デイライト

日本ではデイライトに対しての理解が遅れてます。

法律面では以前はデイライトとしての効果がかなり下がってしまうレベルの明るさまでしか認可されていませんでした。

最近になり緩和されつつあり、デイライト機能が付いている国産車も多くなりましたが、輸入車ではわざわざ機能を無効化しなくてはならない車種が多いのです。

安全性が向上させるためにはとても良いことですからもっとグローバルスタンダードに近くなるべきです。

また、同時に社外ナビに関しても問題があります。

社外ナビの多くはヘッドライト連動でバックライトの明るさが切り替わります。

もしデイライトをしようとするとナビが見えなくなってしまうことが多いのです。

輸入車の場合、ナビの画面は明るさ連動ですし、BMWなどは昔からメーターの明るさまで周囲の明るさで無段階に変わるようになっています。

早めのヘッドライト点灯をしたくても、バックライトが暗くなりヘッドライトがつけられない、そんな状況が多すぎます。

そういった業界全体での改善も急務だと感じます。

広告