MT車のギアが入りにくい!そんなときの対処法

“マニュアル車に乗っているけれどギアを入れようとするとなぜか引っかかる・・・”

そんな方の手助けになる記事を目指してお話していきたいと思います。

 

どんな症状に対しての対処法?

 

  • 停止中にNでクラッチを切って3秒待ってから1速に入れようとするとある程度は入るが、入りきる直前に最後のひと押しが引っかかって入らない
  • ギアの入り口で引っかかって動かないことがある
  • シフト操作が全体的に硬くなっていく
  • 2速へシフトアップするとコツコツとしたショックが手に伝わる
  • 3速や4速へシフトアップしたときに入口で一瞬引っかかる
  • 2速や1速へのシフトダウンが異常に硬い
  • 1速からギアを抜くときに硬い
  • 発進時に半クラッチでクルマがガタガタ振動する

 

今回の記事で対処できそうな症状はこのあたりです。

勿論、クルマの不具合というのは様々な理由がありますから一概には言えませんが、今回の記事で解消できる可能性がある症状です。

この症状、実は運転操作の癖やシンクロの癖が原因だったのです。

 

広告

症状の原因はクラッチとシンクロ・シフト操作の癖

結論から言ってしまえばこの症状の原因はクラッチ操作の仕方が悪かったこと、それからシンクロに変な癖がついてしまっていること、それからシフト操作の癖が原因です。

クラッチが原因の症状とシンクロの癖やシフト操作が原因の症状が存在します。

 

クラッチが原因の症状

 

  • 発進時に半クラッチでクルマがガタガタ振動する(クラッチジャダーが出ている)
  • 停止中1速に入れようとするとある程度は入るが、入りきる直前に最後のひと押しが引っかかって入らない
  • コツコツとしたフィーリングがある
  • 2速ギアなど一部ギアに入りにくい
  • シフトダウンが硬い

 

対処法

このあたりの症状は実はクラッチの状態が悪化していることが原因の可能性が高いです。

原因はずばりクラッチ板が当たり始める部分を使いすぎることでした。

つまり、半クラッチが始まる部分を使いすぎるのが良くないということですね。

丁寧にクラッチ操作をしようとするとどうしても半クラッチが始まる部分を使う時間が増えてしまいます。

クラッチに優しい運転をしているはずが、トラブルの原因になっていたんですね。

操作の癖を直してからある程度走行する必要がありますが、こういった症状はクラッチ操作を見直すと解消します。

実際、私が乗っていたアルトワークスでは最終的に発進時に半クラッチでクルマがガタガタする現象(クラッチジャダー)が収まりました。

クラッチジャダーを防ぐ運転に関してはこちらの記事もオススメです。

関連記事

ダダダッとMT車の運転を不快にするクラッチジャダー。今回はクラッチジャダーを防ぐ運転について書いていこうと思います。 クラッチジャダーって何?[…]

 

シンクロの癖が原因の症状

 

  • 2速へシフトアップするとコツコツとしたショックが手に伝わる
  • 3速や4速へシフトアップしたときに入口で一瞬引っかかる
  • ギアの入り口で引っかかって動かないことがある(毎回ではない)
  • 2速や1速へのシフトダウンが異常に硬い
  • 1速からギアを抜くときに硬い

 

シンクロの癖が原因

シンクロの癖が原因の場合には普段のギアチェンジを見直すことが大切です。

実はシンクロというのはシフト操作や走行時・半クラッチ時の振動によって癖がついてしまうんです。

シンクロに癖がついてしまうとギアチェンジの時にゴリゴリとしたフィーリングになりやすくなったり、ギア鳴きや1速・2速ギアへのシフトダウンが重たくなったりすることもあります。

場合によっては停止時にギアが入りにくくなることも。

 

