パドルシフトのメリットって何?

AT車の上級グレードやスポーティな車種に装備されているパドルシフト。

パドルシフトのメリットとは何でしょうか?

 

パドルシフトって何?

パドルシフトとはAT車のハンドル裏に付いているマニュアルモードのシフト操作が可能なスイッチのことです。

ハンドルを時計に見立てて9時の位置と3時の位置に付いています。

大抵の場合、右側のスイッチがシフトアップで左側のスイッチがシフトダウンのスイッチになります。

物によっては押してシフトダウン引いてシフトアップのものがあったりします。

大抵の車種でハンドルの裏側に付いていますが、一部スーパーカーなどでステアリングコラムのウインカーレバーの少し手前に付いているものもあります。

ハンドルの裏側に付いている場合にはハンドルと一緒に回転しますが、ステアリングコラムに付いている場合には位置は固定されます。

ごくまれにステアリング自体に埋め込まれているようなものもありますが、その場合にはシフトスイッチという呼び方がされることが多いのです。(機能は一緒です)

 

パドルシフトはなぜついている?

パドルシフトは元々レースの世界で使われていたものです。

レーシングカーにはMTベースでありながらクラッチ操作をしなくてもシフト操作が可能な車があります。

そういった車両の場合クラッチ操作自体は必要ないものの、シフトアップの瞬間にはアクセルを離したり、シフトダウンの時にはアクセルを踏んで回転を合わせる必要があります。

しかし、電子制御によってアクセルを踏んだままシフトアップが可能でシフトダウンにおいてもアクセルを一切触らずにシフト操作が可能な車両というのもあり、そういった車両で使われるのがパドルシフトです。

一番代表的なのはF1カーですね。

実際にメリットがありますし、尚且つレースで使われている物ということでスポーティなイメージを付けやすいので市販車にも積極的に使われる傾向があります。

 

パドルシフトのメリット、デメリット

メリット

ハンドルから手を放さずにマニュアルモードが使える

レースの世界で積極的に使われる理由はこれが一番大きいです。

ハンドルに付いていることで常に両手でハンドル操作をできるので、安定したハンドル操作が可能になります。

一般道においても、ハンドルから離れたシフトレバーを操作しないで済むことから素早いシフト操作が可能になります。

日常的にマニュアルモードを使う人にとって最も大きなメリットです。

 

Dレンジのままマニュアルモードが使える

一般車において一番メリットになるのはこれです。

パドルシフトが付いていないAT車ではエンジンブレーキなどで一時的にマニュアルモードを使いたいときに、マニュアルモードにしてからシフト操作をする必要があります。

車種によってはマニュアルモードに切り替えた時点でシフトダウン操作が自動的にされる車種なんかもありますが、意図したギアにするためには手動でシフトレバーを操作する必要があります。

しかし、パドルシフトが付いている場合にはDレンジのままでも一時的にマニュアルモードにすることができます。

大抵の場合、一定時間で自動的にDレンジに戻るようになっていますからATのメリットを生かしつつ、マニュアルモードのメリットも確保することができます。

 

デメリット

ハンドル操作をする時に邪魔になる

パドルシフトはハンドル操作の邪魔になることがあります。

ハンドルにパドルシフトが直接付いている場合にはハンドルの握り方が若干制限されますし、ステアリングコラムに付いている場合にはハンドルを回す際に指が引っかかることも。

レーシングカーのようにハンドルを大きく回さないクルマでは問題にならなくても、市販車の場合にはデメリットになります。

 

ハンドルを大きく回している時にはパドルシフトの位置が分からなくなる

これはハンドル裏側に直接付いているタイプのパドルシフトの場合、ハンドルを大きく回しているとどっちがシフトアップでどっちがシフトダウンなのかわからなくなってしまうからです。

ステアリングコラムに付いている場合にはあまり問題にはならないでしょう。

また、シフトレバーでマニュアルモードのシフト操作が行える車種ではシフトレバーを使うことで解決できます。

 

使わない人にとっては邪魔な装備

日常的にマニュアルモードを使う場合には良いのですが、全く使わない人にとっては全くもっと無駄な装備になってしまいます。

ハンドル操作の邪魔にもなりますし、その分、別のところにお金をかけてほしいと感じる方もいるでしょう。

 

まとめ

基本的にパドルシフト装備車が増えているのはスポーティなイメージを作りたいメーカーの思惑が大きく働いています。

スポーティなイメージを作ることで売れやすくなりますし、スポーツカーにおいても自動車メーカーは限られたユーザーにしか売れないMT仕様よりも、誰でも簡単に乗れて多くのユーザーに販売できるAT仕様一本で販売することもできるメリットがあります。

MT仕様とAT仕様が選択できる場合でも、パドルシフトを採用することでAT車にもスポーティなイメージを作り上げることができますし、パドルシフトはレースでも使われているというアピールポイントにすることもできるのです。

とはいえ実際にユーザーにメリットがあり、MT仕様よりも運転が簡単でレーシングカーのようにかっこいパドルシフト付AT仕様を選択する方も多いのも事実でしょう。

自動車メーカーとしても開発にお金がかかる割に売れないMT仕様を作るよりも、AT仕様にパドルシフトを追加するほうが低コストなので、MT仕様が減りパドルシフト付のクルマが多くなるのも必然です。

個人的にパドルシフトのメリットは感じますが、パドルシフト自体はゲームで慣れ親しんだものでスポーティさはあまり感じないのですが、、、

そういったメーカーの思惑や個人的感想は置いておいて、AT車でマニュアルモードを頻繁に使うならパドルシフトはとても良い装備でしょう。