カーナビとデイライト

安全に貢献するデイライト。

デイライト専用のライトがついていなかった場合、ヘッドライトを点灯することになります。

ですが、そこに実は障害があるのです。

日本のカーナビは大抵の場合、ヘッドライトに連動して明るさが切り替わります。

その為、昼間でもヘッドライトを点ければカーナビの画面は暗くなってしまいます。

もちろん、道を知っていれば問題はないのですが、カーナビで目的地を設定している時はカーナビが見えなくなってしまいヘッドライトを点けることができなくなってしまうのです。

路地等ではヘッドライトの有無によって安全性がかなり変わるのですが。。。

一部の車では外の明るさに応じてカーナビの明るさも変化するものがあります。

しかし、後付ナビではたいていの場合はヘッドライト連動が基本です。

場合によっては時間によって昼と夜を切り替えるものもありますが、トンネルの中でナビが眩しいといった問題点もあります。

その為、外の明るさによって画面の明るさが切り替わるのが望ましいのです。

また、これによって夕暮れ時の早めの点灯ができない場合もあります。

夕暮れ時の早めの点灯を呼びかけるだけではなく、そういった障害を取り除く必要があるのではないでしょうか。

広告