対処法

こうした症状があったなら、MTの慣らしとシフト操作の見直しをしてみるのが良いです。

MTの慣らしは停止時にエンジンをかけてクラッチペダルを踏んだままシフト操作を繰り返すだけで行うことができます。

シンクロに癖がつくと現代の十分に強いシンクロを持ったMT車ではちょっとした癖によってギアチェンジに悪い影響がでます。

そこで慣らしを行うことでシンクロについてしまった癖がリセットされ症状が軽くなるんですね。

この時、ギアの入り口部分で丁寧に力をかけていくように注意してください。

また、シンクロに癖がついている時にはギアチェンジのシフトノブ操作も見直す必要があります。

実はシンクロに癖がついている状態ではシンクロが上手く働かないので上手くなじまないんです。

シンクロを馴染ませるために普段のギアチェンジでは弱い力で次のギアの入り口に当てた後、力を徐々にかけてギアを入れるようにします

これは軽い力でギアチェンジをするというのとは違って次のギアの入り口に軽く当てたら徐々に力をかけていくんです

次のギアの入り口でシンクロにひっかけてからギアを入れるようなイメージです。(実際にシンクロにひっかけているわけではありません)

もし軽い力でギアが入ってしまう時には次のギアの入り口でシフトノブを止めてからギアを入れるようにすると良いでしょう。

軽い力でギアが入ってしまう状態の場合、次のギアの入口で一瞬待ってからギアチェンジをするイメージでギアチェンジすると良いでしょう。

そうするとシンクロの癖がリセットされて軽い力でスコンとギアが入るようになります。

ちなみにある程度シンクロの癖がリセットされれば素早いギアチェンジをしてもギアがゴリゴリしたり、入りにくくなったりということはしなくなります。

だからといって普段のギアチェンジを元に戻してしまうと症状が再発してしまう可能性があるので注意したほうが良いでしょう。

また、発進時にエンジン回転数がアイドリング回転数(停止時に何もしないときのエンジン回転数)よりも低くなってしまうのは避けるようにしましょう。

アイドリング回転数より低いエンジン回転数だとエンジンが振動しやすい状態になるからです。

似たような理由で、ギアチェンジのタイミングにも気を付けるとMTに優しい運転になります。

走行中に車体全体がグググッと振動するときにはエンジン回転数が低すぎる証拠なのでシフトダウンしてエンジン回転数を高めにすることが必要となります。

具体的な目安はクルマの設計によっても変わってきますからエンジンから振動が伝わらない範囲を探して走行すると良いでしょう。

ギアチェンジとギアの入りやすさについてはこちらの記事がオススメです。

関連記事

今回はギアチェンジのタイミングがギアの入りやすさに影響することがわかったのでまとめてみたいと思います。 ギアチェンジのタイミングが早すぎるとダメMT車ではエンジンの振動が原因でギアが入りにくくなるこ[…]

 

広告

手っ取り早い対処法

クラッチが原因の場合

クラッチジャダーを抱えている期間が長かった場合、解消するまでに数千キロ必要になることも。

しかし、ジャダーなどの症状を一刻も早く解消したいと思う方もいるかと思います。

クラッチが原因の症状の場合、クラッチを交換するのが一番手っ取り早い対処法です。

勿論お金はかかってしまいますが、症状はすぐ治まるでしょう。

費用はクルマによって変わるので問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

シンクロの癖が原因の場合

シンクロの癖が原因の場合にはMTの修理をしても治る保証はありません。

シンクロの隙間が変わることで良くなる可能性はありますが、製造時のばらつきがあるので確実に治るとも言えません。

MTのオイルを長い間変えていない場合にはトランスミッションオイルを交換することで改善する可能性があります。

確実ではありませんが、オイルがしっかりするのでシンクロのガタつきが抑えられることでシンクロの癖が良くなることがあるんです。

費用としては高くないので、もし長い間変えていないのであればトランスミッションオイルの交換も考えてみるのは一つの手でしょう。

 

 

こんなクラッチ操作にも気を付けて

 

