三角表示板は必要?発炎筒じゃだめ?

三角表示板、積んでいますか?

実は三角表示板を積むことはとても重要なことなんです。

三角表示板って何?

三角停止版三角停止表示板とも呼ばれます。

高速道路で故障や事故が発生した際にクルマの後方に置くことで追突事故を予防する装備です。

表面は赤色の反射素材になっていて、クルマのヘッドライトの光を反射します。

 

三角表示板は標準装備?

一部外国車など標準装備になっている場合もありますが、基本的にオプション装備になります。

大抵の場合はメーカー純正品を購入するか、量販店や通販などで購入することになります。

 

広告

三角表示板は必要?発炎筒じゃだめ?

高速道路を走るのであれば三角表示板は必ず積んでください。

高速道路でやむを得ず停車する場合には50m以上後方に三角表示板を置くことが義務付けられています。

もし故障時などに三角表示板が置かれていなかった場合、取り締まり対象になります。

また、クルマには必ず発炎筒が搭載されていますが、発炎筒では三角表示板の代わりになりません。

しかし、発炎筒にも搭載義務があることから搭載するのを忘れないようにしましょう。

発炎筒は車検時に必須となることから特に弄ってなければ助手席足元などに装備されています。

 

広告

発炎筒の有効期限にも注意

発炎筒には4年という有効期限が存在します。

これを過ぎると緊急時に点火しなかったり、使用可能時間が短くなってしまうので有効期限が過ぎていないものは必ず搭載しましょう。

もしものとき、悲惨な事故を防ぎご自身やご家族の命を守るためにも有効期限は必ず守るべきです。

有効期限は発炎筒本体に記載されています。

有効期限が過ぎてしまった発炎筒も予備として搭載しておくとより安心できます。

最近ではLEDを使った発炎筒の代用品、LED非常信号灯などもあります。

※LED非常信号灯の代表商品は下にAmazonへのリンクを貼ってあるので興味がある方はぜひご覧ください。

 

できれば反射ベストも積んでおく

反射ベストは反射素材で作られたベストです。

屋外の作業時にクルマのライトを反射して見落とされるリスクを減らす効果があります。

高速道路での故障時やパンク時には自分で作業は絶対行わないことが鉄則ですが、三角表示板を置いたり、クルマから道路外へ移動したりするなど道路上に出なくてはならないタイミングが存在します。

そういったタイミングで悲惨な事故にあうことを防ぐためにも反射ベストの搭載は重要です。

※反射ベストの代表商品は下にAmazonへのリンクを貼ってあるので興味がある方はぜひご覧ください。

 

まとめ

高速道路での悲惨な事故は後を絶ちません。

取り締まり対象だからというよりも、パンクや故障などもしもの時に少しでも悲惨な事故を防ぐためにも三角表示板は常に搭載しておきましょう。

また、リスクをさらに減らすために反射ベストなどもクルマに搭載しておくことがオススメです。

エーモン 三角停止板 国家公安委員会認定品(認定番号 交F16-2) 6640

エーモン 非常信号灯 国土交通省 保安基準認定品 車検対応 (防水性能IPX3相当) 6726

Salzmann 3M マルチポケット 反射ベスト イエローメッシュ

 

広告