MT車でギアチェンジの速度に目安はある?何キロでギアチェンジが必要?

MT車のギアチェンジに速度の目安はあるのでしょうか?

ギアチェンジはエンジン回転数が目安

実はギアチェンジでは速度よりもエンジン回転数が重要です。

ギアチェンジをする理由はエンジンの力を引き出すためだからです。

エンジン回転数だけ見ていればギアチェンジのタイミングは決めることができるんです。

 

広告

速度も無意味ではないけれど

MT車のギアは固定ギアを持っていて、エンジンからタイヤまで物理的に繋がっているのでエンジン回転数とギアが同じであれば速度も必ず同じになります。

ですからある程度目安になる速度を決めておけば毎回同じようにギアチェンジができます。

しかし、クルマによってギアやタイヤのサイズなどが違うのでクルマが変われば速度も変わります。

同じ2速ギアでエンジン回転数が2000回転でもクルマによって速度が変わってくるんですね。

つまり速度を目安にしようとすると違うクルマに乗った時に上手くいかなくなってしまうんです。

 

キーワードはエンジンのパワーと振動

毎回同じ速度でギアチェンジしようとすると問題になるのがエンジンのパワーです。

エンジンのパワーというのはエンジン回転数に応じて変わってきます。

エンジンのパワーが必要なときほど高いエンジン回転数にする必要があるんですね。

しかし、毎回同じ速度でギアチェンジしてしまうとエンジンパワーが必要なときにパワーが足りなくなってしまうんです。

また、エンジンからの振動というのもクルマに良くありません。

低いエンジン回転数でアクセルを大きく踏みながら加速させるとエンジンの振動によってギアが入りにくくなってしまうことがあります。

それを避けるためにも適切なエンジン回転数で走ることが大切です。

 

広告

ギアチェンジするエンジン回転数の決め方

基本的に燃費を良くしたいときほどエンジン回転数を低くして、パワーが必要なときほどエンジン回転数を高くします。

この時気を付けないといけないのはエンジン回転数がレッドゾーン(エンジン回転計の赤いところ)に入らないように注意してください。

レッドゾーンはエンジンが壊れてしまう可能性のある範囲です。

最大パワーが必要なときにはレッドゾーンの直前までの範囲を使うようにしましょう。

また、燃費を良くしたいときでも最低1500回転以上になるようにしてください。

それ以下のエンジン回転数は低すぎてクラッチ板やMT内部パーツなどによくありません。

大抵の場合エンジンの振動が出てくるので、エンジンが振動しない範囲で低くしてあげるとよいでしょう。

もし低いエンジン回転数で走るのならば、加速するときには必ずシフトダウンして加速する強さに応じたエンジン回転数でギアチェンジするようにしましょう。

軽自動車など小さなエンジンのクルマの場合、加速時には2500回転以上必要なこともあるからです。

そうするとクルマにも優しく運転することができます。

 

エンジン回転計がないとき

クルマによってはタコメーター(エンジン回転計)がないクルマも存在します。

そんな時には取り扱い説明書のシフトダウンの上限速度についての項目を探してください。

シフトレバーについて解説している部分にあると思います。

シフトダウンの上限速度についての項目ではシフトダウンの時に時速何キロ以下ならシフトダウンして良いか書いてあるんです。

例えば2速から1速へのシフトダウンができる速度に時速40キロと書いてあったなら、1速ギアでは最大で時速40キロまで出るということになります。

ということは最大パワーが必要なときには時速40キロになるくらいでギアチェンジすれば良いんですね。

基本的にシフトダウンの上限速度はエンジンのレッドゾーンをベースに決められていますから必ず守るようにしましょう。

この場合、速度計のところにマジックなどで印をつけておくのも良い方法でしょう。

シフトアップのタイミングはエンジンからの振動やクルマの音を目安にしましょう。

シフトアップした直後に車体全体が振動するようなギアチェンジは避け、音に関してはグググっというくぐもった音がしないようにギアチェンジしていきましょう。

 

 

タコメーターを取り付けることも考える

もしタコメーターが付いていないクルマなら社外品のタコメーターを取り付けることも考えましょう。

純正とは違い、メーターフードやピラーなどに後付けする形になりますが、明確な目安になるものがあるのでギアチェンジについて勉強しやすくなります。

 

ギアチェンジはエンジンパワーと振動で決める

常にエンジンパワーと振動を意識することがギアチェンジで大切です。

十分なエンジンパワーがあり、振動も少ない状態を保ちつつエンジン回転数が低くなるようにギアチェンジをすると燃費にもクルマにも優しい運転になります。

アクセルペダルを踏むときの反応なども見つつ、そのクルマにとってどのタイミングでギアチェンジするのが良いのか探すのもMT車の楽しさの一つです。

MT車の運転は練習が必要ですが、慣れるとAT車以上に思い通りに走れるようになるのでいろいろ工夫してみましょう。

ギアチェンジについてはこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回はマニュアル車の加速時におけるシフトアップタイミングについてお話していきます。クルマのギアチェンジと一言に言っても、スポーティな走りをしている時やサーキットを走っている時、街中[…]

関連記事

今回はギアチェンジのタイミングがギアの入りやすさに影響することがわかったのでまとめてみたいと思います。 ギアチェンジのタイミングが早すぎるとダメMT車ではエンジンの振動が原因でギアが入りにくくなるこ[…]

 

広告