ホンダS660の特徴を解説!収納はどう?屋根はどう開ける?

今回は2015年に発売されたホンダ S660の特徴を解説していきます。

 

ホンダ S660ってどんなクルマ?

特徴

S660 ( エスロクロクマル ) はミッドシップレイアウトを持つオープン軽スポーツという現代では唯一無二の特徴を持つ車です。

ホンダにはかつて “ビート”というミッドシップレイアウトを持ったオープン軽スポーツカーがあったことから、S660はビートの後継と言われることもあります。

そもそも軽スポーツという枠に当てはまるクルマが少ない現代ですが、普通車を含めてもミッドシップレイアウトを持つクルマというのは珍しいです。

しかもそんなクルマが200万円前後で売られているのですから尚更でしょう。

トランスミッションは6MTとCVTが選択可能。

CVT車にはパドルシフトと7速MTモードが装備されます。

スポーツカーならブレーキも気になりますよね。

実はS660では前後ディスクブレーキを採用しています。

リアにしっかり重さのあるミッドシップレイアウトであることからこのようなブレーキ構成になっています。

そしてタイヤにはスポーツタイヤのYOKOHAMA ADVAN NEOVAを採用していることも特徴でしょう。

S660のトランク容量はフロントに気休め程度のものがあるのみとなっている為、使い勝手はあまりよくありません。

また、屋根を開けるためには手動で取り外し、丸めてフロントのトランクに入れることになるため手間がかかり、さらに屋根を開けるとトランクスペースがゼロになるなどかなり割り切った設計となっています。

使い勝手より走りを取ったといえないこともありませんが、スポーツカーとはいえ収納スペースの欠如はかなり厳しいものがあります。

 

グレード構成

β [ 6MT / CVT ] ( MR )

α [ 6MT / CVT ] ( MR )

Modulo X [ 6MT / CVT ] ( MR )

 

価格

β [ 6MT / CVT ] ( MR )

1,980,720円 / 1,980,720円

α [ 6MT / CVT ] ( MR )

2,185,920円 / 2,185,920円

Modulo X [ 6MT / CVT ] ( MR )

2,850,120円 / 2,850,120円

 

パワートレーン

全グレード共通

660CC 直列3気筒 ターボエンジン ( 横置き )

64PS / 6000rpm

10.6kgf-m / 2600rpm

 

燃費 ( JC08 )

β , α [ 6MT / CVT ]

21.2 / 24.2

Modulo X [ 6MT / CVT ]

燃費の公表なし

※単位はkm/L

 

安全装備

運転席・助手席フロントエアバッグは勿論、サイドエアバッグも標準装備となっています。

さらに、”シティーブレーキアクティブシステム” と呼ばれる低速域の自動ブレーキシステム ( CVT車には誤発進抑制機能付く) がオプション設定されています。

 

ミッドシップレイアウトって何?

エンジンが後輪と座席の間に来るようなエンジンレイアウトのことです。

似たレイアウトとしてRRがありますが、RRの場合は後輪より後ろにエンジンが来ます。

通常の車は前にエンジンがあるため重量バランスが前よりの車が多いです。

しかしミッドシップレイアウトの場合、エンジンが後ろよりにあることから後ろ寄りの重量バランスにできることがメリットです。

これによってハンドリングのバランスが良くなり、ブレーキ性能に関しても向上するなど走りのメリットが大きいです。

ただし、ハンドリングのバランスが良く操作に素直な分、限界付近で悪い操作をするとそれがそのままクルマの動きに表れてしまい危険な動きをしてしまうことがあるというデメリットも存在します。

勿論メーカー側も足回りのセットアップでそういった部分をカバーしてますし、最近のクルマでは横滑り防止装置 (ESP)が装備されている為現代のクルマではあまり心配しなくてもよいでしょう。

勿論S660にもESPは標準装備です。

 

SPORTスイッチって何?

S660のCVT車に付いているモード切替スイッチです。

これをONにするとアクセルに対するクルマの反応が良くなり、力強い加速が楽しめます。

また、メーターの一部デザインが白色から赤色に変わり、瞬間燃費計がターボブースト計に変わります。

 

SELECTモードスイッチって何?

S660のMT車についているモード切替スイッチです。

これは走行に関してではなく、メーター表示の変更になります。

具体的にはメーターの一部デザインが白色から赤色に変わり、瞬間燃費系がターボブースト計に変わります。

 

広告

グレードごとの特徴

β

S660のエントリーグレード。

本革シートやステンレス製スポーツペダル、本革巻ステアリングなど質感を高める装備が削られたグレードです。

基本的な装備は付いていますが、クルーズコントロールが付いていないことや、純正ナビを付けることができないグレードになります。

質感にこだわりのない方向けのグレードです。

 

α

S660のベーシックグレード。

本革シートやステンレス製スポーツペダル、本革巻シフトノブ、本革巻ステアリングなど質感を高める装備が付いたグレードです。

クルーズコントロールが付き、オプションで純正ナビゲーション装着パッケージが選択可能です。

雰囲気も大切だと考える方向けのグレードです。

 

Modulo X

外装、内装デザインの変更など雰囲気の演出は勿論、アクティブスポイラーやシフトノブの変更、足回りの変更など走りの部分でもよりスポーティになったグレードです。

アクティブスポイラーは可動式のスポイラーで速度によって自動的に上昇・下降します。(スイッチにより手動でも操作可能)

足回りは5段階で調整可能なダンパーを備えているなどかなり走りに振った仕様になっています。

αやβでは物足りない方向けのグレードです。

 

新車の価格が気になったら・・・

クルマを購入するときに気になるのは諸経費含めた値段ですよね。

値段は気になるけれど、こういった値段はディーラーに行かないと聞くことができずハードルが高く感じることもあるかと思います。

そんな方にオススメなのがオートックワンの新車見積です。

新車の無料見積ならオートックワン!

オートックワンではディーラーで取るような見積をネットで無料で簡単にとることができます。

さらに、そのまま販売ディーラーとWeb上での価格交渉などできるため店舗に行く必要がなく便利です。

見積には諸経費やオプション価格も含めることができることから本当の価格をしることができ、しかも複数車種同時に見積を取ることもできることから車種の比較もしやすくなっています。

気になる車種がある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

広告