ホンダN-VANとダイハツハイゼットカーゴを比較!オススメはどっち?

2018年7月13日に発売されたホンダN-VAN。

今回は軽バンの新基準となるべく開発されたN-VANを、ダイハツハイゼットカーゴと比較してみました。

 

価格

ホンダN-VAN

1,267,920円~1,450,440円

ホンダN-VAN +STYLE

1,560,600円~1,799,280

ダイハツハイゼットカーゴ

934,200円~1,522,800

 

広告

グレード構成

ホンダN-VAN

G・Honda SENSING (6MT/CVT)(FF・4WD)

L・Honda SENSING (6MT/CVT)(FF・4WD)

ホンダN-VAN +STYLE

+STYLE FUN・Honda SENSING (6MT/CVT)(FF・4WD)

+STYLE COOL・Honda SENSING (6MT/CVT)(FF・4WD)

+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING (CVT)(FF・4WD)

+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING (CVT)(FF・4WD)

ダイハツハイゼットカーゴ

スペシャル (5MT/4AT)

スペシャル”SAⅢ” (4AT)(FR・4WD)

スペシャルクリーン

スペシャルクリーン”SAⅢ” (4AT)(FR・4WD)

デラックス (5MT/4AT)

デラックス”SAⅢ” (4AT)(FR・4WD)

クルーズ (5MT)

クルーズ”SAⅢ” (4AT)(FR・4WD)

クルーズターボ (5MT)

クルーズターボ”SAⅢ” (4AT)(FR・4WD)

 

広告

燃費

ホンダN-VAN

17.6 km/L ~ 23.8 km/L

ホンダN-VAN+STYLE

17.6 km/L ~ 23.8 km/L

ダイハツハイゼットカーゴ

16.0 km/L ~ 18.8 km/L

 

特徴

ホンダ N-VAN

N-BOXのプラットフォームをベースとして開発されています。

そのため、ライバルのダイハツハイゼットカーゴやスズキエブリィが後輪駆動(FR)ベースなのに対して、ホンダN-VANは前輪駆動(FF)ベースです。

ただし、同じように乗用タイプをベースとしたダイハツハイゼットキャディーはFFとなっていて価格帯も近いため、直接的なライバルはこちらかもしれません。

軽バンとして特化させた”G/L”グレードと、より幅広く使えるようカラーリングや装備を充実させた”+STYLE” グレードがあります。

さらにホンダ車でおなじみの燃料タンクを前席の下に置く”センタータンクレイアウト”によって荷室の床も低い設計になっています。

走りにこだわるホンダ車らしく、トランスミッションにCVTや6MTを使用していることも特徴です。

乗用タイプのミニバンでは増えてきた助手席側のセンターピラーを無くして助手席と後席スライドドアを開ければ広い開口部になる”センターピラーレス”もライバルに先駆けて採用されています。

そして、安全装備に関してもホンダの先進安全装備”Honda SENSING”を全車標準装備するなど軽バンの新基準の名に恥じない仕様になっています。

ダイハツハイゼットカーゴ

2018年8月現在販売されているハイゼットカーゴは2017年11月13日にマイナーチェンジされたモデルとなっています。

現行のハイゼットカーゴは10代目となり、10代目は2004年から販売されているもので非常に長く販売を続けています。

現在ではN-VANがあるものの、マイナーチェンジ当初は他社に先駆けて軽バンとして初めて歩行者に対する自動ブレーキが装備されたことが特徴的です。

また、フロントバンパー角の下部に”コーナーピース”が装備されていることも特徴です。

この”コーナーピース”はフロントバンパー角、下部バンパーの表面部分を別部品として交換可能とすることで擦ったりしたときに修理費を安くすることが目的となります。

このあたりは実用性を他社より重視するダイハツらしさが表れています。

 

安全装備

N-VANにはホンダの先進安全装備”Honda SENSING”がMT車を含めた全車標準装備されていたり、横滑り防止装置もMT車を含め全車標準装備となっています。