  • 長すぎる半クラッチ
  • 走行中クラッチペダルに足を乗せたまま走る
  • ショックのあるクラッチの繋ぎ方をする

 

一般的に悪いクラッチ操作と呼ばれているものです。

このような操作はクラッチ板の温度を上げてしまうので、クラッチ板が熱で焼けてしまったり反ってしまう原因になり良くありません。

また、ショックのあるつなぎ方もクラッチやトランスミッション関係のパーツを壊してしまうことから良くない操作だったりします。

こういった操作がクラッチトラブルの原因になっていることもあり、実はこういった操作が原因でギアが入りにくくなることもあるんです。

平地で停止時に1速ギアに入れてクラッチペダルを踏んだままエンジン回転を上げるとクルマが進んでしまうようだとこの症状の可能性が高いです。

この場合にはクラッチ交換しか手がありませんので早急に整備工場を探してください。

車種によっては調整で済むこともありますから、MTを壊す前に整備工場に相談しましょう。

 

正しいクラッチ操作

では正しいクラッチ操作についてもまとめてみます。

 

  • クラッチが当たり始める部分を極力使わない
  • 半クラッチは長すぎても短すぎてもダメ
  • クラッチの温度が上がりすぎないように注意する
  • 発進時にアイドリング回転数を下回らないように半クラッチを使う
  • シフトノブを動かす前にクラッチペダルを床まで踏む

 

この6つのポイントが大切です。

基本的にクラッチ操作はスムーズかつ長すぎないことが大切です。

特にドンっというショックはいろいろなパーツに悪影響が出ることがあるので注意が必要です。

上手なクラッチ操作についてはこちらの記事に詳しく書いています。

関連記事

クラッチ操作で大切なことについてまとめてみました。クラッチ操作の重要なポイントクラッチ板が当たり始める場所を覚えるクラッチ板の当たり始めをできるだけ使わない[…]

 

今回の対処法が効かない症状

 

  • 停止中にNでクラッチを切って5秒待ってからギアを入れようとした際に思い切り力を入れてシフトレバーを操作しないとギアが入らない
  • 大きな異音がする
  • クラッチの調整不良が原因で床までクラッチペダルを踏んでもクラッチが切れていないとき

 

今回の対処方が効くのは物理的にパーツが壊れていない場合です。

つまり、クラッチ板が原因であれば変形などしていない状態の時です。

クラッチ板が変形してクラッチが切れていない場合や、クラッチが適切に調整されていなくて床までペダルを踏んでもクラッチが切れていないとき、トランスミッション自体に異常がある場合には整備工場での適切な整備が必要となります。

 

できれば整備工場へ

クラッチ板が歪んでいたり、調整不良によってクラッチが適切に切れていない時にはトランスミッションが壊れる原因になります。

もし調整不良が原因であればクラッチ調整だけで済むので安く修理ができます。

たとえクラッチの交換が必要になっても、より高価なトランスミッションの修理をしなくても済む可能性が高くなります。

また、トランスミッションがトラブルの原因であったとしても早めに修理を行うことで修理費用が安くなることもあります。

車種によっては定期的なクラッチ調整も必要になりますから気になる症状があれば整備工場で見てもらいましょう。

まとめ

  • トランスミッションの不具合を感じたらクラッチの調整が正しくされているか必ず確認する
  • ギアチェンジは次のギアの入り口でシンクロにひっかけてからギアに入れるようにする
  • クラッチ板に異常がないのにギアが入りにくいときにはペダル操作・ギアチェンジを見直すことで直るときがある
  • 正しいクラッチ操作はクラッチ板の当たり始めをできるだけ使わないようにした上でアイドリング回転数を下回らないようにしながら半クラッチを短くするのが大切
  • 症状診断に自信がないときには整備工場にもっていき適切な整備をする
  • 無理やり入れないとギアが入らないときには早めに整備工場にもっていく
広告