洗車傷は仕方ない?洗車傷をつけないためにできること

せっかく手洗い洗車をしているのに傷が増えてしまうのは悲しいですよね。

特に新車を買った時には傷は細かいものでも気になります。

今回は洗車傷を減らすために必要な心がけについて書いていきます。

 

洗車傷って何?

洗車傷は洗車時に付く傷全般のことを言います。

一般的にスタンドなどにおいてある洗車機を使うよりも手洗い洗車のほうが傷が付きにくいとされています。

最近の洗車機は傷が付きにくくなってきてはいますが、傷を極力減らしたいと考える方は今でも手洗い洗車を好みます。

 

広告

洗車傷を減らすために出来ること

落としたスポンジやクロス(布)は使わない

地面にスポンジなどを落とすと表面に砂や小石が付着します。

洗うだけで落とせることもありますが、少しでも砂が残っていると洗車傷の原因となります。

傷になってしまうと完全に元に戻すのはとても手間がかかるので、落としてしまったスポンジなどはボディ塗装面の洗車には使わないようにしましょう。

ただし、表面に付着した石や砂を除去した後であれば洗車傷が気にならないバンパーの真下やサイドスカートの真下など酷い汚れが付きやすい位置を洗うために使うのも良いのではないでしょうか。

 

古くなった洗車用具は使わない

スポンジやクロスは使い込むと硬くなっていきます。

同時に表面に入り込んだ砂なども増えてきますからある程度使ったら新品に交換するようにしましょう。

もし手で触って少しでもゴワゴワしてきたときや、洗っても取れない砂や汚れなどが表面に見えたときには交換してください。

普段からスポンジなどの表面をよく見て砂などが入り込んでいないか注意してください。

スポンジの場合は洗車が終わった時に砂などをチェックして砂を噛みこんでいたらスポンジごとむしって除去するようにすると長持ちします。

 

スポンジやクロスは明るい色のものを使う

洗車用のスポンジにはグレーなど黒っぽい色のものも多数存在します。

見た目は引き締まって良いのですが、表面に付着した砂や汚れが見えないことが欠点です。

明るい色のスポンジやクロスを使うことで付着した汚れを除去しやすくなります。

 

雑巾は使わない

塗装面を拭いたり洗ったりするときには絶対に雑巾を使わないでください。

一般的な雑巾は繊維が硬く、砂も噛みこみやすいことから傷の原因になります。

クロスを使う場合にはマイクロファイバークロスと呼ばれる吸水性が良く汚れを噛みこみにくいクロスを使うようにしたほうが良いです。

 

 

洗う前にボディを良く流す

洗う前には必ずボディをしっかり水で流してください。

こうすることで大きな砂などが落ちるので洗車傷を減らすことができます。

この時、ホイールアーチの内側、車両底面も水で流してあげると錆予防につながります。

 

洗う時にはあまり力を入れない

力を入れて洗ってしまうとそれだけで傷になることもあります。

基本的には力を入れなくても汚れは落ちるので力を入れないようにしましょう。

もし取れない汚れがあるなら専用のクリーナーを使って取るようにします。

 

洗車中でも定期的にスポンジやクロスを洗う

洗車時にはスポンジなどに汚れが付着していきます。

実はこの汚れが洗車傷の大きな原因になっているのです。

洗車傷を減らすために定期的にバケツの中でスポンジなどの表面を洗って汚れを落とすようにしましょう。

目安としては表面が汚れで黒くなっている部分があったら洗ったほうが良いです。

最後に水気を拭くときにも空気中の塵がボディパネルに付いているので定期的にバケツで洗ってあげましょう。

 

水気を拭くときにゴシゴシしない

水気を拭くときはできるだけ表面を滑らせるように拭いてあげてください。

屋根やボンネットなど広い場所を拭くときにはクロスやセームを広げて端を引っ張るように拭いてあげると傷が減ります。

 

広告

どんな洗車用具を選べばいい?

これは人によってまちまちですね。

スポンジでもよいという人も居れば、ムートン(羊毛)が良いという人も居ます。

個人的に洗車には表面にマイクロファイバークロスが貼りつけられたグローブ型の洗車用具がオススメです。

PROSTAFF(プロスタッフ) 洗車用品 まるごとマイクログローブ 3個入

新品価格
¥590から
(2020/1/21 02:06時点)

汚れが噛みこみにくく、安いことから買い替え頻度も増やせます。

また、拭き取り時には人工セームがオススメです。

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ R ブルー

新品価格
¥577から
(2020/1/21 02:06時点)

吸水性と耐久性が良く、1パネルを拭くごとにバケツでジャブジャブするだけで砂なども落とせることから便利です。

ただし、砂が付着しやすい環境で水気をふき取るときにはマイクロファイバークロスを使用したほうが傷が防げるでしょう。

マイクロファイバークロスはコストコのブランド”KIRKLAND”のものがオススメです。

カークランド (KIRKLAND) マイクロファイバータオル 36枚 713160

新品価格
¥1,880から
(2020/1/21 02:05時点)

クロス自体が大きく、厚手でいろいろな用途に使えます。

しかも枚数も多いことから気軽に使えます。

この商品を使う際の注意点としては使う前に白いタグを切り取るようにしてください。(傷の原因になります)

出来ればふちの縫い目も切り取ると傷のリスクがさらに低くなります。

ふちを切るとクロスが繊維まみれになるので一度洗ってからのほうが良いかもしれません。

洗車で落ちなかった汚れは無理して擦らずに汚れ落としクリーナーを使うと良いでしょう。

ソフト99(SOFT99) カークリーナー ニューピッチクリーナー 420ml 02026

新品価格
¥509から
(2020/1/21 02:05時点)

ピッチクリーナーなどの専用製品もオススメですが、個人的にはプレクサスがオススメです。

プレクサス(Plexus) クリーナーポリッシュ (国内正規品) PL368 [HTRC 2.1]

新品価格
¥2,590から
(2020/1/21 02:05時点)

プラスチックコートクリーナーなのでワイパー下部の樹脂の保護やエンジンルームの清掃などにも使え、洗浄力もある程度あることからタール汚れやバンパーに付いた虫などの除去にも使えます。

こういった製品を使う際にも、マイクロファイバークロスを使うようにすると傷が最小限になります。

無理して1回で落とそうとせず、何度も塗りなおしながら吹くことで傷をつけずに汚れを落とすことができます。

 

 

洗車傷を減らすためのまとめ

  • 落としたスポンジやクロスは使わない
  • スポンジやクロスは古くなったら買い替える
  • 明るい色のスポンジやクロスを使う
  • 洗う前にボディを水で良く流す
  • 塗装面は力を入れて擦らない
  • スポンジやクロスの汚れは洗車傷の原因

 

広告