それに対してハイゼットカーゴではダイハツの先進安全装備”スマアシⅢ”は多くのグレードでオプションと同じ扱いになっており、MT車には装備ができません。

そしてさらには、ハイゼットカーゴでは横滑り防止装置は”スマアシⅢ”が付いているグレードにしか付いていないためMT車には横滑り防止装置すら装備ができません。

横滑り防止装置は軽バンではまだまだ標準装備されていないグレードが多いものの、事故の予防効果としては非常に高い装備なのでこれはマイナスポイントです。

また、先進安全装備に関してもハイゼットカーゴのMT車に”スマアシⅢ”搭載グレードがないことはマイナスポイントですが、N-VANの”Honda SENSING”全車標準装備化自体は価格差を考えれば優れているとは言いにくいのが実状でしょう。

エアバッグに関しては両車種ともに運転席、助手席のフロントエアバッグのみ標準装備でサイドエアバッグなどその他エアバッグに関してはオプション設定も存在しません。

リアシートのヘッドレストはN-VANでは+STYLEの4グレードに標準装備、他のグレードは設定なしとなっています。

それに対するハイゼットカーゴでは”クルーズ” “クルーズターボ”の全4グレードにリアシートヘッドレストが標準装備となっていて、他のグレードでは設定なしとなります。

 

ヘッドライト

N-VAN

+STYLE FUNのみハイビームとロービームともにLEDとなり、さらにオートライトも装備されます。

他のグレードに関してはハロゲンヘッドライトでオートライトは装備されません。

ハイゼットカーゴ

全車ハロゲンヘッドライトが標準装備となります。

LEDヘッドライトは全車にLEDフォグランプとのパッケージオプションとなります。

オートライトは設定されません。

 

走り

N-VAN

自然吸気(ノンターボ)エンジンとターボエンジンが存在します。

馬力は自然吸気エンジンが 53PS/6800rpm 、ターボエンジンが 64PS/6000rpmとなっています。

トランスミッションは自然吸気エンジンにCVT(無段変速機)と6MTが用意され、ターボエンジンにはCVTのみの設定となります。

ホンダはS660に軽自動車として異例の6MTを採用しましたが、S660に使われた6MTをFF、商用向けにチューニングしたのがN-VANに積まれた6MTになります。

6速化することによって貨物を積んだときの加速性能と巡行時の燃費を両立することができます。

また、CVTに関しては4ATに比べると坂道などで適切なエンジン回転数を保つことができるため低燃費かつパワフルな走りが期待できます。

さらにタコメーターが全車標準装備となっています。

 

ダイハツハイゼットカーゴ

N-VANと同じように自然吸気エンジンとターボエンジンが存在します。

馬力は自然吸気エンジンのMT車が 46PS/5700rpm、AT車が53PS/7200rpmとなります。

ターボエンジンの場合は 64PS/5700rpm です。

トランスミッションは自然吸気エンジンが5MT、4ATとなり、ターボエンジンは4ATのみとなります。

N-VANに比べるとあまり特徴のない設定となりますが、4ATは昔ながらの技術である分、故障に対する信頼性があります。

タコメーターは全車非装備となります。

FFを採用するN-VANと比べるとFRのハイゼットカーゴは小回りが利き、最小回転半径がN-VANの4.6mに対してハイゼットカーゴは4.2mとなります。

 

快適装備

N-VAN

全車オートエアコンが標準装備となっています。

また、G以外の5グレードにはPM2.5にも対応したエアコン用エアフィルターも装備されます。

そして+STYLEの4グレードには鍵を持っているだけでドアのロックとアンロックができるスマートキーシステムが標準装備となり、GとLの2グレードには電波式のキーレスエントリーシステムが装備されます。

これによってすべてのグレードで鍵を開けるために鍵穴に鍵を差し込む必要がありません。

G以外の5グレードには電動格納式ドアミラーが装備されており、さらにはドアのロック/アンロックに応じてドアミラーが開閉される機能も付随します。

Gグレードには手動式のサイドミラーとなります。

 

