MTのフィーリングは慣らしで劇的に変わる。MT車の慣らし方法とは?

トランスミッションも慣らし運転が大切。

今回はMTの慣らし方法についてです。

今回紹介する慣らし方法

今回紹介するのはホットバージョン Vol.13で紹介されていたMTの慣らし方法です。

日産自動車に慣らし運転に関して問い合わせた際に、エンジンの慣らし方法と一緒に回答があったもののようです。

 

広告

MTの慣らし方法

これは至って簡単で、走行前にエンジンをかけた状態でクラッチペダルを踏んだまま素早く100回程ギアチェンジを繰り返すだけです。

ホットバージョンの中ではシンクロに当たりが付いてシフトがしやすくなるという解説も。

エンジンをかけたまま行うのは一度ミッションオイルをシンクロに馴染ませるのと、クラッチの切れを良くするが目的だと思います。

勿論エンジンの慣らしもあるので新車であれば走行時にもいきなり全開ではなく、1000キロまではエンジン回転を抑えた状態で走行する必要があります。

 

広告

慣らしのコツ

エンジンをかけたら一度Nでクラッチを繋ぐ

エンジンをかけた後にクラッチペダルを踏んだままだとトランスミッションオイルが内部で循環していません。

シンクロのオイルが完全になくなった状態では変な癖がついてしまう可能性があります。

必ず、一度Nでオイルを回してから慣らしを行いましょう。

 

シフトノブをNに動かすときはスパッと動かす

今回の慣らしの目的はシンクロナイザーキー関連のパーツを慣らすことです。

ゆっくり操作をすると逆に癖がついてしまいますから、シフトノブをNに動かすとき(ギアを抜く時)には速めにスパっとシフトノブを動かすようにしましょう。

ギアを入れる時にはあまり早く動かしすぎるとシフトノブの動かし方がうまく行かずにギアのないところに押し込もうとしてしまうので注意が必要です。

今回の慣らしで大切なのはギアに入った状態からNに動かす段階ですから、そこを意図的に特に素早くシフト操作をするようにしてください。

ギアを抜くときに素早く出来ていれば改善できますから、ギアを入れる時にはそこそこの速さで、ギアからNに動かすときには特に素早く動かすように意識しましょう。

ギアが入る時、抵抗感が強いなら無理して入れずに少し加減したほうが良いかもしれません。

ギアに入った状態からNに動かすときに特に素早く動かすのが大切です。

 

長い時間クラッチペダルを踏んだままにしない

長時間クラッチペダルを踏んだままにしてしまうとクラッチ関係のレリーズベアリングというパーツが傷みます。

走行前であればそれほど温度は上がっていませんし、信号待ちレベルであればそれほど問題はないかと思いますが、長時間かけてこの慣らし動作をするのであれば一度Nでクラッチペダルから足を離してレリーズベアリングを冷やしてあげるのも大切です。

 

動きが渋くなったらNでクラッチを繋ぐ

動きが渋くなってきたときはシンクロのオイルが押し出された証拠です。

明確に動きが渋くなってきたら一度Nでクラッチペダルから足を離してオイルを循環させてあげましょう。

 

慣らしの効果

私は自分のコペンでこの方法を試しました。

ただ、新車の時ではなく5000km走ったあとに行ったのですが。

効果は劇的でした。

慣らしを行った後はシフトするときの感触が今までないようなスムーズなものとなり、元々は1速から2速ギアにシフトアップするときにゴリゴリとした感触があったのがかなり解消されています。

 

新車はこの慣らしをしたほうが良い理由

特別なことをしなくても走っていれば慣らしになるだろうと思う方もいると思います。

私もそうでした。

ところが走りながらだと新車時の癖がそのままになってしまって、改善するどころか悪化していってしまうんです。

 

ミッションフィーリングの違いはパーツのなじみ方の問題

これはネット上にある話ですが、自動車に関しての掲示板でギアが入りにくくてトランスミッションを交換してもらっても症状が再発してギアが入りにくくなってしまったり、元々はギアの入りが良かったのに何かの理由でMTを載せ替えたらギアの入りが悪くなることがあります。

このあたりはMTのなじみ方が上手くいかなかったことが原因でしょう。

基本的になじみ方が上手くいっていないトランスミッションの場合、変な癖がついているのでシフト操作の方法を変えない限りは良くなることはありません。

MTってめちゃくちゃ繊細なんですよね。

 

新車じゃなくても効果あり

私のコペンがそうだったように、新車から距離を走った車でもMTに変な癖がついている場合にはこの慣らしは効果があります

シフトチェンジの時に引っかかりがあったり、ギア同士が当たる感触があったりするなら新車ではなくても今回の慣らしをしてみるのが良いと思います。

ただ、新車じゃない場合にはシンクロの状態に不安があるのでギアに入れる時にはそれなりの速さに抑えて、ギアに入った状態からNにする時には特に素早く動かすようにすると良いでしょう。

特に入りにくいギアがあるのであれば、そのギアとNを行ったり来たりさせるのも良いとおもいます。

その場合にもギアに入った状態からNに動かすときに特に素早く動かすと症状の改善が早いです。

 

シフト操作も見直してみるべき

シフト操作自体も癖の原因になります。

一番大切なのはシフトノブをNに動かすとき(ギアを抜くとき)のシフトノブを操作するスピードです

ギアを抜くときにゆっくりシフトノブを動かしてしまうとシンクロナイザー関連のパーツに変な癖がつきます。

それがギアの入りの悪さの原因になったりするので、ギアを抜くときはスパッと素早くギアを抜くようにしてください。

特に素早いギアチェンジをする時にはギアを抜く時に特に意識して素早くシフトノブを動かす必要があります。

シフト操作についてはこちらの記事もオススメです。

関連記事

MT車で大切なギアチェンジ。今回はシフト操作のコツについてです。シフト操作で大切なこと クラッチペダルをしっかり踏む シフトノブを動かす前にクラッチペダルをしっかり踏む シフトノブを握りしめ[…]

 

 

慣らしをすればシフトフィールが変わる

今回の慣らし操作はMT車には必須のことだと感じます。

特に今のクルマのシンクロはとても強く、逆に燃費のためにトランスミッションオイルは柔らかくなっていますからちょっとした癖が大きな問題になりがちです。

シフトフィールの問題だけならまだしも、ギアチェンジの時にゴリゴリしたフィーリングがあるときにはギアを傷める原因にもなります。

また、癖がついてシフトがスムーズではない場合にはシフトミスの原因になったり、強引なシフト操作によって傷める原因にも。

この慣らし動作をしたことがないクルマであれば、一度この慣らしをしてみたほうが良いと思います。

広告