燃料電池車(FCV)のメリットとは?デメリットはある?

まもなく燃料電池車(FCV)のトヨタミライがモデルチェンジしますが、FCVのメリットとデメリットはなんでしょうか?

燃料電池車とは?

燃料電池車は水素と酸素を反応させて作り出した電気で走らせるクルマです。

Fuel Cell Vehicle(FCV)と呼ばれることもあります。

電気でモーターを動かして走らせるという点では電気自動車に近い存在でしょう。

走行中は水しか出さないことから環境に良いクルマとして注目されています。

 

広告

燃料電池車のメリット・デメリット

メリット

  • 環境にやさしい
  • 水素の補充に時間がかからない
  • 航続距離が十分
  • 静か
  • 維持費が安い
  • 走りがスムーズかつパワフル

 

環境にやさしい

燃料電池車はガソリン車の代わりになる環境に優しいクルマとして注目されています。

走行中に何も排出しない電気自動車とは違い、電気を作った時に発生する水を排出するのが特徴です。

 

水素の補充に時間がかからない

水素の補充は充填という言い方をしますが、充填に時間がかからないのが燃料電池車の特徴です。

ガソリン車と同等の時間で水素を充填できることからガソリン車から乗り換えても不便に感じにくいんですね。

 

航続距離が十分

燃料電池車は航続距離が長いことも特徴です。

最近は電気自動車も航続距離が長いクルマが多くありますが、燃料電池車も十分な航続距離を持っています。

航続距離が長いので充填の間隔もガソリン車と同じような間隔で乗ることができます。

 

静か

燃料電池車もモーターを使って走っているのでとても静かに走ります。

車種によっては走行中に燃料電池に空気を送るポンプの音がすることも。

 

維持費が安い

ガソリン車とは違い、オイル交換などの必要がないことから維持費が安いことも燃料電池車の特徴です。

 

走りがスムーズかつパワフル

燃料電池車はモーターを使って走るのでギアが必要ありません。

正確に言うとギアそのものは使われていますが、ATやMTなどのギアボックスは存在しないんですね。

ギアが必要ないのでアクセルを踏み込んだ時に加速がスムーズなのが特徴です。

また、モーターで走っていることから走り始めからパワフルに加速していきます。

 

デメリット

  • 水素ステーションが少ない
  • 充填に時間がかかることがある
  • 水素ステーションの営業時間が短い場合がある
  • 水素の充填が安くない
  • 水素を供給するときに二酸化炭素が出やすい
  • 車種が少ない

 

水素ステーションが少ない

水素ステーションの数はまだまだ少ないです。

電気自動車の場合には充電スポットも多く設置されていますが、水素ステーションの場合には県内に一つもないことがあります。

場所によっては不便さを感じることもあるでしょう。

 

充填に時間がかかることがある

燃料電池車は充填時間が短いことが特徴ではありますが、充填に時間がかかってしまうこともあります。

水素ステーションの仕様によって連続で複数台に水素を充填すると時間がかかるようになってしまうことがあるんです。

ガソリンスタンドのようにガソリンがあるかぎりは給油し続けることができるのとは違って、水素ステーションの場合には混んでしまうと時間がかかってしまうことがあるんですね。

 

水素ステーションの営業時間が短い場合がある

水素ステーションは営業時間が短いことが多々あります。

充填施設を建設しているパターンと充填用のトラックを広い敷地に持っていって充填施設にしている場合があり、後者の場合には特に営業時間が短くなっています。

また、充填用のトラックの場合には水素量も限られており、充填台数が多いと営業時間前でも閉まってしまうことも。

 

水素の充填が安くない

水素を充填する場合には1kg単位で単価が設定されています。

1kgで1000円程度の値段になっているのですが、水素タンクの容量と航続可能距離で考えるとHVカーの燃料費よりも高くなってしまいます。

ただ、ガソリン車と比較するとほぼ同じくらいなのでガソリン車からの乗り換えであればあまり問題にはならないかもしれません。

 

水素を供給するときに二酸化炭素が出やすい

水素を作ったり、運搬したりする時に二酸化炭素が出やすいのが燃料電池車の欠点です。

現状、水素を運搬するときにはトラックが必要になる場合も多いので電気自動車などにくらべるとエコという観点ではデメリットになるでしょう。

 

車種が少ない

燃料電池車は電気自動車やハイブリッド車などに比べると車種が少ないことが欠点です。

特に電気自動車は構造がより簡単で、ここ最近車種が増えていることからバリエーション豊富になってきています。

燃料電池車は技術的にも難しい部分があり、車種が増えるのには時間がかかるかもしれません。

 

広告

エコだけど不便さが少ないのがFCV

燃料電池車はエコと利便性のバランスが良い次世代車です。

充電時間の長い電気自動車と比べて利便性が良く、ガソリン車よりもクリーンで走りも快適なのが特徴です。

普段、クルマを使う範囲で水素ステーションがあるのかどうかなど不便さがないか良く考えてから選択するようにしましょう。

 

広告