマも存在します。

クラッチ板が貼りついてしまってクラッチが切れない状態になっていることが原因です。

この時には一度エンジンを切ってから5速ギアなどに入れてエンジンをかけると治る場合があります。

この方法はクラッチ板自体が破損する可能性や、急発進してしまう可能性もあるのでやる場合には注意が必要です。

 

広告

ギアが入りにくくなる原因

クラッチが正常なのに、停止時にギアが入りにくくなるのはギア同士の抵抗が増えてしまっていることが原因です。

シフトノブを操作すると本来はギアが押されて回転してギアが入るようになります。

しかしギア同士の抵抗が増えている時にはギアが回転しにくくなっているのでギアがぶつかって入らなくなってしまいます。

走行時や発進時にMTに伝わる衝撃や振動が原因でギア同士の抵抗が増えてしまいます。

できるだけ衝撃を与えないように運転をすることで症状を改善することができるでしょう。

 

症状を改善するコツ

  • ギアチェンジ後はクラッチペダルをミートポイントまで戻してからアクセルを踏む
  • 発進時にはクラッチペダルの位置を一定にする時間を作る
  • クラッチペダルは素早く動かしすぎないように注意する

 

ギアチェンジ後はクラッチペダルをミートポイントまで戻してからアクセルを踏む

ギアチェンジが終わった後にアクセルペダルを踏む場合、クラッチペダルをミートポイント(半クラッチが始まる位置)まで戻してからアクセルペダルを踏むことが大切です。

こうするとクラッチが繋がり始めてからアクセルペダルを踏むのでMTに伝わる衝撃が少なくなります。

この時、ミートポイントまで戻すというのがコツでクラッチを繋ぎすぎると逆にショックが出る原因になるので注意してください。

逆に絶対に避けるべきなのはギアチェンジが終わった後にアクセルペダルを強く踏み込んでからクラッチを繋ぐ行為です。

これはMTに強い衝撃が加わってしまいます。

すぐにギアの入りが悪くなる運転の仕方なので注意しましょう。

 

発進時にはクラッチペダルの位置を一定にする時間を作る

MTに衝撃が伝わらないように発進することも大切です。

発進時にはクラッチペダルの位置を一定にする時間を作るようなイメージでクラッチ操作をすると良いでしょう。

発進するためにクラッチペダルを動かしたら途中でクラッチペダルの動きを止めて、クラッチが完全に繋がるのを待つ時間を作ります。

クラッチペダルの動きを止めるのが早すぎると半クラッチが軽すぎていつまでたってもクラッチが繋がらなくなってしまうので注意しましょう。

エンジン回転数がすこしずつ下がるくらいの半クラッチ状態で一定にするのがコツです。

クラッチがなかなか繋がらなかったりしたら少しアクセルペダルを戻してクラッチが完全に繋がるまで待ってから、クラッチペダルから足を離してアクセルペダルを踏み込むようにしましょう。

 

クラッチペダルは素早く動かしすぎないように注意する

クラッチペダルを素早く動かしすぎるとMTに伝わる衝撃が大きくなってしまいます。

あまりゆっくり動かしすぎても半クラッチが長くなって良くないので、スムーズにクラッチペダルを動かすように意識しましょう。

 

広告

ギアチェンジのタイミングにも注意

エンジンの振動もMTに悪影響があります。

エンジン回転数が低いほど、アクセルペダルを強く踏むほどエンジンの振動は大きくなります。

低いエンジン回転数からアクセルペダルを強く踏んで加速するのは避けたほうが良いでしょう。

例えば低いエンジン回転数の時に強い加速が必要になったら、必ずシフトダウンしてエンジン回転数を高くしてからアクセルペダルを踏むようにしましょう。

また、シフトアップの時にもギアチェンジのタイミングが早すぎると振動が増えて良くないので注意したほうが良いでしょう。

広告