AT車でPレンジから抜けにくくなるのはなぜ?

AT車でPレンジに入れて停めた後、DレンジなどにシフトするときにPレンジから抜けにくくて力が必要なときありますよね。

今回はその原因と対策です。

Pレンジからギアが抜けにくいのはなんで?

これはPレンジに入れた時にタイヤをロックする機構に力がかかっているのが理由です。

Pレンジはパーキングロックポールというパーツがギアに噛んでクルマを抑えているのですが、クルマが前後に動いてパーキングロックポールとギアが強くぶつかると動きにくくなってシフトノブも動きにくくなってしまうんですね。

 

対策は?

この現象の原因はパーキングロックポールにかかる力原因ですから、対策は単純でサイドブレーキをしっかりかけてパーキングロックポールに力がかからないようにしてあげると良いです。

パーキングロックポールに力がかかった後では意味がないので、Pレンジに入れてブレーキペダルを離す前にサイドブレーキをかけるのが正解です。

 

広告

車輪止めが付いた駐車場に止める時にも注意

基本的にサイドブレーキをかければPレンジから抜けにくくなることは防げますが、条件によっては症状が出てしまうことも。

例えば、車輪止め(輪留め)が付いている駐車場に止める時です。

車輪止めがある場合、車輪止めにタイヤがぶつかるまで車を下げるのが普通だと思います。

ぶつかった瞬間にブレーキをかけてクルマを止めることができれば良いですが、ほんの少し乗り上げる形で止めることも多いですよね。

そんな時には車輪止めに当たった後、Nに入れてブレーキを離すことで車輪止めからタイヤを開放してあげるのが大切です。

車輪止めに軽く乗り上げた状態だと坂道で止まっている時と同じようにクルマが進む方向に力がかかります。

そうするとサイドブレーキが甘かった時にクルマが少し動いてしまってパーキングロックポールに力がかかってしまうことも。

そうするとPレンジから抜けにくくなってしまいますから、そうならないようにサイドブレーキを引いてPレンジに入れる前に、Nでブレーキを離して車輪止めからタイヤを下ろしてあげるようにしましょう。

タイヤにも優しくなるテクニックですから、MT車などでも実践するのがオススメです。

 

Pレンジに入れる時のテクニック

AT車でPレンジに入れる時には何もなければ直接Pレンジに入れてしまうのが普通だとは思います。

しかし、直接Pレンジに入れてしまうとATにエネルギーが溜まったままなのでブレーキペダルから足を離した際にクルマが少しだけ動きます。

これはあまり気にすることでもありませんが、Pレンジに入れる前に一旦Nレンジに入れることでブレーキペダルから足を離した際のクルマの動きを抑えることも可能です。

 

広告

パーキングロックポールの摩耗は故障の原因

パーキングロックポールはサイドブレーキも使っていれば摩耗するパーツではありません。

クルマの重さを受け止めているのはサイドブレーキだからです。

ところが、サイドブレーキをかけずにPレンジに入れた場合、クルマの重さを受け止めるのはパーキングロックポールになります。

クルマの重さを受け止めている状態というのはパーキングロックポールがギアに強く当たっている状態なので少しずつ摩耗していきます。

摩耗するとパーキングロックポールがギアの上で滑るようになってしまうので、Pレンジに入れても坂道とかではクルマが動いてしまうようになってしまうんです。

また、完全に止まる前にPレンジに入れてしまうのも摩耗の原因になるので注意しましょう。

Pレンジは止まった状態のクルマを止めておく機能で、動いているクルマを止めることはできません。

パーキングロックポールが折れてしまうのでクルマが動いている時にはパーキングロックポールがギアの上をすべるようになっているからです。

停止寸前であれば止めることはできますが、パーキングロックポールの破損につながることもありますからやめたほうがよいでしょう。

 

追突されたときにPレンジは役に立たない

Pレンジで使っているパーキングロックポールはクルマに強い衝撃を受けた時にも破損しないように滑る構造になっています。

つまり、追突されたり前から衝突されたときにはPレンジに入っていてもクルマは動いてしまうんですね。

しかも基本的にPレンジは一度動いてしまうとクルマを止めることはできませんから、クルマの速度が自然と落ちるまで進み続けます。

しかし、サイドブレーキを使っていれば事故の衝撃で解除されてしまうことはありませんし、たとえ動いてしまったとしてもサイドブレーキによってクルマの動きを止めることができます。

そういった理由もあるので、停止時にはサイドブレーキも使うのが大切なんですね。

 

駐車時はサイドブレーキをしっかりと

Pレンジが抜けにくい原因はクルマが動いてしまったことでパーキングロックポールに力がかかるのが原因です。

ですから、サイドブレーキはしっかりかけてクルマが動かないようにするのも大切です。

Pレンジがあるのでサイドブレーキをしっかりかけるのはちょっと面倒かもしれませんが、Pレンジの故障を防ぐために大切なことです。

ATは修理しようとすると高額になってしまうパーツですから、普段からの細かい心がけで少しでも負担を減らすようにしてあげましょう。

広告