ハイゼットカーゴ

全車マニュアルエアコンが標準装備、オートエアコンは設定なしとなります。

すべてのグレードでエアコン用のクリーンエアフィルターが標準装備になっています。

これは快適性だけではなくエアコンの寿命を延ばしてくれる装備なのでとても良いポイントでしょう。

“デラックス” “クルーズ” “クルーズターボ” の全6グレードには電波式キーレスエントリーが標準装備となっています。

他のグレードに関してはオプションの設定はありません。

電動格納式ドアミラーは”クルーズ” “クルーズターボ”の全4グレードに標準装備となり、他のグレードは手動式のみで電動式のオプション設定はありません。

 

荷室空間

N-VAN

センタータンクレイアウトによって床の高さが低いことがポイントでしょう。

525mmとハイゼットカーゴの635mmに比べるとかなり低くなっています。

さらに助手席側ピラーレス構造のため助手席と後席スライドドアを開けると広い開口部が確保でき、荷物の積み下ろしがスムーズに行えます。

また、全車標準装備となる助手席ダイブダウン機構によって荷室空間からリアシート、さらには助手席足元まで完全なフラット状態にできるため2635mm(ハイルーフ仕様)にも及ぶ助手席まで含めた荷室空間をフル活用できます。

テールゲートの開口部の高さは1300mm(ハイルーフ仕様)と非常に高く、ハイゼットカーゴの1155mm(ハイルーフ仕様)より高くなっています。

ただし、良いことばかりではなく開口部がテールランプから下部分で絞られる形になっています。

また、低床構造のためリアタイヤ上部で室内に大きく内装が張り出していることが気になります。

ただ、この点を考えても助手席ダイブダウン機構による助手席足元までフルフラットになるN-VANは非常に魅力的でしょう。

 

ハイゼットカーゴ

N-VANに比べると内装の張り出しが一切ないことが特徴でしょう。

荷室空間をフルに使えることから使い勝手の良さが期待できます。

バックドア開口部の形状が下に行くにしたがって広くなる構造のため利便性の高さが期待できます。

ただ、床面の高さを下げるためにバンパーの上面と床の高さが非常に近く荷物の積み込みの際にバンパーを傷つけるリスクが高いのはマイナスポイントです。

 

どっちがオススメ?

価格を考えなければN-VANは非常にオススメです。

CVTによる日常での燃費の良さも期待できますし、助手席ピラーレスによって側面から荷物を下ろす際に非常に便利です。

また、安全装備も充実しています。

ただし、価格がやや高いため価格を重視する場合にはハイゼットカーゴがオススメでしょう。

また、使い勝手の面でも荷物を側面から降ろす可能性がある場合にはN-VANがオススメですし、テールゲートしか使わない場合にはハイゼットカーゴがオススメです。

 

それぞれのオススメグレードは?

N-VAN

L・Honda SENSINGがオススメです。

G・Honda SENSINGに比べるとセキュリティアラームやエアコン用エアフィルターなどが付いています。

さらに、+STYLEの4グレードと比べると違いは主に快適装備となるためL・Honda SENSINGがオススメとなります。

ただし、もし後席に人を乗せる可能性がある場合や、商用的な用途だけではない場合には+STYLE FUN・Honda SENSINGがオススメです。

坂道が多い地域ではターボグレードが良いでしょう。

 

ハイゼットカーゴ

デラックス”SAⅢ”がオススメです。

電波式キーレスエントリーや運転席、助手席パワーウインドウも付いており、尚且つN-VANよりも約11万円ほど安いです。

その為デラックス”SAⅢ”がオススメとなります。

もし後席に人が乗る場合にはリアシートヘッドレストが付いているクルーズ、クルーズターボの4グレードがオススメです。

そして、坂道の多い地域であればクルーズターボ、もしくはMT車を選ぶほうが良いでしょう。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

 

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告